何のためにあるのか

彼は、今一度問いかけます。「学校は何のためにあるのでしょうか?」学校は、社会でよりよく生きるために学ぶ場です。そして、社会には多様な人たちがいるので、感情をコントロールし、対話を重ねながら、納得できる目的を探り当てて手段を生み出す、その体験がとても大切だと言います。これこそが、この社会をよりよい民主主義社会に成長させることにつながると工藤氏は考えているのです。

学校は、社会でよりよく生きるために学ぶ場です。多様な人たちの中で、感情をコントロールし、対話を重ねながら、納得できる目的を探り当てて手段を生み出す、その体験が、この社会をよりよい民主主義社会に成長させることにつながると工藤氏は考えています。まさに教育基本法における教育の目的である「人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。」に沿った考え方です。

では、工藤氏は「民主主義社会」とは何であると考えているのでしょうか。彼は、まず、この問いに対して、多数決の原理を思い浮かべる人も多いかも知れません。彼は、選挙で代表者を選ぶ仕組みは当然必要なものだと思っているのですが、選挙で多数派となれば、何をやっても許されるという話ではないと言います。多数決の原理と同時に、少数意見を尊重することが、民主主義の真の姿だというのです。問題は、少数派の意見をどのように取り上げて、合意形成を図っていくかだと言います。私たちは、このプロセスになれていないがゆえに、無駄に対立したり、議論がこじれて思わぬ方向へ行ってしまったりすることがあるというのです。

対話を通じて、上位目的の合意形成を図るためには、一人ひとりにどのような資質が必要となってくるのでしょうか。「ルールを踏まえて建設的に主張する」「意見の対立や理解の相違を解決する」「感情をコントロールする」などの力を一人ひとりが高めていくことは、健全な市民性を育み、民主主義社会を築く上での土台になると彼は考えています。一見、極端に相反する考え方も、その一つか二つ上の目的を確認しあえば、同じ目的を目指していることが分かったりします。それを確認し合うことで冷静に議論ができるようになることもあると言います。この経験を積み重ねていけば、対立を恐れることなく、協働して何かを決めることができるようになると言います。民主主義社会の形成において、学校教育が果たす役割は大きいものがあると工藤氏は考えているのです。

現在、リーダー志向は弱まっている感があると言います。学校教育においても、校長・副校長を目指す人は減少傾向にあり、民間企業においても、マネージャーよりもプレイヤーを選ぶ人は多いそうです。このように、リーダーを目指す人が少ないことの背景には、「責任者」「当事者」として、矢面に立ちたくないという心理が働いているのかも知れないと工藤氏は言います。この点は、学校が児童生徒を「お客様扱い」し、自律する機会を持たせないまま、大人にしてしまったこれまでの教育のあり方を、本当に考え直さないといけないのかもしれないと工藤氏は言うのです。彼は、リスクを負った経験を積み重ねてこそ、本物のリーダーになれるという覚悟を持っていると言います。彼は、教育困難校で嵐のような日々を過ごしたことも影響したかもしれないと言います。難しいミッションと対峙する中で、一教員としてできることに限界を感じたことが多々あったそうです。問題を解決に導き、学校を良くしていくためには組織を動かすことが不可欠であり、そのためにはトップに立たねばならないと工藤氏は考えたそうです。

何のためにあるのか” への6件のコメント

  1. 確かに、工藤氏がここまで学校というものを変革できた背景には「校長」という立場が影響しているでしょう。1人の教師にできるのは限りがありますが、大きな組織を動かすことができるのはやはり「トップ」なのですね。一教師ができる最大限を活用できるように「責任者」「当事者」意識を一人一人に持たせ、それを学生にも委ねることが「トップ」としての役割の一つだと感じました。また、「何のためにあるのか」という言葉を常に携えながら、目の前の問題に対する方向性を導き、多数決という少数派の意見を閉じ込めるのではなく、目的の共有をした上で対話によって「対立を恐れることなく、協働して何かを決める」過程を選択していけば、本当の子どものための「教育」が行うことができるのですね。リスクを取らないと改革はできないということが、ひしひしと伝わってきます。

  2. 「学校は、社会でよりよく生きるために学ぶ場です。」知識を伝達することに重点が置かれた教育の弊害は、間違えることが悪いこと、失敗をすることが恥ずかしいこと、日本人の国民性もあるかもしれませんが、この点が助長されてしまうということはないでしょうか。新しいことを始めるに、10のうち9くらいはうまくいかないもので、でもそのうちの1つに辿り着く為には、踏み出す一歩であり、それをその1つに辿り着くまで継続する力であると思います。うまくいかないかもわからないことを実行するにあたって、周囲からの賞賛や激励は当人の背中を最大限に押し出すことでしょう。こんな時代だからこそ、勇気ある一歩を踏み出そうとするその人が躊躇してしまうような態度をとりたくないと改めて思います。

  3. 問題を解決に導く考え方が示されています。「一見、極端に相反する考え方も、その一つか二つ上の目的を確認しあえば、同じ目的を目指していることが分かったりします。」具体的な出来事をその瞬間その瞬間だけで捉えていくと対立関係のまま次に行ってしまうことがあります。「一つか二つ上の目的を確認し」合う。これは本当に大切なことですね。するとつまらない対立関係の中で推移することもなくなるでしょう。さて、いかなる組織もリーダーによってその組織の質は決定されると思っています。リーダーは誰よりも「責任者」であり「当事者」ですね。構成員一人ひとりにも責任や当事者性を求めても、リーダーには適いません。それこそがリーダーのリーダーたるゆえんでしょう。「問題を解決に導き、学校を良くしていくためには組織を動かすことが不可欠であり、そのためにはトップに立たねばならない」と工藤校長は考えます。公立学校の校長がこうした考え方をする。とても素晴らしいことです。教員と生徒みんなの輝く顔が目に浮かびます。

  4. 〝学校は、社会でよりよく生きるために学ぶ場です〟とありました。この言葉が印象に残りました。今度、我が子に「学校はなんで行くの?」と聞かれたら、一字一句違わずに子どもに伝えようと思います。
    学校の現状では知識を伝達することに重きを置いているところが多いのではないかと思いますが、そのことというのは「社会でよりよく生きるため」の中の1つに過ぎないことです。そして、大切なものが抜けてしまっていることがあるということがどうやらあるようです。
    「お客様感覚」がリーダーの資質を下げることにもつながるということも理解できるものでした。

  5. 一つのケーキを取り合う兄弟に、母親がじゃんけんをし、勝った方が切り分けて負けた方が先に選べ。という指示を出したそうですが、私はその話を聞いたときなんと建設的で素晴らしい案だろうかと感動しました。しかし友人にその話したところ平等に分けるよりも0か100がいいと言われ、そう思う人もいるのかと驚いた覚えがあります。大切なのは皆が平等に恩恵を受けることではなく、全員がやり方に納得しそのやり方を行うことでそれこそが民主主義なのかと感じました。

  6. 「何のためにあるのか」この問いは保育園や幼稚園にもあてはまることですし、常々考えることでもあります。そもそも、保育も教育も社会のためになければいけないと言いながらも、それほど意識されていないようなところ多分にあるような気がしますし、教育や保育がどこか社会と分けられているようすも見え隠れします。「リーダーを目指す人が少ないことの背景には、「責任者」「当事者」として、矢面に立ちたくないという心理が働いているのかも知れない」というのは確かにあるのかもしれません。しかし、組織の中では必然的にリーダーの立場にならなければいけないことがあります。「誰かがしてくれる」といった感覚はなくしていかなければいけなく、常に自分も当事者であるという意識をもつことで組織は強いものになってくると思います。そのためにリーダーとなるものこそ、様々なことにアンテナを張り、考えていかなければいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です