市井の研究者

「言ってはいけない―残酷すぎる真実」(新潮社)という本の中で著者の橘 玲氏は、小タイトルを13章に分けて書いています。その最後の2章分は、ジュディス・リッチ・ハリスの理論にについて書いています。彼は、実はこの本の前に幻冬舎から出版された「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」の中でもハリスの記述を引用しているそうです。彼はそれに関してこう述べています。

「これは“わたしはなぜ「わたし」になったのか”という問いを考えるうえで、市井の研究者である(そのための専門家のあいだでじゅうぶん評価されているとは言えない)ハリスの集団社会化論は繰り返し紹介する意義があると考えたからです。」

その動機は別として、私ももっとハリスの考えを親の育児に対してだけでなく保育に影響をさせていくべきだと考えています。

橘氏は、まずハリスのおかれた境遇について紹介しています。

ハリスは在野の心理学者であるという紹介をしています。彼女がどうしてそのような立場であるかというと、彼女がハーヴァード大学で心理学の修士号まで取得したものの博士課程で落とされ、研究者の道を絶たれたからだと言います。これは、私が紹介したことですが、その後の人生をこのように紹介しています。そのうえ彼女は39歳の時自己免疫疾患の難病を発症し、それ以来ずっと闘病生活を続けてきたのです。ほとんどは自宅で過ごし、月に何回か近所の図書館まで歩くのがやっとだったそうです。

そのうえ彼女は歳のときに自己免疫疾患の難病を発症し、それ以来ずっと闘病生活

を続けてきた。ほとんどは自宅で過ごし、月に何回か近所の図書館まで歩くのがやっと

だったそうです。しかしハリスは、研究の夢を諦められなかったそうです。病気のため心理学の実験を行なうことも、学会に出席することもできませんでしたが、彼女には、当時、誕生したばかりのインターネットがあったのです。

自宅でさまざまな学術論文に目を通し、研究者たちにEメールで質問します。そんな自

己流の「研究」をつづけていたハリスが興味を持ったのか、「非共有環境」の謎だったのです。

ここで、橘氏は行動遺伝学の用語である「共有環境」について説明をしています。知能や性格、行動など「わたし」をかたちづくる要因には「遺伝」と「環境」があります。遺伝率は双生児の研究などによって統計的に推計可能で、それによって説明できない部分が「環境」なのです。兄弟姉妹にも、似ているところと似ていないところがあります。これは、環境のなかにお互いを近づけるものと遠ざけるものがあるからです。これを「共有環境」「非共有環境」と呼びます。

兄弟姉妹で言葉づかいが似ているのは、遺伝の影響に加えて同じ家庭で育ったからです。

これが共有環境の影響で、一般には子育てのことをいうそうです。しかし、同じ家庭で育った一卵性双生児でも、見分けがつかないくらいそっくりになることはありません。どんな子どもでもすべての環境を共有するわけではないからです。