発達に影響する環境

早産児が過ごす集中治療室での保育器の音環境にかんしてのリスクを減らす方法として、歌いかけを用いた介人研究が臨床現場で行われており、成果をあげているそうです。たとえば、早産で出生した新生児に対して、お母さんが歌いかけを交えて語りかけると、血中酸素飽和度や心拍が上昇し、児の臨界事象(低酸素血症・徐脈・仮死)が減少することが明らかになっているそうです。加えて、人院中の大人の語りかけが多いほど、周産期において1250グラム未満で出生した早産児の発声頻度が増加し、修正7、18ヶ月児時点の認知・ことばの発達が良好であることが示されているそうです。この研究結果は、私たちが保育をするうえでも大切にしなければならないことを教えてくれています。

このような知見を踏まえて、今後どのような取り組みを医療現場や家庭教育でするべきかを考える必要があると今福氏は提案しているのです。

ここまで、今福氏は、発達科学や発達心理学の視点から、赤ちゃんの社会性、ことばの発達や、発達に影響する子育て環境についての考察をしてきました。しかし、彼は、現代社会・教育におけるトピックも、心の発達と深いかかわりがあると考えています。そこで、次にこれまでの考察内容を踏まえ、現代の子どもたちを取り巻く重要概念について確認していきます。

2019年の現在、乳幼児教育をめぐってはどのように変革しているのでしようか。ここで、今福氏は2017年度に、保育所保育指針、幼稚園教育要領、幼保連携型認定こども園教育・保育要領の三つの法令が改定(訂)について触れています。その中で示された、「育みたい資質・能力」と「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿(以下、「10の姿」)」について、この三法令が改定された背景には、それぞれの施設で、乳幼児期に同じように教育を提供し、保育所や幼稚園と小学校以降の教育を一貫させるねらいかあったようだと言っています。

今福氏は、もともとは教育学博士ですが、専門は、発達科学、発達心理学、教育心理学です。その観点からの説明は、私たちがよく聞く切り口と違うところがあるので、とても参考になります。

「育みたい資質・能力」については、今福氏はこう考えています。「これらは、園での遊びの中においても育むことができると考えられています。たとえば、子どもたちは砂場遊びで、乾燥した白い砂でお団子をつくろうとしても固まらず、湿った黒い砂は固まることに気づき、この知識を試してお団子をつくろうとします。お団子だけでなく、砂のお城をつくるかもしれません。また、『もっと固いお団子をつくろう』『次はこれをつくろう』と意欲が出て、新たな遊びを生み出します。」

次に、「10の姿」については、こう説明しています。「これらは、保育内容の健康、人間関係、環境、言葉、表現という五領域のねらい、および内容によって育まれるとされています。たとえば、健康の領域のねらいにある、『健康、安全な生活に必要な習慣や態度を身に付け、見通しを持って行動する』ことは、『自立心』にかかわります。人間関係の領域のねらいにある、『身近な人と親しみ、関わりを深め、工夫したり、協力したりして一緒に活動する楽しさを、愛情や信頼感を持つ』ことは、『協同性』にかかわります。また、『社会生活における望ましい習慣や態度を身に付ける』ことは、『道徳生・規範意識の芽生え』にかかわるでしょう。」

発達に影響する環境” への6件のコメント

  1. 大人の語りかけによって、「早産児の発声頻度が増加し、修正7、18ヶ月児時点の認知・ことばの発達が良好であることが示されている」ことや、母親による「歌いかけを交えて語りかけると、血中酸素飽和度や心拍が上昇し、児の臨界事象(低酸素血症・徐脈・仮死)が減少する」という研究結果は、いかに大人や養育者が乳児に関心を示し、それを言葉によって表現することが重要であることを示しています。乳児はまだ言葉を発さないからといって「語りかけ」が不必要であるということはないのですね。そして、今福氏の「砂遊び」の視点は勉強になります。砂場というのは一つであるという固定概念がありましたが、形が作れないサラサラな砂と、造形できる砂と、両方環境として用意することが必要だと感じました。

  2. 私が心配するまでもなく「早産児が過ごす集中治療室での保育器の音環境にかんしてのリスクを減らす方法」が臨床現場では既に試されていました。良かった、良かった。「歌いかけや語りかけ」によってリスクが減少する。保育室でも歌いかけや語りかけを重視して保育が実施されることが重要ですね。「しつけ」と称して小さい子たちに何かを強要することはその子たちの発達にとってマイナス。環境を通して子どもの発達を最大限に保障することから逸脱することになりますね。今福氏の「育みたい資質・能力」に関する解釈や「10の姿」についての考えはおもしろそうですね。資質や能力を育む、がテーマになると往々にして「できる」が大人側から追求され始めます。子どもにとってはエライ迷惑な事のような気がします。今福氏は「これらは、園での遊びの中においても育むことができると考えられています。」私は遊びこそ資質・能力を育む行為だと思っています。遊びはいつも主体的であり自発的です。だからこそ自らが有する資質・能力を育むことができるのだと思います。

  3. 歌いかけや語りかけを楽しそうにしている姿は何とも微笑ましいものです。歌いかけや語りかけは、それはイコール子どもは白紙であるということではなく、そして、大人からの一方的な指導とは全く異なるもので、ただ、それを保育現場に持ち寄った際に、歌いかけや語りかけが大事だとすれば、それをしなければならないものとして実践してしまうようなきらいがあるような気がします。そう思うと、保育や教育を志す人は真面目な人が多いのかもわかりません。もっと自然に、誰に強制されるのでなく、最新の知見をもとに目の前の子どもたちに良いことをしてあげる、というようなフランクな気持ちで取り組むことだと思えてきます。

  4. 乳児への語りかけや歌いかけが大切なことはなんとなく理解していましたが、このようにはっきりとデータとして上がっており、大切だとはっきりしているんですね。そして、聞こえているか、影響があるのか大人には分からない方法で反応する赤ちゃんは実は、大人を求めているようにも感じとれました。そうだとするなら、赤ちゃんには積極的に関わっていく必要が大人にはあるのではないかと思います。

  5. ふと我を思い返してみると、語りかけや読み聞かせの時は表情の変化があまりないような気がしますが、歌いかけの時には自然と表情の動きが豊かになるような気がします。歌というのはなぜだかお話よりも感情移入がしやすく入り込めるような気がします。そういった点から見ても歌いかけというのは子供にとってプラスな要素を持っていると言えますね。

  6. 「育みたい資質・能力」が遊びの中においても育むことができるという視点はもっと重要視していかなければいけませんね。また、保育においても「内容」だけを重視するのではなく、「ねらい」から「内容」に向かう考えに行かなければいけないように思います。つい「やること・やらなければならないこと」に目が向きますが、「なぜするのか」といった「そもそも」を考えなければ、結局のところ「育みたい資質・能力」にはつながっていかないのだと思います。以前の藤森先生の研修で「私たちは30年後の社会を予想して、そこで活躍する子どもたちにするように保育をしなければいけない」という言葉がすごく胸に響いたのですが、「育みたい資質・能力」においてもその「ねらい」を見ていかなければ、環境においても変化が訪れないように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です