言語獲得の過程

今福氏らは、修正齢6~12ヶ月の早産児と満期産児を対象に、赤ちゃんの社会的注意を、視線計測装置を用いて評価したそうです。具体的には、人と幾何学図形のどちらに興味があるのかを調べる「人と幾何学図形の選好課題」と、相手の視線方向を追う頻度を調べる「視線追従課題」を行ったそうです。

12ヶ月の時点で、早産児は満期産児に比べて、①人に対する興味関心が低い可能性、②視線追従の頻度が低いこと、がわかったそうです。これらは、先にあげた先行研究の知見と一貫するものです。視線反応を指標とした社会的注意の評価は、相互作用の研究に比べて、実験条件を統制できるメリットがあるそうです。そこで、乳児期の社会的注意の個人差をみることで、赤ちゃんの発達を評価し、支援につなげることができるかもしれないと考えたのです。

早産児では、ことばの発達にもリスクがある場合があるようです。たとえば、満期産児に比べて、在胎28~31週で出生した早産児は2歳までの理解できる語彙や話せる語彙の数が少なかったそうです。また、在胎28週未満で出生した6歳の早産児においても、語彙の理解や産出、文法知識に問題がみられる場合があるそうです。

早産児で言語獲得の過程におけるリスクが高い原因の一つとして、脳構造の成熟の非定型性があげられています。出生予定日の時期に早産児と満期産児の脳構造を比較した研究では、脳に重篤な損傷がない早産児においても、満期産児に比べて、白質や灰白質の体積が少ないことが示されているそうです。灰白質の大部分は、左角回や多感覚情報の統合に関与する脳領域を含み、読解などの複雑な言語機能との関連が示唆されています。したがって、このような早産児と満期産児の脳造の差異は、ことばの発達に影響すると考えられると言います。それは、どうしてでしょうか。やはり環境が影響しているのでしょうか。

早産児は、出生後の期間を集中治療室で過ごします。この集中治療室は医療機器などによって約50dBのノイズ音が存在する環境です。これは胎内で経験するよりも大きいノイズレベルであると考えられます。このような周産期の異質な経験環境は、早産児のことばの知覚処理にかかわる脳機能の発達に影響を及ばす可能性があると考えられています。

また、満期産児では、乳児期に視覚情報である口の動きと聴覚情報である音声が一致した発話を好む傾向が高いほど、ことばの発達が良好であるという報告があるそうです。これは、発話の視聴覚情報を統合処理する能力が高いと、言語入力を効率よく行うことかできるために、語彙理解の発達につながると考えられているのです。ピッケンズらは、修正齢3,4,7カ月の早産児と満期産児を対象に、発話者の口形と音声が一致した映像、これを一致発話と言いますが、その映像と不一致の映像、これを不一致発話と言いますが、その映像に対する選好を、選好注視法を用いて調べたそうです。その結果、満期産児では3ヶ月児と7ヶ月児の時点で、不一致発話に比べて、一致発話を長く注視したそうです。一方で、早産児ではそのような選好の偏りはみられなかったそうです。この知見は、修正齢7ヶ月までの早産児は、発話の視聴覚統合処理の能力が特異であることを示していると言います。

言語獲得の過程” への5件のコメント

  1. 「脳に重篤な損傷がない早産児においても、満期産児に比べて、白質や灰白質の体積が少ない」というように、満期産児との脳構造の異なりが「言葉」の発達に影響を及ぼしている可能性があるとのことでした。早産児は出産後、脳に影響を及ぼすノイズ音の環境下に置かれること、また、不一致発話に関して違和感を持つことがないといったことも、「言葉」の発達に遅れをもたらす要因にもなっているようですね。このような言語獲得の過程から、早産児は満期産児にくらべ、より丁寧な関わりというものが必要になってくるということでしょうか。そのためにも、修正齢の把握というものが重要なのですね。

  2. 早産児になる理由はさまざまでしょう。しかし、早産児であるがゆえに、言語獲得に関して満期産児との間に有意な差異が生じている、という実験結果には何とも考えさせられるものがあります。子どもも誰も「早産児や低出生体重児」であることを期待してはいなかったと思います。何かの原因でそうなってしまった。結果、人間として生きていく上で必須とされる言語習得に困難が伴うことになった。誰も望んではいなかったことなのに。ところが「早産児は、出生後の期間を集中治療室で過ごします。この集中治療室は医療機器などによって約50dBのノイズ音が存在する環境です。・・・このような周産期の異質な経験環境は、早産児のことばの知覚処理にかかわる脳機能の発達に影響を及ばす可能性があると考えられています。」引用が長くなりましたが、この部分を読んで、えぇっ、と思ってしまいました。おいおい、とも思いました。これって人災?この部分に関しては、早産児や低出生体重児のハンデをなくす意味でも早急に是正されなければならないところでしょう。

  3. 早産で生まれてくるのはお母さんも赤ちゃんも周りの人たちも望んでいるものではないと思いますが、そうしなければならない状況になったものであるので、ある程度仕方のないことだと思います。ですが、その後のNICUの環境、特に音環境に問題があることがあるんですね。驚きました。医療機関はこの研究結果を踏まえての環境構成をする必要があるのではないかと思いますが…。このことは家庭でもテレビの音やオーディオなど気を付けなければならないものだと感じました。

  4. 早産児は早産であるということだけでなく、その後の環境でまた特別な環境に置かれることが、それはやむを得ないことなのですが、そういったことによる影響があるということを初めて知りました。その中でも生きよう、生きようとする姿を改めて逞しく思います。先日不登校の息子さんが家にいるというある親御さんから、生きているだけで十分、という言葉を聞いて感動しました。親として、子どもを適切な環境にその身が置かれるよう出来る限りのことをすることは、権利のような義務のようなそのどちらでもあるようなものであると思いますが、絶対的に不可避なものでない、良いと思われない環境を提供することについては、親は最大限の努力を図るべきということを改めて思います。子どもが生まれ、生まれただけで親になった、ということでなく、子どもへの影響を考える、ということを含めて親になっていく、ということが子育てなのかもわからないと思えてきます。

  5. 早産児が言葉の獲得が遅くなってしまう要因に脳構造の成熟が満期産児に比べると未熟な状態で生まれてくるということが言えるのですね。確かに、本来は母親の胎内にいることが当然である胎児が早く生まれてくるのですから、本来の成長とは違った状態で生まれてくるでしょうね。それだけではなく、集中治療室の医療機器からでるノイズ音にも影響を受けているのですね。確かに、母親の胎内にいるときとは違いダイレクトにノイズや騒音を受けるわけですから、なにかしらの知覚処理に影響は出てくる可能性はあるでしょうね。修正齢によって赤ちゃんを見ても、7カ月児の時点で発話選好の偏りが見えなかったというのを見ると、こういった少しの発達の遅れが12カ月時点での早産児の人に対する興味関心が低い可能性や視線追従の頻度が低いことにつながるのでしょうか。こういった元々持った能力の差を認めるような子ども環境を作ることも必要になってくるでしょうね。修正齢で子ども見るだけではなく、ひとりひとりにあった環境作りを用意していくことがよりよい社会につながる人材づくりにも必要なように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です