赤ちゃんの心

赤ちゃん、子ども研究はいろいろとされています。それは、時代的に新しい研究手法が確立されていくこともあって、日々新しい見解が生まれています。そして、その研究から、さまざまな保育についての考え方が示されます。赤ちゃんが考えていること、できること、そして、各国で様々な保育カリキュラムが提案されています。しかし、その対象とされる赤ちゃん、子ども自身が日々変わっているわけではありません。基本的には、変わっていません。赤ちゃん観、子ども観が変わってきているのは、赤ちゃん、子どもが変わってきているわけではなく、その見方、解釈のしかた、それが、時代によって、人によって変わってきているだけなのです。赤ちゃん、子どもが示す行動は、常に同じはずです。

そんなこともあって、私たち現場にとって、真実は赤ちゃんの姿であり、子どもの姿であり、彼らの行動です。研究者の見解は、必ずしも真の姿を現しているわけではないのです。

また、エビデンスとして使われるデータにしても、その読み取り方は人によって違います。ヒトは、そんなに単純ではありません。一つの切り口からの分析、ある結論を導き出すための読み取り方であることも多いのです。エビデンスといっても、人を説得するに十分なもの、真の姿を証明するものであるとは限らないのです。

その中で、最近の私の関心事は、赤ちゃんからの社会性です。トマセロが人類は超社会的生き物であると言っています。その社会的がいつごろ、どのようにヒトの心の中に育っていくのか、また、それは、社会の中で育まれていくものであり、その心が育まれていく時期には、社会、すなわち、ヒトの集団、子どもの仲間集団という環境が必要であるということを、様々な人が言うようになっています。その考え方が、最近ではどのような見解が示されているのかに私は興味があります。そこで、今年の5月に発行された「赤ちゃんの心はどのように育つのか」(ミネルヴァ書房発行)を読んでみました。この本のサブタイトルには、「社会性とことばの発達を科学する」とあります。著者は30歳を過ぎたばかりの今福理博さんです。彼は、発達科学、発達心理学を専門に、赤ちゃんや子どもの心や行動、脳の仕組みとその発達について研究しているそうです。そして、この本は、赤ちゃんや子どもの社会性やことばの発達について、国内外の最新の知見をまとめてあるので、とても参考になります。

彼は、最初に、「心の発達を理解する」ということについてこう説明しています。

赤ちゃんや子どもには、発達段階と呼ばれるように、発達が質的に変化する時期があります。たとえば、移動運動では、寝返り、ハイハイ、つかまり立ち、二足歩行のように、順序を経て発達します。また、その発達には個人差があります。生後11ヶ月で歩く赤ちゃんもいれば、生後13ヶ月で歩けるようになる赤ちゃんもいます。

発達段階に応した保育、教育のあり方は、今まで保育所保育指針の中で、第2章に「子どもの発達」が書かれてありました。そして、その発達過程をおおむね八つの区分に分けて書かれてありました。しかし、それは到達目標でもなく、保育の目標でもない、一つの目安であるということで、今回の指針からはそれは削除されています。しかし、文部科学省(2009)の資料「子どもの発達段階ごとの特徴と重視すべき課題」として明記されています。今福氏は、赤ちゃんや子どもの心をどう育むのか、それを考えるためには、赤ちゃんや子どもの発達段階や、発達の個人差を理解することから始めなければならないと言っています。