親の目、教師の目

ディーター‐デッカードとプロミンの研究同様、アヴシャロム・カスピとテリー・モフィットが中心となって実施した二つの研究も母親と教師がデータを提供しています。父親の在不在、反社会的活動についても、子どもが虐待されているか否かも、すべて母親が回答しています。母親はまた子どもの日ごろの素行に関する問題や反社会的活動を評価するアンケート用紙も記入しました。教師も同様のアンケート用紙を記入しました。しかしここで研究者たちが二つのアンケートをどのように処理したのかに注目してもらいたいとハリスは言います。母親と教師による子どもたちの反社会的活動に関する報告は合算され、まとめて一つの反社会的活動スコアとして扱ったのです。

研究者たちは母親と教師による報告を別々に表示するのではなく、一つにまとめてしまったそうです。そのため、発表された報告書からは、不適切な活動に従事する父親の存在もしくは家庭内での身体的虐待が家庭内での子どもの行動に影響を及ぼしたのか、それとも学校での行動にも影響したのか、知る由もありません。それどころか、子どもの家庭内での行動についても疑わしいのです。というのも、その情報は、父親の反社会的な活動に関する情報と、子どもの過去の虐待に関する情報の提供者と同じ人物から得られたものだからです。二つの異なる質問に同一人物が回答した場合、ほとんどの場合、二つの回答の間に相関関係が見られます。この反応の偏向について以前ハリスは論じています。教師の回答に加えてもなんら解決にはならないと言います。もし教師による回答が学校での行動になんら悪影響を与えていないことを示していても、母親の回答と合算されていては、その結果を見出すことはできるなくなるからです。研究者たちはこの重大な欠陥を弁明するつもりで、一つの研究では教師と母親の評価の間に相関関係が認められたと発表したそうです。その相関関係は、五歳児で0.29、七歳児で0.38だったそうです。しかし、こうしたささやかな相関関係は、単に評価対象となった行動に及ぼした遺伝子の影響かもしれません。子ともが持つ素因遺伝子によるもので、それらは家庭から学校へ、またその逆へと継承されるものだとハリスは考えています。ディーター‐デッカードとプロミンの研究ではこの点は問題になりませんでした。なぜならきょうだい間では素因遺伝子が異なるとは考えられないからだそうです。

2000年に出版されたとても重要な本があるそうです。12年を費やした研究をまとめた一冊です。その研究を行なったのが、家族療法を専門とする精神科医であるディヴィッド・レイスと、行動遺伝学者であるジャネイ・ナイダーヒーサーと、発達心理学者であるE・メイビス・ヘザーリントン、そして行動遣伝学者であるロバート・プロミンだそうです。対象となったのは、10歳から18歳までのきょうだい720組です。彼らはみな両親の揃った安定した家庭で育てられたきょうだいですが、中には親が再婚した継きょうだいもいたそうです。さらには一卵性、二卵性双生児も含まれていました。すなわち被験者同士で共有する遺伝子の割合は一卵性双生児の場合の100パーセントから継きょうだいの場合のゼロまでということになります。