発達中の脳にとって

指導計画の必要性を論じる中で、児童中心保育への移行において、また、白紙論が否定されたことによって世界的に幼児教育における「生活」と「遊び」において指導という言葉が世界的に援助という言葉に入れ替わったことをきちんと捉えなければなりません。

また、脳の機能を拡大するために保育における質の高さが影響するという研究があります。イギリスの研究では、質が高い施設の共通点として、保育者と子どものかかわりに特徴があることがわかりました。その一つが、「保育者の子どもへのかかわりが温かく、応答的である」ことが示されています。この研究を受けてでしょうが、今回の保育指針の中で乳児保育において「愛情豊かに、応答的に行われることが特に必要である。」と明記されています。また、1歳以上3歳未満の保育の中でも「温かく見守るとともに、愛情豊かに、応答的に関わり、適切な援助を行うようにすること。」と明記されています。このように応答的なかかわりが重視されているうえでの指導計画はどうあるべきなのでしょうか?

もう一つ、指導計画の必要性を論じるうえで重要なことに、「自由遊び」の重要性があります。今年の4月に発行された「別冊日経サイエンス232」の中で、「発達中の脳にとって遊びは欠かせない。それも、決められたルールに従うスポーツやゲームではなく、系統だっていない空想的な“自由遊び”が必要だという。大人にとっても、遊びには幸福感や新たなエネルギーを与える効果ある」という特集として「遊びが必要な理由」という記事をサイエンスライターであるM.ウェンナーが紹介しています。それは、子どもにとって、指導計画のない遊びの重要性を説いたものとも捉えることもできるのではないでしょうか?そして、その中では、同時に人とのかかわりの重要性も説いています。

これらの研究が、ドイツのオープン保育を支えているかもしれません。少し、ドイツから離れて、この自由遊びの記事を紹介してみたいと思います。

1966年8月1日、精神科医のブラウンがヒューストンのテキサスメディカルセンター内にあるベイラー医科大学で助教として働きはじめた第1日目のことだったそうです。25歳のチャールズ・ホイットマンはテキサス大学オースティン校のタワーの屋上にのぼり、 46人を銃で撃ったのです。元米国海軍の一級射手で、当時は工学部の学生だったホイットマンが、まさか乱射事件を起こすなどとは、思いもよらないことでした。

プラウンはその事件を調査するため、テキサス州から顧問精神科医に選任されました。またその後も、小規模な試験的研究のために、テキサスで殺人罪で有罪判決を受けた受刑者26人から聞き取り調査を行いました。その結果、ホイットマンを含む殺人者の大部分には共通する特徴があることがわかったのです。彼らは家族から虐待を受け、子どものころに遊んだ経験がなかったのです。

どちらの要素がより重要なのか、その時にはブラウンにはわかりませんでした。しかし以来42年間にわたり、約6000人に幼年期についての話を聞いて集めたデータからわかったのは、子どもの頃、ルールのない、空想力にまかせた遊びをしたことがないと、周囲に適応した幸せな大人に育ちにくいことだったのです。科学者はそうした遊びを「自由遊び」と呼んでいますが、社会の中でうまくやっていき、ストレスに対処し、問題解決策などの知的スキルを身につけるには、そうした自由遊びが極めて重要です。動物行動の研究により、遊びの恩恵が確認され、また、進化的にも重要であることが明らかにされています。根本的に遊びは、人間を含む動物が生き残りと繁殖のためのスキルを身につけるのを助けてくれるのです。