三歳児神話と共同養育

現代日本における家族形態は核家族が多く、身近に祖父母などがいないのが現状です。2015年の時点では、核家族の世帯は全体の55.8%にも上るそうです(国立社会保障・人口問題研究所、2018)。これにともない、「ワンオペ育児」も増えています。ワンオペ育児は、子育てを行うパートナーか転勤などの事情で家庭から離れているために、一人で育児を行うことです。育児を一人で行うと、育児によるストレスも一人で負うことになります。

こんな状況の中で、今福氏はこんなことを指摘します。日本ではかつて、「三歳児神話」ということはがよく聞かれました。これは、三歳まではお母さんが子育てをしないと、子どもの発達に悪い影響がでるという言説です。産休を終えて職場復帰をして働く女性は、子どもを保育所などに預けますが、彼は、これは良くないことなのか問うています。そもそも、三歳児神話は正しいのでしょうかということにも疑問を持ちます。実際、三歳以前に、家庭のみで育った子どもと保育所に預けられていた子どもの発達を比較したところ、お母さんの就労が子どもの発達に影響を及ばすという証拠はみられていないようです。つまり、三歳児神話を支持する証拠は今のところないのだと彼は言うのです。

さらに、共同養育の考えからすると、ワンオペ育児や三歳児神話の考えは不適切だというのです。共同養育はお母さんの負担を軽減し、たくさんの子どもを育てることが可能なしくみです。したがって、保育所や幼稚園、認定こども園などの施設も、広い意味では共同養育の形態の一つであると彼は考えています。厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(平成29年4月1日)」によると、現在、保育所などの数はおよそ三万、利用児童数はおよそ254万名になります(厚生労働省、2017)。現状では、施設数と利用児童数のアンバランスが生じており、子どもを施設に預けることができない待機児童の問題が深刻です。この背景には、共働き世帯の増加や、離職による保育者の不足があると考えられます。これらの課題を一つずつ解決し、共同養育の場を増やし、質の高い乳幼児教育を行うことが重要だと今福氏は提案しているのです。それは、決して親の都合だけではなく、赤ちゃんの心を育むことにもつながるのだというのです。

では、心の発達を理解するには、どのような方法があるのでしようか。今福氏は、「発達心理学」という学問がその一端を担うと考えています。発達心理学は、胎児期(受精後9週~出生)、新生児期(出生~4週間)、乳児期(生後1ヶ月~1歳)、幼児期(1~5歳)、児童期(6~11歳)、青年期(12~24歳)、成人期(25~64歳)、老年期(65歳以上)にわたる、人の生涯の身体、知覚、認知、人格、感情などの成長や発達、また発達を阻害する要因を研究する分野だと言います。ちなみに、各発達時期の区分については諸説あり、世界保健機関(WHO )では青年期を10~24歳としているそうです。

近年では、発達心理学は近接の学問分野である神経科学、医学、工学、遺伝学、保育学などとの連携による学際研究が盛んになり、「発達科学」が構築されているそうです。発達科学は、学際研究領域として、個人(行動、脳・神経系、遺伝子など)と環境(社会、文化など)との関係の中で人の発達を理解することを目指しているそうです。それは、子どもの発達にかかわる現代の社会問題を解決するには、一つの学問領域ではカバーしきれないからだというのです。

三歳児神話と共同養育” への10件のコメント

  1. 仕事の事情で子育てをしずらい環境にいる家庭は少なくないと感じます。それは日本の労働制度そのものを見直さないとならないことのように感じるのですが、そうではない環境、子育てがしやすいだろうはずの環境下でも子育てがうまくいかない家庭もあることでしょう。子どもを育てることの楽しさやその中から得られる感動よりも個人的な幸せや快楽の方が優先されてしまった時、子育てはただの負担になり得てしまいます。ある情報番組かで、現代は子どもが子どもを育てているのだから仕方がない、というようなことを耳にしましたが、育てる側の気持ちがもっと上向くような、外的でも内的でもそういった心の向上がどのようにしたら育まれるものなのか、日本が本気になって取り掛からなくてはならない問題のように思えてきます。

  2. そうなると、三歳児神話はどうして生まれたのかが気になりますね。子どもを親から離れさせないことでどこかに有益に働いた過去があったのか、女性の社会進出を阻む世の中の風潮がそうさせたのでしょうか。ユヴァル・ハラリ氏のサピエンス全史を読んでいると、人類には男女間の格差や家父長制など、どうしても男性が優位になってきた歴史があったと書かれていましたが、女性や育児が、まだ社会的に認められていなかった時代からの名残が、三歳児神話なのかもしれないとも感じました。そして、共同養育についても、以前「族」と呼ばれる集団で育児を行ってきた人類の歴史があったと学び、今一度育児に対する見方を見直す必要があるのですね。母親一人に押し付けるのは、もはや「育児」とは呼べないのかもしれませんね。

  3. 三歳児神話など意識せずにわが子の育ちに寄り添いました。保育所勤めをするようになってから「三歳児神話」なるものを知り、へぇ~、世の中にはこうした育児の仕方があるんだ、と認識を新たにしたことを思い出しました。母親信仰とでも言うのでしょう、あるいは子どもの育ちは母親の育児力による、そのような考えが広く喧伝されていたような。そのたびに、父親である私は一体どんな役割を子どもの育ちにおいて果たすのか、などと考えてしまいました。臥竜塾ブログをこれまで丹念に読んでくると、母親どころか親の存在が子どもの育ちに決定因子にはならないのかもしれないと思えるようになってきました。そして「共同養育」。子どもの居場所。子どもはどこにいるのか。家庭と園ならその双方が共同して子どもの育ちを支える必要があるでしょう。あるいは地域の人々との共同養育が望まれるのでしょう。子どもは「社会の一員」であるなら、養育の仕方は地域共同型になるでしょう。

  4. 〝三歳まではお母さんが子育てをしないと、子どもの発達に悪い影響がでる〟という三歳児神話はどこからやってきたのでしょう。〝お母さんが〟という点もどこか母親一人でみることを求めている節が見受けられますね。そんな風潮に何でなっていったのでしょうか。最近のこのブログにて、母親一人どころか親だけでの養育も良いというわけではないというような内容があり、人類の歴史から紐解いていた内容が紹介されたりしています。子育ての根本からの改革が求められていきそうですね。

  5. 三歳児神話を無くすというのはとても労力のいることだと思います。正直私もこども園に勤務し、こども同士の関わりやそれによる発達の相乗効果を目にするまではある程度両親が子供の側にいることがいいことだと思っていましたし、自分もそうしたいと思っていました。実際に目で見て肌で感じないことには人の常識という名の偏見はなくならないのだと思います。

  6. ワンオペ育児という言葉が最近になってよく聞くようになりました。しかし、昔から核家族であったり、親信仰というのはありましたし、私が保育士になったときでも「子どもは3歳まで家庭で」というのが当然と言われていました。そこに疑問を持つことはなかったのですが、見守る保育を知り、藤森先生の話を聞いていくうちに疑問点が多く出るようになりました。私のように「三歳児神話」の疑問というものはまだまだ表立って理解されてはいないのだと思います。結果として少子化に伴い、女性の社会進出や労働者人口の確保といった社会問題が起きる中で、保育園やこども園のニーズが増え、それによって待機児が多く出てきている今の時代はある意味で共同養育の形態に近づいているように思います。こういった時代だからこそ、乳幼児教育の質の見直しや発達心理学の理解など、現場レベルでの底上げが重要になってきますね。まず、自分たちからしっかりと勉強していく必要を感じます。

  7. 私はブログで三才児神話肯定論を書いているので読まれれば参考になると思います。三才児神話肯定論と体の健康を考えるで開きます。なお3っあって
    seesaaのブログの方が書いてある本数が多いです。

  8. 「保育所や幼稚園、認定こども園などの施設も、広い意味では共同養育の形態の一つであると彼は考えています」とありました。本当にそうですね。私たち乳幼児施設の役割は人類がここまで繁栄する鍵になった共同養育を担っていることになるのですね。だからこそ、その共同養育、共同保育で培って人と関わる力に、私たち乳幼児施設は注目していかなければなりませんね。
    「子どもの発達にかかわる現代の社会問題を解決するには、一つの学問領域ではカバーしきれないからだというのです」ともありました。一つの学問領域ではカバーできない。本当にそうですね。ひとつのことを知れば、これも繋がっている。ここにも繋がっているということが分かってきます。ひとつの見方からしか見ていないと本当の全体像は見えてきませんね。

  9. 女性の社会進出により、赤ちゃんから預ける家庭が多くなってきているわけで、待機児童の問題がなかなか解消しないことに関して、預けられる施設を数だけ増やし、とにかく待機児童問題を解消しようとする動きは理解できますが、やはり保育の質というのをしっかり保証しないと意味がないですね。今福氏が言われる赤ちゃん心の発達をいかにして育むという点では、まだまだ注目されていないというか、どうしても3歳児神話のように赤ちゃんの白紙論が根強く残っている日本の現実をどうにかして変えていきたいと強く思いました。

  10.    
     この文書は2020年2月に私のブログで投稿した文書です。
        昔は本当に大家族制度であったのか
    昔は大家族制度なので育児ノイローゼになる人もいなく家の誰でも子育てできるので、子育てがうまくいったと言うのです。今は核家族ですから母親が孤立して育児ノイローゼ、になるのは核家族が悪いと誰が言ったか知らないけど、この言葉が独り歩きしていて今は常識となっています。しかしこの事を立ち止まって考えるといくつかの疑問点が出てきます。まず日本社会の家族制度では全世帯が大家族制度と言うのは時代的にあり得ないのです。江戸時代の長屋制度の家のサイズでは夫婦2人と子供2人が限度だと思います。次に江戸時代において一般の庶民が7人8人と数多くの子供を育てる場合は収入もないし病気で乳児の死亡とか、乳児の間引きなどしてある程度子供の数を少なくして育てたと考えます。江戸時代の人口の推移をみれば納得できると思います。次に多分明治終わり頃だったと思いますが、国が国策として生や増やせと言ってから子供の数の多い家庭が急に増えたのです。しかしこの事も核家族を増やす原因の1つなのです。それは長男は家の跡取りとしてその家の家長として大家族制度を継続できますけど、残りの次男三男などの男の人は分家と言って今の核家族になるので核家族が増えると予想されると思います。NHKのファミリーヒストリーと言う番組はここら辺の時代を放送していますから、当時の家庭の家族構成を考察するのにはちょうどいい番組だと思います。
    問題は全世帯の何割が大家族制度かと考えると、そう言う資料は多分ないと思うので、私の考えでは大正時代位の時で30%からよくあっても40%ではないかと考えます。今は長男でも家の跡取りを継がない人もいますからより核家族している時代なのです。従ってこの事は今の社会常識に騙されていると思うのです。
    参考までに今の若い人は知らないと思いますが、日本が戦争に負けたので海外の引き揚げ者で急に日本本土に人口が増えたのでこの国は人で沈没すると言う時代もあったのです。
    次に幼児期の在り方についても現代社会の常識に騙されている部分を今までに書いた文書からまとめて書いてみました。
    【三才児神話否定論について】
    厚生労働省は平成10年にこの問題は少なくとも合理的な根拠は認められないと言っていますが、その後少し意見変更して[明確にそれを肯定する根拠も否定する根拠も見当たらないのが事実としたと]ネット調べではそうなっていますが、本当は悪い事は知っているのだけど自分がやっている事なので本音が言えないと思います。その例として母の愛情の大切さの文書に書いた子犬の販売方法があります。
    【保育園制度について】
    幼稚園と比較して4っの問題点があり子供の心の成長において問題有りと考えています。
    この事は昔の保母さんであればあるほど、保育園に預かる子はかわいそうな子と言いますし、私なら預けないと言う保母さんもいたのです。あるブログを見ていたら幼稚園で預けていたのを仕事に行くのに保育園に頼みに行った時、あらかわいそうな事するネ、と言われてビックリしたと書いてあるのです。この園長さんは正直だったと思います。
    【教育とは6才まで】
    何事にも行う時は、やる気、集中力、記憶力、創意工夫、の4っの能力が必要なのです。そのような能力はほぼ6才位で決まるので教育とは幼児期の在り方を中心として考えるべきと思います。
    この事は基本的に母親しか出来ません。
    【西洋の育児書の問題点について】
    日本の赤ちゃんと西洋の赤ちゃんと同質ではありませんから西洋の育児を基点に論ずるのは話半分に聞いて下さい。
    学生さんで幼児のかわる勉強している人は西洋の赤ちゃんと日本の赤ちゃんの比較研究すれば良いと思います。例えば夜泣きはあるか、眠くなるとグズルかグズらないか、何才まで母乳を欲しがるか、参考までに私が聞いた人の中では小学校へ入学する前後が最年長であまり長く欲しがる人はオッパイに塩を塗ったと聞いています。参考までにもし学校と言う制度がなければ7才前後まで求めたと思います。
    【母性について】
    50何年か前に当時年配の保母さんから、私に男の人は無口だから子育てしては行けなヨと言われたのです。この事もよく考えると、その事は当時はおそらく全員の保母さんが知っていたと思われます。何故その事が語り継がれなかったと考えると余計な事は言わない、この考えで途切れたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です