仲間集団内での分化

学童期の女子はもともと一人二人で遊ぶことを好みますが、日常的に集団で一緒に行動することがなくてもある社会的カテゴリーの一員として自覚することができます。友達はそれぞれの行動に相互に影響しあいますが、その効果は長続きしないと言うのです。集団社会化説によると、友情は他の人間関係同様、長期的な影響を及ぼすものではないというのです。

ハリスは、おそらく自分が犯した過ちは、二つの説が実際には二つに分かれているところを、あたかも一つの説のような印象を与えてしまったことだと言います。一つ目の説は社会化を取り上げ、それは集団への帰属と同化によって果たされるという説のことです。二つ目の説は性格の形成についてです。それは集団内での分化によるところが大きいという説です。一つ目の説については、証拠も十分揃っていると言います。キンダーマンの研究、ロバーズ・ケイヴの実験、ビーバーその他による同級生の行動が及ぼす影響についての研究などです。しかし、この説についてはまだまだ裏付けが足りないと言います。

幼少期から思春期にかけて仲聞うちで地位が高かった子どもは、大人になると程度の差こそあれ、自身に満ちた性格になるとハリスは考えているようです。仲間集団内での地位は、仲間からの受容とは異なると考えています。それは同時に同級生から好かれるか嫌われるかとも違うと言います。発達心理学者たちはこれまで子どもたちの「人気」「不人気」について、相当な量のデータを集めてきているそうです。しかしそのほとんどはハリスの学説を検証するためには使えないと言います。なぜならその多くで使用された質間項目では「人気」のもつ様々な意味を区別することができないからだと言うのです。攻撃的な子どもは嫌われるかもしれませんが、地位が高い子どももいます。大学生を対象とした研究では集団からの受容と集団内の地位には大きな違いがあることがわかっているそうです。

仲間集団内での分化による長期的な影響を裏付けるもっとも有力な証拠は、以前ハリスが紹介したメアリー・コーバー・ジョーンズが実施したかなり古くて小規模な研究だと言います。ジョーンズは思春期の男の子について、年齢のわりには身長の低い子と高い子を比較し、その結果、両者に性格的なちがいを見いだしたのです。その性格の相違点はその後15年が経過し、成長の遅かった子どもたちも身長では追いついた後でも、まだ残っていたそうです。思春期に身長が低かった子どもたちは相変わらず自信なさげで、ゆとりが感じられなかったそうです。思春期に身長が高かった子どもたちはキャリアを構築するにあたり、官公庁などでかなりの要職に就く可能性が高いそうです。背が高く、大人っぽいティーンエイジの男子は仲間内では地位が高いのです。

1957年に発表されたジョーンズの研究はまだまだ繰り返し検証される必要がありますが、最近実施された研究を行なったのは心理学者ではなく経済学者だったそうですが、その研究では間接的にですがジョーンズの結果を支持しているそうです。経済学者が調べようとしていたのは、なぜ身長の高い男性は低い男性よりも高給取りなのか、という点です。大人になっても身長が高い人はおおむね思春期から背が高いのですが、思春期と成長後の身長の相関は完全ではありません。経済学者たちは統計学上、思春期での身長の高さによる効果と大人としても身長が高いことによる効果を区別することに成功したのです。その結果、大人として得る給料を大きく左右するのは大人になってからの身長ではなく、思春期当時の背の高さだったのです。