子どもの心の中

現在、千代田区立麹町中学校長である工藤勇一氏は、「学校の『当たり前』をやめた」という著書の最後に、新しい時代の学校教育のカタチを模索しています。学校が変わるために、今何が必要なのかを考えています。それは、教育の本質を取り戻すことだと言います。あるいは、昔の学校を思い出すことだというのです。何のために学校があるのか、作られた制度の中で考えるのではなく、生徒、保護者、教員が最上位の目的を忘れず、ぶれずに、ゼロベースで積み上げていくことだと言うのです。

それは、計りしれないことではなく、身近な課題を解決するに当たって、対話を重視し、合意形成する経験によって達成し、その後の人生で、何度も繰り返し経験することだというのです。そして、小さな改善が積み重なり、大きな変化となると言うのです。草の根的活動が、自律に始まり、いつか大きなうねりとなって、教育の本質的な改革が進むことを彼は期待しているのです。そして、オセロの駒が一気にひっくり返される日が必ず来ると信じていると本の最後に締めくくっているのです。

この本を読み進めてきて、その要約を紹介するのは、決して彼の改革を素晴らしいとか、彼は素晴らしい校長だということではなく、この改革が、他の場にも、例えば保育の世界にも共通することがたくさんあり、私たちも改革をする勇気をもらうためです。現状に不満や疑問を持ちながら、いつも何かの、誰かのせいにして、変えようとしないことに対して、やろうと思えばできるのだということを学んで欲しいと思っています。

そういう意味もあって、ライターである多田慎介氏がウェブのニュースメディア「WEDGE Infinity」で麹町中学校の改革を取材して、記事を掲載したので、この改革が全国で話題になったのです。多田氏は、特に教育の専門家ではありませんが、だからこそ、工藤氏の改革が、大人たちの社会課題につながることを感じたのでしょう。

最後に、工藤氏が保護者対象の「授業」を多田氏が紹介しているので、ちょうど幼児のことでしたので、私もここに紹介したいと思います。

公園の砂場で、幼稚園児の女の子と男の子が遊んでいるとします。近くのベンチには、それぞれのお母さんが座って様子を見守っています。女の子は、自宅から持ってきたおもちゃのシャベルとバケツを使っています。男の子が女の子に向かって「シャベルとバケツを貸して」と言いました。しかし女の子は「嫌だ」と拒否します。その様子を見て、女の子のお母さんは「そんなことを言わずに貸してあげなさいよ」とたしなめました。女の子は渋々ながら、シャベルとバケツを男の子に貸します。男の子は無言でそれを受け取り、遊び始めました。すると男の子のお母さんは「『ありがとう』をちゃんと言いなさい」と諭します。どこにでもある、ほのぼのとした一場面ではないでしょうか。「自分が親の立場なら同じように言うだろうな」と感じる人も多いでしょう。しかし、実はこの場面の前段には、親が思いもしないストーリーがあるのです。