いじめのしくみ

いじめはどのようなしくみで発生するのでしょうか。いじめは、四層構造であると考えられているそうです。いじめられている子ども、すなわち被害者、いじめている子ども、すなわち加害者のほかに、はやし立てたり、面白がってみている子ども、すなわち観衆や、見て見ぬふりをする子ども、すなわち傍観者がいるとされています。いじめの理由には、以下のようなものがあると考えられています。まず、「こらしめ」と呼ばれるもので、被害者に落ち度があるという認識のうえで、制裁するためのいじめです。次に「異質性排除」という、劣位にあるものを排除しようとするいじめがあります。そして、「不条理」といって、いじめる側がもつストレスの発散や快感を満たすためのいじめなどがあります。

中学1~2年生を対象とした研究によると、以前に説明した情動的共感や認知的共感が高ければ、いじめの加害傾向は低くなることがわかっているそうです。さらに、共感といじめの加害傾向の間には、いじめに否定的な集団規範を個人が意識している傾向が媒介すると言います。いじめに対して否定的な規範意識を涵養することが、いじめの予防につながるかもしれないと今福氏は言います。また、インターネットを通じて行われるいじめは、保護者や教師などの身近な大人からは見えにくい現状にあります。そこで、日頃から子どもとの信頼関係を構築し、保護者や教師に相談しやすい環境を整えておく必要があるのではないかと今福氏は言うのです。

そこで、この時期の子どもには、どのような特徴があるのかを考えなければなりません。思春期にさしかかる小学校から高等学校の時期は、脳の発達に劇的な変化が起こります。報酬や感情にかかわる辺縁系と行動や感情の制御にかかわる前頭前皮質の発達がアンバランスになるというのです。つまり、この時期は、早く成熟する辺縁系と遅く成熟する前頭前皮質の発達差が顕著にみられ、行動や感情の制御が効きにくいためにリスクの高い行動をしやすい状態が続くのだそうです。このような生物学的な特性を知ることで、子どもたちのとる行動の一部は理解ができるかもしれないと今福氏は言います。

また、思春期は、精神障害を発症しやすい時期とも言われています。精神障害には、たとえば、自分や他人に危害を加える行為を行い、衝動に抵抗できない衝動制御障害、アルコールやたばこなどの物質の使用により問題が生じているにもかかわらず、その使用を続ける物質使用障害、不安症状と回避行動を特徴とする疾患群である不安障害、自責的で悲観的な思考、意欲や気力の低下をともなう、うつ病とか双極性障害である気分障害、幻覚や妄想といった精神病症状や意欲、認知機能の低下などを特徴とする統合失調症などがあるようです。それぞれの精神障害の発症時期は、5~15歳に集中しているそうです。児童期と青年期は、社会で生活する基盤を構築する重要な時期であるとともに、理性と感情のアンバランスによって、問題が起こりやすい時期だというのです。

次に、今福氏は、日本の外国籍の子どもについて考察しています。近年、学校現場では、日本語指導が必要な外国籍の子どもが増えているようです。2016年の時点では、日本語指導が必要な児童生徒は、外国籍が3万4335人、日本国籍が9612人もいるそうです。その子どもたちの母語は、ポルトガル語、中国語、フィリピン語、スペイン語、英語の順で多いようです。それらの子どもたちには、どのような問題が起きているのでしょうか。

いじめのしくみ” への8件のコメント

  1. 思春期に起こる「報酬や感情にかかわる辺縁系と行動や感情の制御にかかわる前頭前皮質の発達がアンバランス」さを理解していれば、物事のきっかけとなる出来事には冷静に反応することができるかもしれませんね。そのような傾向があるということを把握し、今福氏の言うような「日頃から子どもとの信頼関係を構築し、保護者や教師に相談しやすい環境を整えておく」ことが重要なのですね。その傾向を、子ども自身に伝えるというのはどうなのでしょうか。自分たちを俯瞰して物事を見つめるきっかけになるということはないのでしょうか。そして、地元でも中国・タイ・インドネシアからの技能実習生が多く、そういった方々との仕事をしている方も多いということです。次第には、その方々の子どもたちが入園してくる流れとなるのではと予想しています。ダイバーシティをどう構築するのか、園としても考えなくてはいけませんね。

  2. いじめの四層構造を見ても、やはりいじめる側の心に問題があるというように思えてきてしまいます。いじめる側の劣等感というのはどこで身につけてしまうものなのでしょうか。虐待を受けて育った子が友だちに手を出す、幼いその子に、その負の連鎖は自分で止める、されて嫌だったことは人にしない、されて嬉しかったことやしてほしかったことを人にする、そのような話をしても本当の理解には及ばないのかもわかりませんが、小学校も高学年になり、また中学生になり、社会人になり、大人になってもまだ未熟な魂が必要な学びを得ないとするならば、それはいよいよいじめている側が身をもって学ぶ事態が訪れてしまうことでしょう。悪因でない、良い因果をつくることでこの人生を生きるような人生観について、現代に生きる人はもっと学ぶ必要があるように思えてきてしまいます。

  3. これまで何度か「いじめ」の現場に出くわしたことがあります。正義感をもって、そうした行為を止めさせようと思って、返り討ちにあった経験があります。もしかすると、私自身がいじめの対象になっていた時があるかもしれませんが、持ち前の強気によっていじめをいじめと思わず、その時をやり過ごしていたかもしれません。あるいはいじめの側にいたかもしれない・・・。「理性と感情のアンバランス」、これによってさまざまな問題が生じます。確かにこのアンバランスによって困ったことも経験しました。子ども時代のみならず大人になっても経験したと思うのです。「情動的共感や認知的共感」という共感。共感ですから立場は対等ですね。いじめは明らかに上下関係によります。力関係の強弱によります。地位が上であったり、力が強かったりすると、いわゆるいじめを「愛の鞭」などと言って肯定します。その際いじめる側は徹底して自己を肯定します。自分の憂さ晴らしのためにいじめを行う人も。困ったものです。

  4. 理性と感情のアンバランスが思春期の脳内の特徴だということで、そのために〝行動や感情の制御が効きにくいためにリスクの高い行動をしやすい状態が続く〟とあります。自殺などもこのようなアンバランスが原因となっているものもあるのでしょうね。そして、このことを知っておくことで、まずはこの時期の子どもの話しを聞くことができるのではないかと思いました。大人がそのような状態でいることが今福氏が言われている〝日頃から子どもとの信頼関係を構築し、保護者や教師に相談しやすい環境を整えておく〟ことの第一歩になるのだと感じました。

  5. 「思春期」と呼ばれる時期があるのは、脳の辺縁系と前頭前皮質の発達の差があるからなのですね。そのため、感情の制御やリスクの高い行動をするというのはその頃起きる子どもたちの特性ということを踏まえると、その時の行動に理解を示すことができます。思えば、2歳児のいわゆる「第一次反抗期」と言われる時期も脳の発達が著しい時期だからこそ、起きているのかもしれませんね。2歳児の反抗期は特に共感することがとても必要であるということが言われています。そして、そのころの信頼関係というのはとても重要だとも言います。それは思春期の子ども達においても、同じことが言えるのかもしれませんね。「児童期と青年期は、社会で生活する基盤を構築する重要な時期であるとともに、理性と感情のアンバランスによって、問題が起こりやすい時期」とあります。とても不安定な時期であるからこそ、その時期を精神障害やそのほかで悩まないように、情動的共感や認知的共感といった力を乳幼児期にしっかりと育んでおく必要があるのだと思います。

  6. 大きな海の中ではいじめなど存在しないが小さな水槽のなかだと魚ですらいじめをするという話を聞いたことがあります。そしてそれはいじめている魚を取り除いたとしてもまた別のいじめる魚が現れ、いじめがなくなることはないそうです。魚がいじめる要因は異質性排除か不条理といったところでしょうか。魚ですらいじめが起きるなら、いじめの構造は本能的に生物の遺伝子に組み込まれているものなのかもしれませんね。ただだからといって容認する理由にはならないので、いじめをしない理性を育てる保育をしないといけません。

  7. 「中学1~2年生を対象とした研究によると、以前に説明した情動的共感や認知的共感が高ければ、いじめの加害傾向は低くなることがわかっているそうです」このような結果からは、希望のようなものを感じました。情動、認知的な共感を高めることがポイントになってくるのであれば、やはり乳児からの子ども同士の関わりを大切にすることの重要性を感じます。質の高い保育がこれらへの対策へもつながっていきますね。「行動や感情の制御が効きにくいためにリスクの高い行動をしやすい状態が続くのだそうです。このような生物学的な特性を知ることで、子どもたちのとる行動の一部は理解ができるかもしれないと今福氏は言います」とありました。このことも子どもを理解する、発達を理解するということにつながるように思います。相手を理解することで、関わり方も変わるということですし、変えなければいけないということですね。

  8. 以前、NHKでLINEを使った中学生の実験を行なっていました。SNSを使用したイジメが起きているのを考えための実験でしたが、ほんのちょっとした事が原因で相手に不快な思いをさせてしまい、それが周囲に悪い影響を与えてしまい大きなイジメに発展してしまう印象です。どうしてもインターネット上でのやり取りは簡単ですしすぐに相手に伝えることができるので本当に便利ですが、返信が遅かったり、文章の読みより違いで相手に気持ちが変に伝わってしまったり・・・それこそ相手の気持ちを考えるのが苦手になっているのがイジメの原因のような気がします。乳幼児期での育ちで相手の気持ちに共感するというのは本当に必要な能力ですし、大人になっても必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です