自発的に使いたくなる

工藤氏は、ICT導入に当たって、教職員組合の代表者たちと再度話し合うことを提案しました。すると、何人かが残って、別室で説明を聞いてくれたそうです。その後も話し合いを続けて、気がつけば数時間が経っていたそうです。彼は、ICT化の意義やねらいについて、教員にとってよい環境がなければ、どんな環境を入れたって使われなくなる。ICTが得意な先生も、得意ではない先生も誰にとっても使いやすい仕組みであれば、絶対によいものが入れられるはずだと話したのです。ICTに切り替えるに当たって、彼が意識したのは「使いやすさ」と「管理のしやすさ」でした。どんな便利なものも、利用する側が「使いにくい」「難しい」などと思ってしまえば、使ってはもらえないと考えたからです。これほどまでにスマートフォンが世に普及したのは、誰にでも感覚的に使えて、特別なメンテナンスもいらないからだと彼は考えたのです。

当時、文部科学省では教室のICT化を推進していたのですが、その構成は電子黒板をメインに据えたものだったそうです。電子黒板は非常に高機能ですが、多くの教員にとって、使いこなすのが難しいものです。加えて、教室の隅に置いておくとスペースを占有して、それではと、別の場所に置いておき、授業ごとに運んでくるとなると、非常に手間がかかり、面倒なものだったのです。そうした理由もあって、何百万もかけて導入したのにほとんど使われていないような状況が、全国各地の学校で散見されていたようです。

そこで、工藤氏は、学校ICT化を推進するに当たり、ICTが得意な教員も得意ではない教員も、子どもたちも自発的に使いたくなるような環境作りを意識したそうです。もちろん、予算も限られていますので、コストを抑える必要も出てきます。彼は最適な環境、最適な機器を探すため、様々な企業や学校を自らの足で回ったそうです。最終的に、区が独自に考案したICT教室環境を区内全教室に導入することになったそうです。そこに至るまでは、自らの利益にこだわることなく、親身になって力を貸してくれた区、教委内部、学校関係者、多くの企業の方々のおかげであり、何よりも常に強い気持ちを持って取り組んできたプロジェクトチームの仲間の力が実現したことに大きな貢献をしたと振り返っています。

また、実施に当たっても、お手本的なものは一切示さず、教師自身が自ら効果的な授業方法を考案するようにしたそうです。その結果、このICT環境を活用して、教員たちが次々と新しい授業方法を編み出していき、今では、単焦点型プロジェクターや実物投影機、パソコンなどを使った授業が、日常的に行なわれているそうです。専門職である教員が自律的に動けば、「100年経っても変わらない」と言われたスタイルも、変わることができるのだと工藤氏は言うのです。

しかし、だからと言ってこの教室環境が、未来永劫続くというわけではありません。時代の変化と共に、常に見直し、改良を加え、イノベーションを起こしていく必要があると彼は言うのです。大切なのは、「当たり前」に疑問を持ち、目的と手段の観点から、改善を図っていくことだというのです。