共通項

自己制御は将来の成功や健康につながる重要な能力です。では、自己制御はどのように育むことができるのかということを今福氏はこう考えています。どうやら、ごっこ遊びをすると自己制御の一部が促進されるようだというのです。ごっこ遊びは2歳頃からみられるようになり、何かになったつもりで遊ぶものです。たとえば、子どもたちは、おままごとやお店屋さんごっこで遊びます。

3~5歳の幼児が、空想的なごっこ遊びをする群、空想的でない遊びをする群、普段通りの遊びをする群の三つのグループに分けられ、それぞれが遊びを5週間で1回15分、計25回行ったそうです。空想的なごっこ遊びをする群では、宇宙に冒険に行くなどの遊びをしました。その結果、空想的なごっこ遊びをする群は、歌やお絵かきなどの空想的でない遊びをする群に比べて、切り替え能力や更新能力が高くなることがわかったそうです。

家庭環境が貧しいSESの低い4歳の子どもを対象とした研究では、動物や人のキャラクターになりきって劇を演じたり、感情を表現するようなごっこ遊びをすると、感情的な自己制御が向上することがわかったそうです。これらの結果は、日常的に保育所や幼稚園で経験する演劇やごっこ遊びが、自己制御の発達に有効であることを示していることになるのです。

空想的なごっこ遊びをする群は、歌やお絵かきなどの空想的でない遊びをする群に比べて、切り替え能力や更新能力が高くなることがわかったということで、この遊びの差は、感情を表現する遊びと、そうでない遊びの違いとしてとらえています。確かにそのような遊びの内容の差はあるかもしれませんが、では、絵を描くことはどうでしょうか?絵を描くことは、感情を表現する活動です。しかも、子どもたちは空想の世界の中で絵を描いていることが多いのです。ですから、自己制御の発達を促しているのは、私は、子ども同士、集団で遊ぶものと、一人で遊ぶものとの差ではないかと思っています。たとえば、ごっこ遊びや演劇遊びは子ども集団が必要です。そして、その集団の中で、1つもモノを作り上げるには、個々の思いと集団の思いを両立させていかなければなりません。そして、その時には、一人の思いを抑制することが必要になってきます。そして、その時の条件として共感力が必要になってくると思います。それに対して、歌やお絵かきは、それほど他者と合意をする必要がありません。その活動には、個人の思いを優先させることができるのです。今後、子ども集団の役割を研究することが求められます。

また、養育者が二ヶ国語を話す環境で育ったバイリンガルの子どもでは、実行機能の発達が早い可能性が指摘されているそうです。また、生後11ヶ月のバイリンガル児では、第一母語と第二母語のそれぞれの言語の二種類の音を聞いたときに、実行機能にかかわる脳部位の活動がみられているようです。バイリンガル児は二つの言語を聞き分け、使い分ける必要があるために、実行機能を使って日常生活を送っていると考えられているそうです。

共通項” への6件のコメント

  1. 1つのものを作り上げる時には、個人と他者、そして集団の思いを受け取りながらも自己主張するという、実に高度な関わりをせざるを得ない状況になりますね。それも、大人から言われたことではなく、自分たちで構築する暗黙の了解を共有するというのは、情報をキャッチするアンテナ、別のものへの転換や新しい発想の提案など、そのようなより遊びが面白くなるような自発的行動が「切り替え能力や更新能力が高く」することに繋がっていくのかなと感じました。

  2. 今回のブログを読むと、ごっこゾーンの大切さが良く分かってきます。空想ごっこ遊びがもたらす自己制御力。空想であるからこそ良いのでしょうね。人間を他の動植物と区別することに想像力と創造力とがあるそうです。どちらも未来志向です。自己制御も未来のためにある、そんな気がします。これまでを土台にしながら、今から未来に進む人の営み。子どもたちは私たち大人と違って、時間に拘束されず、過去現在未来を今として生きているようです。それでも確実に今から未来に向かっている。その中での自己制御。確かに、他者が存在しないと培うことができない力です。しかも親ではない他者。きょうだいでもいいでしょうし、園等でかかわる他の子どもたちでもいいでしょう。自分のやりたいことをそのまま素直にさせない他者存在。この中で私たちは折り合いをつけることを学んでいくのでしょう。そしてこの学びが道徳意識の芽生えとか社会規範の習得、ということに繋がっていくのでしょう。

  3. 社会の規模の大きさが脳の大小を決める、という点、そして、遊びが子どもの脳を、社会性を発達させるという点、そのどちらにおいてもごっこ遊びというものが大きな役割を担っていることを改めて感じます。ごっこゾーンの充実は勿論のこと、園で今流行っているお買い物ごっこもその盛り上がりを大きくしていく必要があるようです。散歩へ出ればどんぐりが沢山集まり、それぞれに得意な先生が準備と実践を同時並行で重ねている毎日で、今月はそこに重点を置きながら保育をしていきたいと思います。

  4. 空想の遊びがいいのか、と思っていたらどうやらそれだけではなく、集団の中で遊ぶことで培われていく能力であるようですね。たしかに、相手のことを考えながら、受けながらも自分の主張をしていくというのは本当に高度なことだと思います。それを遊びの中でしている子どもたちに頭が下がります。そして、それをファンタジーの世界でもするというのはある意味で、その集団内でのルール、お約束のようなものも必要であり、困難なことが起これば解決をしながら決めていく、当然自己制御の能力がついていきそうですね。切り替える能力や更新する能力もそのようにして養われるとなると、すごく合点がいきます。

  5. ごっこ遊びの中にはさまざまな要素が入っているのですね。確かにそこには人との共通項を見つけ、調整するような遊びが必要になります。そこには創造性だけではなく、やりとりやコミュニケーションも盛り込まれています。そもそも、役割をきめること一つとっても、関わりが深くなければいけないでしょうし、妥協や葛藤もその中で生まれてくるでしょうね。個々と集団の両立とが重要になってくる中で、自発的に関わることがより重要になってくるのだと思います。そして、それは大人が注意し、仕向けることは自発的な活動にはつながらない。だからこそ、一人一人にあった環境をどう用意できるかをしっかりと考えながら、子ども同士をつないでいかなければいけませんね。

  6. 自己制御能力が鍛えられるというのは世の中のイヤイヤ期に悩む親にとってこれ以上ない朗報ですね。そしてそのためには乳児から集団に入るということがやはり大切なのですね。さすがにバイリンガルにしろというのは難しいでしょうが、料理によってカトラリーを使い分けたり、天候によって靴を使い分けたりといった、場面によって道具ややり方を選択して実行するという機会に多く触れるためにも年齢にあった刺激が常に用意されてる環境というのが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です