保育環境の質

アメリカのテルマ氏らが作成した環境評価スケールにエカーズというものがあります。そこでは、保育環境の質を数値化する尺度では、①粗大運動遊びの空間などの「空間と家具」、②食事や午睡などの「日常的な個人のケア」、③絵本や会話などの「ことばと思考力」、④造形や音楽などの「活動」、⑤保育者と子どものやりとりなどの「相互関係」、⑥自由遊びや集団活動、障害のある子どもへの配慮などの「保育の構造」、⑦保護者との連携や研修機会などの「保護者と保育者」、の項目について評価されます。エカーズによって評価された保育の質が高いほど、11歳のときの子どもの認知や行動、社会性の発達が良好であるという報告もあるそうです。保育者が子どもの発達に果たす役割は大きいと今福氏は言います。

厚労省の3013年の調査によると、保育士としての勤務年数が5年未満である早期離職者の多さが問題となっています。保育士職への就業を希望しない理由としては、「賃金が希望と合わない」「休暇が少ない・休暇がとりにくい」などがあげられるといいます。保育者の処遇や勤務環境は、喫緊に改善されるべき問題だと今福氏は考えています。

職場でのストレスも離職の原因の一つであると考えられています。保育者が職場で抱えやすいストレスとしては「職場環境・職場の人間関係」「子どもの対応」「知識と現場のギャップ」があるようです。これらのストレスを低下させるには、ソーシャルサポートや研修への参加を促す体制を整える必要があると今福氏は考えています。

専門性の向上は、保育者としての自信である保育者効力感につながります。保育者効力感とは、「保育場面において子どもの発達に望ましい変化をもたらすことができるであろう保育的行為をとることができる信念」であると言います。赤ちゃんや子どもの発達を支える保育者が、幸福感を感じ、保育者効力感を育むことができる職場にしていくことが重要だと彼は提案しています。

今福氏は、彼の著書「赤ちゃんの心は どのように育つのか」のなかで、そのサブタイトルにあるように、社会性とことばの発達を科学しています。内容として、赤ちゃんや子どもを取り巻く現代社会・教育・子育ての現状についてみてきました。その中で、デジタルメディアの普及によって子育て環境が変化しつつあることや、家庭の貧困と発達の関係について触れました。保育・学校現場に目を向けると、小一プロプレムやいじめ、日本語指導が必要な外国籍の児童生徒の増加の問題などがありました。また、世界と比べると、日本人の自己肯定感や主観的幸福感は低い傾向にありました。

これらのトピックをなぜ取り上げたのか、それが、心の発達を考えるうえでなぜ重要なのかということの問いに、それは「現代社会が、今を生きる赤ちゃんや子どもの環境にほかならないから」だと答えています。そして、心の発達は、環境との相互作用によって変化します。ですから、環境が変われば、心の発達の様相も変化する可能性があるというのです。

保育所や幼稚園の教育は、「環境を通して行う」ことが基本にあります。ここでの環境について、今福氏はこう考えています。①人的環境、②物的環境、③自然環境、などに分けて考えられます。現代社会の現状をみてみると、人的環境にかかわる課題が多くあり、人間同士のコミュニケーションの問題が関係しています。デジタルメディアの普及をみても、SNS上で文字や写真、絵文字などを介したコミュニケーションが行われているのです。

保育環境の質” への6件のコメント

  1. 保育士離職率理由として、「賃金が希望と合わない」「休暇が少ない・休暇がとりにくい」「職場環境・職場の人間関係」「子どもの対応」「知識と現場のギャップ」などがあげられるとありました。俯瞰してみると仕事のほとんどのような気もします。それほど、不満を感じやすい職場として社会的に認識されているようですね。また、これらの根本には「保育者効力感」があるようですね。仕事を行なっている自分の存在意義とも言えるような効力を持っているのか、それを実際に行えているのか、子どもの育ちが思っているように変化しているのかといったように、「赤ちゃんや子どもの発達を支える保育者が、幸福感を感じ、保育者効力感を育むことができる職場にしていくことが重要」という今福氏の言葉は、この仕事に携わる上でもっとも重要な「やりがい」にもつながっていくようにも感じます。

  2. 園において子どもたちを取り巻く環境構成という重要な役割を担うのが保育士を始めとする先生たちです。藤森先生著『学びのデザイン』によれば、先生たちはデザイナー。保育環境をデザインする人たちです。「保育者が子どもの発達に果たす役割は大きい」との今福氏の言はこの点において意味を持つと考えられます。「心の発達は、環境との相互作用によって変化します。・・・環境が変われば、心の発達の様相も変化する可能性がある」ということについてもその通りだと思います。私は自らの実体験を通してこのことを支持します。だから、園の先生たちは、子どもたちにどんな仕掛け=環境を用意したらいいのだろう、ということを常に考えることが大事、と思います。「保育者効力感」はそこから徐々に得られてくる感覚なのではないかと思います。今日も園舎内のあちこちを歩いていると先生たちの仕掛けに感心させられます。そしてそのことを子どもたちのいきいきとした姿が証明していると思うのです。

  3. 保育環境の質だけではなく、社会環境の質も同時に考えていかなければいけませんね。確かに日本の文化はどちらかというと保守的であり、変化を嫌います。そのため、なかなか教育現場や保育現場に大きな変化が起こしにくいようなことも多いように思います。また、「保育者効力感」という言葉が出てきましたが、保育者が専門性を向上させるには、そもそも保育者としての自信がなければいけないのですね。ということは、保育者が自信をつけることができるような環境を作っていかなければいけないということですね。その環境があることで初めて専門性が向上していくというのであれば、これはよく考えなければいけません。子どもたちと一緒で、自分で主体的に動いて達成していくことで、達成感が生まれ自信につながるというように、先生たちにも主体的に動きやすいような環境を作っていく必要があるのですね。子どもたちと同じように「環境」というものは大人においても同じことが言えますね。人が自分から学んだり、意欲的になるプロセスというのは同じなのだということがわかります。 

  4. 先程芋掘りを終えてきましたが、秋の恒例行事でありながらそれまでの準備、当日の運び、本当にストレスとは遠い場所で取り組まさせていただいたことを改めて感じています。それはチームの先生方の手腕や先生方との日々のコミニュケーションによるところがとても大きいのですが、一つ一つを楽しく、楽しいだけでなく要所要所を補い合いながら進めていく、進んでいく、というような実感は、保育の、チーム保育の醍醐味であると思いますし、明日からの保育がより楽しみになります。今年も残すところ約10週間、という話を耳にしましたが、このチームで働ける喜びを胸に、残りの時間も大切にしていきたいと思います。

  5. 保育の環境を考える上で、それだけを考えていても行き詰まってしまうような気がしています。子どもを取り巻く環境全体をみていくと、保育環境だけではなく、家庭や地域、国などの全部が一人の子どもに影響を与えていると考えるからです。そうしたことから、乳幼児施設だけで環境というものを考えていくのではなく、全体で考えていかなければならないのだと思います。そのために自分たちに何ができるのか。自分の中では、「発信」にあるのではないかと思っています。発信する力をつけていく、一人一人が、ということがこれからは求められるのかもしれません。

  6. 保育士の離職率が高く、職場の環境があまりよいとは言えないというのは大きな問題であり、それこそSNS等でもその大変さがよく話題に挙がりますが、行政がいっこうに改善に動こうとしないというのは、やはりまだまだ「子供の面倒を見るだけなら誰でもできる」といったような先入観が持たれているからなのでしょうか。国家試験とはいえ試験難易度もそれほど高くないということや、暴行などの問題もそれを助長している原因のひとつとも言えるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です