脳の行為の領域を社会化

遊ばないと社会的スキルが身につかないという考えを裏付ける動物実験結果があります。1999年にBehavioural Brain Research誌に発表された研究によれば、ラットを生後4~5週の最もよく遊ぶ発達時期に2週間隔離しておき、その後の他のラットといっしょにすると、同時期に隔離されなかったラットと比べて社会的な活動が非常に少なかったそうです。

また、2002年にDevelopmental psychobiology誌に発表された研究では、幼若時に隔離して育てられた雄のラットは、優位な雄のラットから繰り返し攻撃を受けても、正常な回避行動を示さないことがわかったそうです。遊びの欠如が、こうした社会的問題を引き起こしたのでしょうか?それとも、社会的隔離そのものがいけなかったのでしょうか?

別の研究では遊びが、情動反応と社会的学習にかかわる「高位の」脳領域での神経の発達を促すことが示されているそうです。戦闘ごっこをすると、新しいニューロンの成長を促進する脳由来神経栄養因子(BDNF)というタンパク質がそうした領域で放出されることが2003年に報告されています。

対照群として13匹のラットを3、5日間自由に仲間と遊ばせる一方、同じ期間、別の14匹のラットを1匹ずつ隔離しておきます。ラットの脳を調べたところ、遊ばせたラットの皮質、海馬、偏桃体、橋は、遊ばなかったラットに比べて、はるかに高い濃度のBDNFを含んでいたのです。この論文の共著者であるワシントン州立大学の神経科学者パンクセップは「遊びには脳の行為の領域を社会化する重要な作用があると考えられる」と言っています。

さらに心の健康にも遊びがきわめて重要であることを示す研究結果があるそうです。おそらく、子どもは遊びよって不安やストレスに対処できるようになるのだろうと考えられているのです。1984年にChild Psychology and Psychiatry Journal誌に発表された研究では、 3歳児と4歳児の計74人を対象に、幼稚園の入園初日の不安の度合いを調べたそうです。不安レベルを測る指標として、だだをこねる、めそめそ泣く、懇願するといった子どもたちの行動と、手のひらの汗の量を用いました。研究者の観察に基づき、子どもたちひとりひとりについて、不安状態にあるかないかを評価した後、 74人の子どもを無作為に4つのグループに分けました。

半分の子どもたちは、おもちゃでいっぱいの部屋に連れていかれ、ひとりで、あるいは仲間の子どもたちと15分間遊びました。残り半分は、ひとりまたは複数の子どもといっしょに小さなテープルに座らせ、 15分間、教師が語るお話を聞かせました。

その後、子どもたちの不安レベルを再び評価したのです。すると、もともと不安だった子どものうち、遊んだほうの子どもは、話を聞いた子どもに比べて不安レベルが半分以下に下がったのです。初めから不安を感じていなかった子どもの不安レベルはほぼ同じままだったそうです。興味深いことに、仲間と遊んだ子どもより、ひとりで遊んだ子どものほうが、よりいっそう落ち着いていたそうです。それは、どうしてでしょうか?空想的な遊びを通して、子どもは幻想を築き上げることができ、それが困難な状況に対処するのに役立ったのだろうと研究チームは推測しているそうです。空想的遊びはひとりでいるときに最もうまくできます。

脳の行為の領域を社会化” への6件のコメント

  1. 遊び、って一体何だろう。今回のブログの後半で紹介された、子どもが不安やストレスをどのようなシチュエーションで感じるのか、という実験を興味深く読むことができました。「ひとりまたは複数の子どもといっしょに小さなテープルに座らせ、 15分間、教師が語るお話を聞」く。先生がどんなお話をされたのか気になりますが、話の内容、先生の気分や雰囲気、によってはストレスになるしょうでね。そして次のグループは「おもちゃでいっぱいの部屋に連れていかれ、ひとりで、あるいは仲間の子どもたちと15分間遊びました。」こちらの方は何だか楽しそう。そして案の定「遊んだほうの子どもは、話を聞いた子どもに比べて不安レベルが半分以下に下がった」とありました。まぁ、そうだろうな、と思います。「仲間と遊んだ子どもより、ひとりで遊んだ子どものほうが、よりいっそう落ち着いていたそうです。」これは興味深い、と同時に、私自身にもその傾向が濃厚だなと思いました(笑)。空想的な遊びは、その空想の世界に人的環境も物的空間的環境もあって、実は独りぼっちではない遊びですね。自問自答もそうですね。一人で考えていてもその思考の中に様々な人たちが存在し問答します。独りでいる時も人は独りではいられない。空想と現実の往還の中で私及び私たちは生きている。子どもたちに関係性の環境を保障することが私たちの仕事でしょうね。

  2. 空想遊びは、複数の子ども同士がごっこ遊びをしている姿を想像していましたが、「ひとりでいるときに最もうまくできます」というように、あくまでも個人で空想にひたることでその効力が発揮されるということがわかりました。確かに、複数で空想上の何かを思い浮かべながら遊ぶというのは、深い思考を必要として落ち着くといった雰囲気にはなれないのかもしれません。また、一人で空想に浸る行為が、困難な状況から自分で活路を見いだす上でも役にたつのですね。しかし、その空想も、他者からの受容があってのことなのかなとも思いました。

  3. 教室から見える外の景色をぼーっと眺めるのが好きでした。ただぼーっとしながら、それなのに何か思いついたり、それこそ空想したり、妄想したりしながら授業を受けていました。あの感覚というのは大人になってからも大切であることを改めて知る思いです。空想したり、妄想したりしながら、頭の中を楽しい気持ちでいっぱいにしておくことで、仕事中のパフォーマンスも変わるものなのかもわかりません。それは自分で自分のキゲンをとる、という行為にも繋がる気がして、子どもたちを見習いながら毎日を楽しく過ごしていきたいと思います。

  4. 一人で遊んだ時の方が落ち着くというのは意外でしたが、言われてみれば理解ができるものですね。空想遊びは仲間と共有したり、伝えたりしていくことの難しさであったり、その間に集中が切れ、空想が途切れてしまったりするような気がします。確かに一人の方が上手くいきそうです。一人で空想の世界を作り上げることが不安やストレスを和らげているのだということは、一人で何もしない場所というのも保障の対象になるのだと思いました。

  5. まずは自分が安心して自分のやりたいようにやりたいことをできる空間であるということを認知することが緊張の緩和やその後の精神の安定、集中力の向上に繋がるのでしょう。そしてそれはきっと子供だけでなく大人でも同じようなことが言えると思います。ただ遊ぶにしてもはじめていくカラオケで扱慣れない機械を四苦八苦しながら使うよりも、行きつけのカラオケで慣れた機械を使った方が高得点を取りやすくなるように。

  6. 様々な実験からみえてくるものは、遊びから社会的スキルの獲得という生きていくなかでもっとも必要なスキルだということがわかります。子どものなか、集団であるといつのまにか遊び始める、一方で、保育者が集団に読み聞かせをする、確かに同じ空間には存在していますが、遊びにを共有し合うという点では、後者は、欠けている点があります。遊びを行うなかにも、1人遊びがありますが、その遊びのなかには、近くで同じように遊んでいるのか、集団のなかで遊ぶことによって、周りで遊ぶ姿から学ぶものが繰り返しあることにより、相手との遊びの共有化が見られるようになるのかと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です