家庭環境

12年を費やした研究をまとめた本が2000年に出版されました。この研究の調査対象は、みな両親の揃った安定した家庭で育てられたきょうだいですが、中には親が再婚した継きょうだいもいたそうです。さらには一卵性、二卵性双生児も含まれていました。このように研究を構成したことにより、研究者たちは今回測定の対象となった行動や特徴についてその遺伝子による影響を考察することが十分可能となったのでした。対象とした行動や特徴には反社会的活動、社会性、勤勉さ、自尊心、自立心、鬱症状等などが含まれていました。研究者たちはそれらの評価を複数の評価者から収集したのです。母親、父親、被験者自身、そして熟練した観察者たちも皆、評価を下しました。評価の平均値がとられましたが、この研究の場合、それは問題になりません。なぜなら親も子も、評価される行動や特徴はどれも家庭でのものだからです。家庭内の評価と学校での評価を一緒くたにしたわけではないのです。

この研究の目的は、以前ハリスが「いずれでもない」と述べた事象、すなわちきょうだい間の性格上の違いは遺伝子でも共有する家庭環境でも説明がつかないことを検証することだったのです。研究者たちは家庭内のわずかな環境の違い、親の子どもへの姿勢の違いなどからきょうだい間の違いを説明できるのではないかと考えていました。

たしかに親の子どもへの姿勢に違いはありました。だがそれできょうだい間の違いを説明できるわけではないのです。年齢の異なるきょうだいは、置かれている環境や条件が違いますが、そのきょうだい間の関係についても説明はつきません。「この壮大な12年にも及ぶ研究が遺伝子でもない、共有する因子でもないなにかを見つけるために設計されたことを踏まえると、十分な結果を得ることができなかったのは、残念ではあったが、むしろ気持ちが昂ぶった」とレイスは語っているそうです。

レイスにとって残念だったかもしれませんが、ハリスにとっては違っていました。この研究は重大な結果を導き出したと考えたのでした。親の姿勢の違いは、子どもの行動への反応であることがわかったのです。きょうだいでも同じようには行動しません。それはある部分は遺伝的な違いによるものですが、親はその遺伝的な違いが表出した状態に反応していたのです。

きょうだい間にみられる遺伝子以外の違いについては「十分な結果を得ることができなかった」のは仕方ありません。研究者たちが測定したいずれの事象も遺伝子以外の違いで説明できるものではありませんでした。研究者の一人、ロバート・プロミンは後にこれらの違いの原因を家族内だけで探したのが間違いだったと後悔したそうです。プロミンは、「ハリスが1998年に痛烈に主張したように、家族の外にも目を向けて、結果なしという事態を避けるべきだった。と述べています。

少なくとも研究に費やした労力と時間のすべてが無駄になったわけではありません。この壮大で、丁寧に実施された研究では子どもから親への影響を示すもっとも明確な証拠を得ることができたのです。子ども二人に対して、親がそれぞれ別の扱い方をするのは、子どもたちがそれぞれ違うからなのです。とはいえ、その違いは一般的に言うところの遺伝子による影響とは限らないのです。親は年少の子を年長の子と同じように扱うわけではありません。病弱な子を健康な子と同じように扱うことはしません。一卵性双生児であっても親は別々に扱うこともあります。二人は同じ遺伝子を持っているはずなのにです。少なくとも2008年まではそう考えられてきました。この年、学術誌アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティックス上で、一卵性双生児においてもわすかな遺伝子の相違があるという研究が発表されたのです。