脳神経科学的

大村さんの小学校における実践はすべての子どもの学習権を保障するという考えが最上位に来ているそうです。こうした考えは、教育活動のあらゆるところに浸透しているそうです。例えば、椅子に座れずに立ち回る子どもがいたとすれば、一般的な学校では、椅子に座れない子が問題だとして捉えられがちですが、彼女の小学校では、この子が問題度とは捉えないのです。それは椅子に座れないことが悪いのではなくて、発達の今の状況に過ぎないと考えられているそうです。そして、その子にとって、いちばんよいことが何かを、また何が必要なのかを徹底的に考えるのです。そこには、「インクルーシブ」とか「特別支援」という言葉はないそうです。目の前の子どもをしっかり見ることが徹底されているのです。

学校では、多くの場合、「問題は作られる」と工藤氏は言います。例えば、授業中に教室から出て行く小学1年生が、教室に複数いたとします。この現象は「小1プロブレム」と呼ばれて、教育活動として取り上げられますが、木村さんは「立ち回ることが、なぜ、いけないのか」と問うそうです。つまり、学校や教室のあり方、支援のあり方を問うのだと言います。これは、ユニバーサルデザインなどの考え方とつながるものだと彼は思っているのです。「なぜ、その子が教室から出ていったのか」を考え、教員同士で徹底的に話し合うべきですし、子どもたちにも考えさせることが大切だと、木村氏は指摘しているそうです。

このような指導は、確固たる確信を持って行なわれているのですが、現在の学校教育においては決して主流とは言えないのも事実だと工藤氏は言います。ということもあり、彼は、脳神経科学的にはどう評価されるのかということに興味を持ったと言っています。

脳神経科学的な立場から、青砥さんから助言をもらったところ、工藤氏と木村氏が行なった解決方法などに高い評価と解説をもらったそうです。また、「固定担任制の廃止」が、子どもたちに与える影響についても、同様に評価したそうです。いずれも、細胞、分子レベルの現象としてリーズナブルであるという意見をもらうことができ、青砥氏による研修は、多くの参加者から好評だったようです。

なお、脳神経科学者である青砥さんの指摘で興味深かったのは、安心、安全な環境が確保されていないと、脳は心的危険状態に陥るということだったそうです。この状態になると、脳の感情をコントロールする部位であったり、学習を機能させる部位や、体を制御する部位などの働きが抑制されるというのです。発達に特性のある子は教員の指導により脳の防衛機制が働き、悪循環に陥る傾向があるという話だったそうです。それらの取組みによって、工藤氏は、今後、脳神経科学は、学校教育の環境のあり方や子どもの指導のあり方に大きな影響を与えてくれる可能性があると考えています。

彼は、この研修からあらたな意義を発見をしたそうです。それは、この研修は、校外の人たちが参加したことで、そこから相互に多くの刺激を受けることができたということだそうです。今では、むしろ多様な人が入らなくては、より良い研修にならないとさえ感じていると言います。参加者は、大学生から民間企業のサラリーマン、映画政策関係者まで、年齢も立場も実に様々な人たちが集まったそうです。中には、経済産業省や文部科学省の職員もいたそうです。学校が必ずしも好きではない、子どもの頃にいじめに遭って、学校にネガティブな印象を持っている人もいたそうです。こういう様々な方から出てくる意見や考えに、教員はさまざまなことを思い、心を揺さぶられたと工藤氏は感じています。