氏と育ち

「わたし」をかたちづくる要因には「遺伝」と「環境」があります。遺伝率は双生児の研究などによって統計的に推計可能で、それによって説明できない部分が「環境」です。そして、環境のなかで、お互いを近づけるものを「共有環境」、遠ざけるものを「非共有環境」と呼びます。一卵性双生児でこの関係を示すと、「わたし=遺伝○+共有環境○+非共有環境×」ということになります。

ここで○はお互いを近づける力、×は遠ざける力です。人格形成においてこれ以外の要素がないという意味で、「遺伝」「共有環境」「非共有環境」の3つが「わたし」をつくっているということになるのです。これは定義の問題で、「わたし」から「遺伝」を引いたものが「環境」、「環境」から「共有環境」を引いたものが「非共有環境」です。

双生児研究によれば性格の遺伝率は35~50%で、「氏が半分、育ちが半分」という諺の正しさを示しているように思えます。一卵性双生児は遺伝子が同じで、同じ家庭で育てられたのですから、とてもよく似ているのです。遺伝子が同じで、同じ家庭で育てられたというのは、遺伝と環境を共有しているということです。

これはわかりやすい理屈ですが、しかし、双生児の研究が進むと大きな壁に突き当たっ

たのです。それは、生まれてすぐに文化や宗教、しつけの方法がまったく異なる外国に養子に出された一卵性双生児も、同じ家庭で育ったのと同様にとてもよく似ているのです。遺伝率50%とは、残りの半分は環境で決まるということです。しかし、彼らは家庭環境を共有していないのですから、彼らがよく似ているのは「家庭以外の環境」の影響だと考えるほかはないのです。これはいったいどう言うことでしょうか。これがハリスの問いだったと橘氏は言っているのです。そこから橘氏はハリスの「育児の大誤解」の本の中からハリスの主張を引用しています。ですから、私が何日にもわたってこの本の紹介をしている部分と重なりますが、橘氏はその中でどの部分が言ってはいけない真実だと挙げているのでしょうか?

まず、移民の子どもたちが流ちょうに英語を話していることに対してハリスが不思議に思ったことを挙げています。これは実は、行動遺伝学の見地から見ても奇妙なことなのです。子どもは親から母語を学びます。そのため言語性知能の遺伝率は他の知能に比べて際立って低く、14%だそうです。それに対して共有環境の影響は58%と極めて高いのです。それに対して、論理的推論能力などほかの知能には共有環境の影響は見られないそうです。

それにもかかわらず、移民Ⅰ世の子どもたちは、ごく自然に英語を話すようになり、母語での読み書きを忘れ、親との会話にも英語を使うようになるそうです。そして、これはアメリカだけの現象ではないのです。在日韓国・朝鮮人の家庭を何度か訪れたことがあるそうですが、子どもが日本の学校に通っていた場合、親が母語で話しかけても子どもは日本語で対応していたそうです。

学校では英語(日本語)で授業が行なわれるのですから、こんなことは当たり前だと思うかもしれませんが、移民の子どもたちは、就学前から現地の言葉を話すようになるのです。本当に教育の影響だけなのでしょうか。