学習体験

しかし、遊びが子どもの頭を良くするかもしれないのはなぜなのでしょうか?動物研究者は、遊びは予測していないことに対処する一種のトレーニングとして役立つと考えているそうです。「遊びとは万華鏡のようなものだ」とコロラド大学ボールダー校の進化生物学者べコッフは言っています。遊びは無作為で、創造的なものなのです。遊びは柔軟性と創造性を培い、それが将来の予期せぬ状況や新しい環境において有利に働くのかもしれないと彼は考えているそうです。

タフツ大学の幼児発育の専門家工ルキンドなどの児童心理学者はこれに同意しているそうです。「遊びを通して子どもは学ぶ。だから、遊びがないと、子どもは学習体験を逃すことになる」と彼は言っているのです。

遊びが非常に重要であるなら、十分に遊ばなかった子どもはどうなるのでしょうか?それはだれにもわからないそうですが、多くの心理学者がこのように懸念しています。遊びにはいくらかのリスクが伴うにもかかわらず、遊びが進化していまも残っているのは、生存における利点があるからだろうと考えられます。どんなリスクかというと、たとえば、もし、遊びに熱中して注意深さがなくなり、警戒を怠った動物は、捕食者に襲われる危険があります。「遊びが重要でないなら、このような精巧な形に進化したりはしなかったはずだ」とベコッフは言っています。

実際、遊びは進化的にかなり古いという証拠があるそうです。意識的思考や意思決定などの高次な思考にかかわる大きな脳領域である新皮質を切除されたラットは、それでも普通に遊ぶそうです。このことから、遊びの動機は、哺乳動物が進化する前からあった構造である脳幹に由来すると考えられます。1994年にこの実験を率いたパンクセップは「遊びのための中心的神経回路が脳の非常に古い部分に位置していることを意味している」と説明しているそうです。

もちろん今日の多くの親たちは、子どもたちにとって最良の道だと思うからこそ、子どもたちの自由遊びを削って、親たちが貴重と考える学びの活動をさせているのでしょう。また、母親や父親の中には、大人の監督なしに子どもを外で遊ばせるのをためらう人もいるでしょうし、戦闘ごっこや荒っぽい空想遊びで擦り傷をつくったり骨を折ったりするのを心配する親もいるかもしれないとカナダのレスブリッジ大学の行動神経科学者ペリスは言います。

親が心配するのはあたりまえですが、子どもを保護しすぎるのは「コストを先送りしているだけだ。子どもたちは将来、予測不可能で複雑な世界で、困難に対処しなければならなくなるのだから」とペリスは言います。「社会的な遊びの経験が豊富な子どもは、予測できない社会的な状況に対処できる大人になる可能性が高い」とも言うのです。

親たちは子どもを子どもらしくさせておくべきだと言います。それは単に子ども時代は楽しくあるべきだからというだけでなく、「子どもの束縛のない喜びを否定すると、子どもの好奇心や創造性が伸びないからだ」と、エルキンドは警告しています。

ゾーン遊びの意味

「遊びに対する見方を変えるべきだ。そして遊びを勉強や仕事の正反対に位置するものととらえるのではなく、むしろそれを補うものと考えなければならない」と彼は言います。さらに、「好奇心、想像力、そして創造性は筋肉に似ている。使わなければ、衰えていくだけなのだ」と主張しているのです。

このように、自由遊びには、様々な意味で、様々な分野において大切であることがわかります。この記事の中には、それを補足するコメントが書かれてあります。

この内容のキーコンセプトとして三つに整理されています。

・子ども時代の遊びは、社会的、感情的、知能的発達にきわめて重要だ。

・ゲームや体系的な活動とは全く逆の、空想的で荒っぽい「自由遊び」は必要不可欠な活動だ。

・幼少期に遊ばない子どもや動物は、社会にうまく適応できない不安を抱えた大人になる可能性がある。

また、文章の中に、こんなことが強調されています。

・遊びの創造的側面は、あらかじめ決められたルールに従うよりも、発達中の脳にとってずっとよい刺激になる。

・愚かな破壊行為だなんて、とんでもない。日用品を使って、ふつうとは違った方法で(ときに非常に散らかることはあるが)遊ぶ子どもたちは、創造性を発達させている。

・コミュニケ―ションの方法を身につける:犬が、軽く噛んだり、転げまわったりするのは、仲の良さと楽しさの証拠だと全身で語っている。同じように、遊びは人間の子どもたちにも、うまくコミュニケーションをとるやり方を教える。

・脳の発達に効果:だれか別の人の服装をしたり真似をしたりするのは、心理学者の言う「自由遊び」のひとつだ。系統だっていない空想的な遊びは、脳の発達に最も効果がある。

・問題解決脳力を育てる:多くの子どもたち、とくに男の子は.戦闘ごっこや取っ組み合いが大好きだ。交代で「勝者」になることで、子どもたちはギブ・アンド・ティクなどの社会的スキルを学ぶ。このような戦闘ごっこは、創造性や問題解決能力の発達にも役立つことが示されている。

・言語発達を促す可能性も:ある研究で、積み木で遊んだ子どもは、積み木を持っていない子どもよりも、言語のテストで高い得点を上げることがわかった。その理由は、積み木を持っている子どもは、テレビを見るなどの非生産的な活動をする時間が単に少ないからなのかもしれない。いずれにせよ、その結果、良い効果が生まれたことは確かだ。

これらの考察を見ると、ゾーン遊びはとても意味あるもののようです。ブロックゾーンでは、積み木遊びが展開されています。そこでは、言語発達が促されていくでしょう。制作ゾーンでは、廃材などを使って様々なものを子どもたちは創造していきます。時には非常に散らかることもありますが、創造性を発達させていきます。また、ごっこゾーンでは、別の服装をしたり、真似をしたりしています。その遊びには空想力が必要なため、脳の発達に効果があるでしょう。特に男たちはじゃれ合って遊ぶこともするでしょう。そこからは問題解決能力が育っていきます。異年齢集団の中では、役割を交代することから、子どもたちはギブ・アンド・テイクなどの社会的スキルを学んでいきます。