新しいカタチ

このように、様々な改革や取組みをしてきた麹町中学校長の工藤氏は、これからの激しく変化する時代において、学校や社会はどのようにあるべきかと考えているのでしょうか?

いま、政治家の失言やスキャンダル、企業の不祥事、凶悪で卑劣な犯罪など、世の中にはネガティブなニュースがあふれています。子どもたちのところにも、テレビやネット、スマホを通じて、そうした情報が日々流れ込んできます。「世の中はろくなもんじゃない」「大人になんてなりたくない」と感じている子どもたちが多いのではないかと工藤氏は心配しています。しかし、こうした報道は、実社会の一面を映し出しているに過ぎないのも事実だと言います。彼は、私たちの身の周りに目を向ければ、自分らしさを発揮しながら活躍するモデルとなる大人はたくさんいると言います。そうした魅力的な大人に触れる機会をたくさん作るようにしているそうです。

教育会では近年、子どもたちの「自己肯定感の向上」が課題として指摘されています。これは、工藤氏の課題意識と共通するところだそうですが、「自己肯定感」という言葉がやや堅くて難解で、一般の人には通じにくいものだと感じていると言います。彼は、もっと分かりやすい言葉で、生徒たちに伝えたいと思い、以前にも書きましたが、麹町中学校の最上位目標を彼は、「すべての子どもたちが『世の中ってまんざらでもない!大人って結構素敵だ!』と思える学校」に設定したのです。

そのためにも、子どもたちを自律させることが大切だと考えたのです。何か課題に直面したとき、どうすれば解決できるかを自らの頭で考え、周囲を巻き込みながら解決へと導いていく。そうした力を養うためには、前提として「世の中ってまんざらでもない!大人って結構素敵だ!」と思える環境作りをしていくことが不可欠だと彼は考えているのです。「世の中はろくなもんじゃない!大人なんてなりたくない」と考えているような人間は、自力で解決する姿勢を放棄し、誰かのせいにするからだと言うのです。

子どもたちが自律し、「早く大人になりたい」と思うためには、私たち大人が子どもに手を掛けすぎず、自分で考え、判断、決定、行動させる機会を与えることが大切だと訴えます。宿題や定期考査の全廃、固定担任制の廃止などは、そうした狙いのもとで行なったそうです。子どもは、大人がきめ細かに手を掛ければ掛けるほど自律できなくなることを、大人たちは今一度、全員で認識する必要があると彼は考えているのです。

もちろん彼は、宿題や定期考査を全廃したからといって、決して学力を軽視しているわけではないですし、生徒たちが自分に合った進路を選べるように、最大の支援は行なっています。しかし、主要5教科を中心とした学力だけが、そのままこれからの社会で通用する尺度になるとは考えていないと言います。対立を解決する力や感情をコントロールする力、見通しを持って行動をする力、多くの人たちと共に問題解決をする力などが備わっていなければ、どこかで壁に阻まれると考えているのです。

こうした非認知スキルを育てていくためには、それが身についたかどうかを測る「ものさし」が必要だと考えます。