立場に身を置く

1996年に、現在ワシントン大学にいるレバチョリとゴプニックはある発見をしたそうです。18カ月児は他者が自分とは違うものを欲している場合があることを理解できるということです。

実験で、 14カ月児と18カ月児に生のブロッコリーが入った器と金魚形のクラッカーの入った器を見せ、それぞれをいくつか食べてまずそうな顔か、おいしそうな顔をして見せたそうです。手を出して「少し私にくれる?」と尋ねると、18カ月児は自分用にクラッカーを選んでも、実験者がプロッコリーをおいしそうに食べたときはプロッコリーを渡してくれたそうです。ただし、14カ月児は常に実験者にクラッカーを渡したそうです。

このように、これほど幼い子どもでも完全に自分本位ではなく、立場に身を置くことができるようです。4歳ごろまでに、人々の心理についての理解をさらに深めるようです。例えば、ある人が変な行動をしているのは何か間違った思い込みをしているからだと解釈できるようになります。

この研究結果からみると、ピアジェの自己中心性とは何だったかと思ってしまいますね。この自己中心性は、J.ピアジェが幼児の精神構造の特徴を表わすために用いた概念です。もっぱら自己を中心に据えた視点から外界に働きかけ、視点を変えたり、視点と視点の関係をとらえたりすることのできない時期の特徴としました。その特徴が幼児まで見られるとしたのですが、こうした性質は、空間知覚、言語、知的作業など、さまざまな側面について論じられるため、多くの場面で誤解を生じたような気がします。白紙論同様、もう一度乳児を考えるうえで得見直さなければいけない特徴です。

20世紀の終わりには、赤ちゃんはかなり論理的で洗練された知識を持ち、成長するにつれて驚異的な速さでその知識を増やしていくことが明らかになってきました。赤ちゃんが物体や人間のふるまいについて大人なみの知識を持って生まれてくると主張する研究者もいるそうです。新生児が白紙とはほど遠いことは明らかですが、子どもの知識が変化していくことを考えると、子どもは自分の経験を通じて世界について学んでいるのでしょう。

人間は様々な種類の大量の情報を常に知覚していますが、その雑多な情報の山の中からどうやって世界について学ぶのかは、心理学と哲学における最大の謎の一つとなっています。ここ10年間で、赤ちゃんや幼児がどうやってこれほどたくさんのことを素早く正確に学んでいるのかがわかり始めたそうです。子どもは特に統計パターンに基づいて学習する優れた能力があることをゴプニックたちは見出したそうです。

1996年、ロチェスター大学のサフランとアスリン、ニューポートは、言語の音のパターンを使ってこの能力を最初に証明したそうです。彼らはある統計的な規則性を持った一連の音節を数人の8カ月児に聞かせたそうです。例えば、「ロ」という音のあとに「ピ」という音が続くのは全体の1/3ですが、「ピ」のあとには必ず「ダ」という音がきます。その後、同じパターンの音とこの規則に合わない流れの音を聞かせました。すると、赤ちゃんは統計的に珍しい音に長く耳を傾けたそうです。より最近の研究で、赤ちゃんは楽音や視覚的な場面についての統計パターンや、さらに抽象的な文法パターンも見つけられることがわかったそうです。