転換点

最後に、ハリスは、研究者たちは次に述べる重大な違いを認識するべきだと言います。

・集団からの受容と、その集団内での地位は違うものです。

・集団からの受容と集団内での地位は、友情とも異なります。かろうじて集団に受けいれられている子どもでも、また集団内での人気度が低い子どもでもしっかりとした友情に結ばれていることがあります。

・集団に属することで分化にも同化にもつながります。社会化は同化がもたらしたものであり、一方、個人の性格は主に分化によって形成されます。

ジュディス・リッチ・ハリスは、「子育ての大誤解」という書物の中で、主に社会化を取り上げています。それは、社会化はたしかに重要だからです。しかし、それでもまだ全体の半分にすぎないと言うのです。

このハリスの考え方は、最初は随分と迫害にあったそうです。Wikipediaによると、ハーバード大学の心理学部長ジョージ・ミラーは、1960年にハリスの「独創性と独立性」がハーバードの基準に合わないとして、ハリスを博士課程から除籍したのです。しかし、1995年にこの理論は、基礎心理学における傑出した著作としてアメリカ心理学会からジョージ・ミラー賞を受賞する論文の基盤となったそうです。この賞は、皮肉にもハリスをハーバードから除籍したジョージ・ミラーの業績をたたえて作られた賞なのです。その後、彼女の理論は、心理学に様々な波紋を広げ、スティーブン・ピンカーはハリスの考え方を記した「子育ての大誤解」が「心理学史において転換点と見なされるようになるだろう」と予測しているそうです。

ハリスは子どもの発達について、家族よりも子ども集団に焦点を当てた新しい理論を提唱しただけでなく、私には様々なことにいろいろと示唆を与えてくれます。たとえば、多くの心理学の研究は、実践室内での子ども観察で行われることが多いのですが、ハリスは、実験室のような非日常な環境は、集団社会化説に基づく予測を検証するには好ましい設定ではないと言っているのです。さらに、実験室内は、非日常的環境というだけでなく、多くの子どもは子ども集団の中での行動に意味があるのです。それは、その研究は、大人になった時に社会の中で生活するためのスキルを研究するものですから。ハリスがスキナー派のハトとの研究の時に指摘したように、人間は、社会の中で、集団で生活する種ですから。

また、仲間集団内での分化による長期的な影響を研究しようとする場合でも、こんなことを指摘しています。「小中高で同級生の中でも年長だった人と年少だった人との間には性格上の違いがみられるはずだと言うのです。多くの州では幼稚園人園の際に生年月日が区切られますが、それにより一番の年長児と年少児の間では一年近い差ができます。」ここでは、生年月日で区切られることに疑問を持っています。

「育児の大誤解」の著作を翻訳した石田理恵は、あとがきでこんな紹介をしています。

2016年に出版された「行ってはいけない―残酷すぎる事実」(新潮新書)の帯封には、「遺伝、見た目、教育に関わる“不愉快な現実”」と書かれてあります。この本の中に、ハリスの主張が2章にもわたって取り上げられているそうです。それは、内容が斬新的というだけでなく、時期も問題だとしています。「子育ての大誤解」が出版されたのは1998年、日本で翻訳出版されたのが2000年という年月から16年余りのちになってセンセーショナル的に取り上げられているからです。