間違った見方

なぜ私たちはこんなにも長く赤ちゃんについて間違った見方をしていたのでしょう?4歳以下の幼児(この記事ではこの年齢の子どもについて述べる)をぱっと見ただけなら、たいしたことは何もしていないと思えるでしょう。なにしろ、赤ちゃんはおしゃべりができません。5~6歳の子どもですら自分の考えを言葉で表現するのが上手いとは言い難いです。平均的3歳児に自由に答えさせるような質問を投げかけると、ある意味面白いですが、思いついたことを連ねただけの不可解な独り言が返ってくるでしょう。

この分野の先駆者であるスイスの心理学者ピアジェなどの初期の研究者は、子どもの思考自体が不合理で非論理的、自己中心的で、原因と結果の概念すらない咽果関係がわかる以前”のレベルだと結論づけたのです。

1970年代後半になると、新しい手法として、赤ちゃんや幼児の話の内容ではなく行動に注目するようになりました。赤ちゃんは予測できることに比べ奇抜で予想外の出来事を長く見つめるので、そこから赤ちゃんがどんなことが起こると期待していたのかがわかるのです。そして、積極的な行動を調べれば、より強力な証拠を得ることができます。何に手を伸ばし這って近づこうとするのか、周りの人々の行動をどのように真似るのかを観察するのです。

幼い子どもは自分が思っていることを言葉で人にうまく伝えられませんが、実験者が注意深く工夫すれば、そこから子どもの考えを引き出すことができます。例えば、ミシガン大学アナーバー校のウェルマンは、子どもが自然に口にする会話を録音して分析し、子どもの考えを知る手掛かりとしました。よく的を絞った質問をする方法もあります。例えば、自由回答式ではなく2択の質問をするのです。

1980年代半ばから1990年代にかけてこのような方法を使って研究が進められ、赤ちゃんが周りの世界についてかなりの知識を持っていることがわかりました。赤ちゃんは、“今”や“ここ”の枠にとらわれない考え方ができるのです。

イリノイ大学のベイラージャンやハーバード大学のスペルクらは、幼児が運動の軌跡や重力、中に何が入っているかなどの単純な物理的関係を理解していることを発見しました。子どもは物理的に自然な出来事よりも、固い壁からおもちゃの自動車が現れるといった不思議な現象をより長い時間見つめるのです。

3 ~4歳になるころ、子どもは生物学的な基礎知識を得て、成長や遺伝、病気について理解し始めるということがわかりました。このような理解力があることから、子どもが見た目より深いところから物事について推論しているのがわかると言います。ミシガン大学のゲルマンは、幼児が動植物の“本質”に気付いていることを発見しました。生物には、外見が変わっても変わらない、目に見えない芯のような存在があると、子どもは理解しているのだと言うのです。

赤ちゃんと幼児が知っていることで最も重要なのは、他者に関する知識です。ワシントン大学(シアトル)のメルゾフは、新生児でも人間は特別な存在であることを理解していて、人の表情を真似ることを示しました。