子ども時代

実は女の子は、以前にも男の子にシャベルとバケツを貸してあげたことがありました。男の子はそれを使って遊ぶのに夢中で、とうとう公園を出るまで、シャベルとバケツを返してくれなかったのです。先ほどの場面で女の子が「嫌だ」と拒否したのは、なかなか返してくれなかったことを覚えていたからでした。

改めて、この場面に親が介入しなかったらどうなっていたかを想像してみましょう。男の子が女の子に「シャベルとバケツを貸して」と言います。すると女の子は「嫌だ」と拒否します。「どうして?」と尋ねる男の子に、女の子は「だって、貸したら返してくれないから」と答えます。

男の子は、それを聞いて葛藤するでしょう。そして、遊ぶのに夢中でシャベルとバケツをなかなか返さなかった自分の行動が、相手にとって「嫌な行為」だったと知るのです。その上で男の子は「今度はちゃんと返すから、貸してよ」と、再び交渉するかもしれません。こどもたちはこうして、社会というものを学んでいくのです。

子どもたちの間に生じた小さなトラブルの種を見て、親はついよかれと思って介入してしまいます。しかしそれは、子どもの学びの機会を奪っている可能性があります。「トラブルから考える」という機会を奪い、自律の術を失わせてしまうのです。そんなことが日常あふれていると工藤氏は語っているのです。

さらに、工藤氏はこう語っています。自分も子育ての当事者としては同じようなことをしてきたと振り返ります。「親はどうしても『~すべきだ!』という子育てのフレームを作ってしまうものだと思います。人には優しくすべきだ、人には貸してあげなきゃいけない…。それはもちろん大切なことなのですが、より重要なのは『子どもが自律的にそれに気づけるか』と言うことなんです。」

この話から、ライターの多田氏は、こう書いています。

「誰もが子ども時代を経て大人になる。その過程では、さまざまなことに葛藤を覚え、傷つき、ときには深く沈み込みながらも次のステップへ進んでいく。自分の頭で考え、行動して得た結果は、良くも悪くも『学び』『経験』として自分の財産になっていくものだ。しかし私たちは、大人になると同時にそうした自らのプロセスを忘れてしまうものかもしれない。子どもが歩いていく先に何が待っているのか。何となく予測できるから、何となく制止してしまうこともある。それが『かすり傷』程度の危険であっても。」

多田氏は、「『目的思考』で学びが変わる」(ウェッジ)の本の最後に、工藤校長のこんな言葉で結んでいます。

「うちの息子がまだ1つか2つの、歩き始めたばかりの頃。道で思いきり転んでも、私はできるだけ慌てず、駆け寄ることもしないようにしていました。そして、自力で立ち上がった息子に満面の笑顔を見せてやるんです。親が慌てると、子どもは泣きます。トラブルがあったときに親が慌てると、子どもは『一大事だ』と感じてしまうから。面白いもので、転んでも親がどっしりと構えていれば、子どもは泣きません」

現在、中国、シンガポールで「見守る」という子どもと大人との関係が広がっています。シンガポールでは、それを「Watching & Wait」と説明しています。