何のためにあるのか

彼は、今一度問いかけます。「学校は何のためにあるのでしょうか?」学校は、社会でよりよく生きるために学ぶ場です。そして、社会には多様な人たちがいるので、感情をコントロールし、対話を重ねながら、納得できる目的を探り当てて手段を生み出す、その体験がとても大切だと言います。これこそが、この社会をよりよい民主主義社会に成長させることにつながると工藤氏は考えているのです。

学校は、社会でよりよく生きるために学ぶ場です。多様な人たちの中で、感情をコントロールし、対話を重ねながら、納得できる目的を探り当てて手段を生み出す、その体験が、この社会をよりよい民主主義社会に成長させることにつながると工藤氏は考えています。まさに教育基本法における教育の目的である「人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。」に沿った考え方です。

では、工藤氏は「民主主義社会」とは何であると考えているのでしょうか。彼は、まず、この問いに対して、多数決の原理を思い浮かべる人も多いかも知れません。彼は、選挙で代表者を選ぶ仕組みは当然必要なものだと思っているのですが、選挙で多数派となれば、何をやっても許されるという話ではないと言います。多数決の原理と同時に、少数意見を尊重することが、民主主義の真の姿だというのです。問題は、少数派の意見をどのように取り上げて、合意形成を図っていくかだと言います。私たちは、このプロセスになれていないがゆえに、無駄に対立したり、議論がこじれて思わぬ方向へ行ってしまったりすることがあるというのです。

対話を通じて、上位目的の合意形成を図るためには、一人ひとりにどのような資質が必要となってくるのでしょうか。「ルールを踏まえて建設的に主張する」「意見の対立や理解の相違を解決する」「感情をコントロールする」などの力を一人ひとりが高めていくことは、健全な市民性を育み、民主主義社会を築く上での土台になると彼は考えています。一見、極端に相反する考え方も、その一つか二つ上の目的を確認しあえば、同じ目的を目指していることが分かったりします。それを確認し合うことで冷静に議論ができるようになることもあると言います。この経験を積み重ねていけば、対立を恐れることなく、協働して何かを決めることができるようになると言います。民主主義社会の形成において、学校教育が果たす役割は大きいものがあると工藤氏は考えているのです。

現在、リーダー志向は弱まっている感があると言います。学校教育においても、校長・副校長を目指す人は減少傾向にあり、民間企業においても、マネージャーよりもプレイヤーを選ぶ人は多いそうです。このように、リーダーを目指す人が少ないことの背景には、「責任者」「当事者」として、矢面に立ちたくないという心理が働いているのかも知れないと工藤氏は言います。この点は、学校が児童生徒を「お客様扱い」し、自律する機会を持たせないまま、大人にしてしまったこれまでの教育のあり方を、本当に考え直さないといけないのかもしれないと工藤氏は言うのです。彼は、リスクを負った経験を積み重ねてこそ、本物のリーダーになれるという覚悟を持っていると言います。彼は、教育困難校で嵐のような日々を過ごしたことも影響したかもしれないと言います。難しいミッションと対峙する中で、一教員としてできることに限界を感じたことが多々あったそうです。問題を解決に導き、学校を良くしていくためには組織を動かすことが不可欠であり、そのためにはトップに立たねばならないと工藤氏は考えたそうです。