どんな研修

全国各地で行われている公開研究会も教員に負担をかけています。日本では、多くの学校で研究授業を行なっていて、年に数回は外部の教育関係者を招いて、公開研究会を開催しています。日本独自の研修システムとして海外からは評価されているようですが、半日分の授業がなくなる上に教員の負担も大きく、工藤氏は効率的ではないと感じているようです。

一般的な公開研究会では、授業が終わった後に、外部から招いた大学教員等による講評等が行なわれますが、教員の中にはその意義が感じられず、つい、ウトウトしている人も見られるそうです。研修内容が、自分にはさほど関係なく、「役立たない」と感じているからではないかと考えます。確かに、内容的にも若手からベテランまで、すべての教員にとって役立つものとはなっていないことはよくあると彼は感じていたのです。

そうした理由から、彼は区の指導課長時代に公開研究会の全面廃止を提案したそうですが、学校の抵抗もあり、実現はしなかったそうです。彼が麹町中学校に赴任してからは、1回開催しただけで、その後は従来型の公開研究会は開催していないそうです。公開講座のような形で、全国から多種多様な方が参加できる研究会や研修講座を開催しているそうです。

このように、学校には前例踏襲を常とする、放置されたままの慣習が至る所にあると彼は言います。彼は、「学校と企業は違う」と思わず、学校・民間を問わず、工夫すべきところは工夫し、参考にできることは参考にしていくべきだと主張しているのです。

彼は、また脳神経科学者と共に研修に取り組んでいます。教員は、学習指導や生徒指導において、様々な経験知を持っています。生徒を上手にほめる方法やしかる方法、やる気を喚起する仕掛け、気持ちを高める声がけなど、ベテラン教員になればなるほど、数多くの経験知を保有し、日々の教育活動に生かしているものだと言います。

そうした経験知の数々は、「正しいもの」「効果的なもの」として多くの教員間で共有されているのですが、実は、その効果が科学的に裏付けられているわけではありません。この点を科学的に分析、評価することを目的として、2018年度から新たに脳神経学の視点を取り入れた教員研修を実施しているそうです。協力者は、株式会社ダンシングアインシュタインFounderの代表・青砥瑞人さんです。彼は、日本の高校を中退した後に渡米し、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で脳神経科学を研究してきた脳のスペシャリストだそうです。

これまで、教員が経験知として実施してきた指導が、脳科学の視点から裏付けされれば、これほど心強いものはないと考えたのです。子どもがモチベーションを持って自律的に学ぶとは、脳科学的にはどのような状態を指すのか、それが分かれば支援のあり方、環境の作り方、言葉掛けの仕方などが理論的に整理できて、教育活動の制度は格段に高くなると考えたのです。もちろん、これまでも教育心理学に基づくカウンセリングの方法など、科学的な手法で、理論化されてきた領域はあります。しかし、脳細胞レベルでそれが理論化されれば、その成果は比べものにならないほど確かなものとなるに違いないと彼は考えているのです。

そんな彼は、大阪の小学校の元校長である大村泰子さんを誘います。彼女の小学校における実践も素晴らしく、特に特別な支援・配慮を必要とする児童が全校生徒の約1割ほどを占める学校での実践記録が、ドキュメンタリー映画「みんなの学校」として公開されて、注目を浴びていたのです。

どんな研修” への6件のコメント

  1. 工藤校長の実践が脳神経科学の知見導入にまで至っていたことに驚きを感じました。工藤校長が組織の一員として働きながら、他人事ではなく我が事として業務を捉えている。その切実さ、真摯さには驚きを超えて感銘を受けます。課長時代の取り組み「公開研究会の全面廃止を提案」これも凄い。しかし結果は「学校の抵抗もあり、実現はしなかった」。ふつうはここで終わって後は敷かれたレールの上を進むだけだったでしょう。しかし彼は違った。「学校には前例踏襲を常とする、放置されたままの慣習が至る所にある・・・工夫すべきところは工夫し、参考にできることは参考にしていくべき」となおも改革に邁進していきます。教員たちの声にしっかりと耳を傾けています。研修を実施するのなら実のある研修を。私もそう思います。そして科学的知見を知識としてではなく実際の業務に役立つように導入しようと試みます。工藤校長は全国各地に講演等でひっぱりだことか。本来業務を抱えて出かける。受講者のみなさんの受講責任ということをふと思ったところです。

  2. 研修時についウトウトしてことについて、「自分にはさほど関係なく、役立たないと感じているからではないか」という工藤氏の視点は核心をついていますね。それか、興味かあっても別な業務に追われて睡眠が充分でないことが想像できます。また、よく研修の最後にあるQ &Aをもっと活用できればいいと感じています。日本人気質が、大勢いるなか変な質問をしたらどうしようとか、他の人に何か言われないかなとかを考えてしまい、いまいちその時間を有効活用できていない気がしています。そこで、この後にグループディスカッションの時間をとり、自分が抱いた疑問点や不明な点の再確認作業というアウトプットの時間を設ける研修が増えている印象です。そして、これまでの「勘」などを科学的な研究結果によって言語化したり具現化する作業は、より良くを求める姿勢として非常に重要な行程だなと感じました。

  3. 会議で寝ている人は寝ていた方がいい、そんな人から出る意見は所詮、、と笑っていた社長さんの本を読んだことを思い出しました。自分の為になることや、明日からでも実践できるような内容であれば自然と耳が傾いてしまうことでしょう。経験から思うのは、自身の体験や、自身が解決したいことへの具体策からは程遠いような内容であったりすると、脳はその時のその人に本当に必要な、例えば睡眠の方を選んでしまったりするようです。
    それとは別に、意味のある研修にすることの難しさと、参加する側の志の高さを思った時、それは指導する力だけでなく指導される力と相互になって生まれる空間づくりなのだということを改めて感じるおもいがします。

  4. 褒め方や叱り方が科学的に確立されるというのはとても面白いですね。私も私の指導のしかたが子供の脳にどのような影響を与えているのか可視化できるのならばしてもらいたいです。しかし逆に言えばマニュアルが出来てしまうという点では指導の方法が固定化し、これをやっておけばいい、といった思考を促してしまう可能性も出て来てしまうと思います。メリットデメリットを十分考慮したうえで最善の形を現場に取り入れていきたいですね。

  5. そこそこの学校でいわば伝承されてきた叱り方や声かけなどを脳科学の観点からどうなのか知るというのはおもしろい試みだと思いました。しかし、「これはいい」「これはいけない」というのがはっきりしてしまうというのはメリットでもあり、デメリットにもなりえるものであるようにも感じます。しっかりとそのことを踏まえた上でできればメリットだけを取り入れていけるような配慮が必要ですね。
    〝学校には前例踏襲を常とする、放置されたままの慣習が至る所にある〟ということで、このようなところにメスを入れていくことの方法の一つが脳科学的知見を知ることだというアイデアというか発想ができることがすごいことだと思いました。

  6. 研修でたびたび思うのが、「本当に身になる研修」に行ってもらいたいという思いです。「行かされている研修」よりも「行きたい研修」に行くべきであると思います。でなければ、有意義な結果をもたらせないでしょうし、時間と費用がもったいなく感じます。これも見守る保育と同じで先生方に選択する余地もなければいけないのでしょうね。また、このことは園内研修においても同様のことが言えます。園の方針に沿ったもので、共通認識を持つために必要なものなのであれば、必要とされることですが、必要とはならない研修にならないようにしなければいけません。工藤氏の言う「宿題」の考え方とも同じようにも思います。そのためにはチーム保育などは日ごろの保育から研究保育に似た形になるので効果的になるように思います。工藤氏は脳科学から見た環境や理論のことを言っていますが、藤森先生と同じアプローチということに驚きます。やはり保育や教育をする上で、方法論だけではなく人を知ることから入らなければいけないのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です