仲間との遊び

社会的スキルは、仲間と交流して、何が許容され、何が許容されないかを学ぶことで習得するのです。子どもたちは公平さや、交代することを学びます。ペレグリーニはこんな例を出しています。「いつも自分が妖精の女王にならないと気が済まない子には遊び仲間はいなくなってしまいます。子どもたちは遊びをずっと続けたいので、喜んでちょっと我慢して、他の子の願望を満たしてやるのだ」と説明しています。子どもたちはその活動を楽しんでいるため、欲求不満に直面しても、算数の問題が解けないときと違って、簡単にあきらめたりはしません。こうして粘り強さと、交渉能力が育っていくというのです。

まわりと円満にやっていくには、うまくコミュニケーションをとることが必要です。コミュニケーションは、社会的スキルの中でも、ほぼ間違いなく最も価値の高いものです。仲間との遊びは、この点で最も重要です。いくつかの研究で、子ども同士で遊ぶときのほうが、より洗練された言語を使うことがわかっているそうです。例えば、ごっこ遊びでは「実際には存在していないものについて話し合わなければならないので、仲間に自分が言おうとしていることをうまく伝えられるように、込み入った言葉を使わなければならない」とペレグリーニは説明しています。

例えば子どもが仲間に空想上のアイスクリームコーンを手渡しながら、ただ「パニラがいい?それともチョコレート?」と聞いてもだめです。何か手がかりになる言葉を加える必要があるのです。「パニラアイスとチョコアイス、どっちが食べたい?」といった具合にです。ところが相手が大人だと、大人のほうが足りない部分を補ってしまうので、子どもは楽をします。

遊びが子どもの社会化を助けるなら、遊びの不足は社会的発達を妨げるはずです。それを示唆する研究があるそうです。ミシガン州イプシランティの教育研究財団ハイ・スコープ・エデュケーショナル・リサーチ・ファンデーションが1997年に発表した論文によれば、落ちこぼれになる可能性が非常に高い貧しい家庭の子どものうち、遊びを重視する保育園に通った子どもは、絶えず教師によって命令される幼稚園に通った子どもよりも、大きくなってから、より社会的に適応していることが示されました。教師から絶えず指示される幼稚園に通った子どもの1/3以上は、 23歳までに重罪で逮捕されていました。一方、遊びを重視する保育園にいた子どもたちの場合は、逮捕者は1/10に満たなかったのです。

この文章を読んで、これを書いた人のイメージを知って、少し驚きました。もしかしたら訳した人の感覚かもしれませんが。ここで、保育園と幼稚園という施設の使い分けを、教師が絶えず指示する施設として幼稚園、遊びを重視する施設を保育園と言っています。ドイツでは、3歳以上の子がいる施設を幼稚園、3歳以下の子どもたちがいる施設を保育園と訳します。言葉は難しいですね。

しかし、そのイメージは大方のもので、同じ幼稚園でも、遊び重視の幼稚園に通った人のうち大人になってから停職処分を受けたのは7%未満なのに対し、直接教師から命令を受けていた人たちの1/4以上が停職処分を受けていたというデータがあるそうです。