三つの説

様々な分野で様々の研究がされています。よくエビデンスが大切であると言われます。エビデンスとは、もともとは証拠・根拠、証言、形跡などを意味する英単語に由来する、外来の日本語です。それは、様々な分野でも使われることが多いのですが、主に医学や保健医療に使われることが多いようです。それは、医療行為において治療法を選択する場合、患者の命にかかわる問題であり、治療を施したり、投薬する場合などはできるだけリスクを避けるために、確率的な情報として、少しでも多くの患者にとって安全で効果のある治療方法を選ぶことが必要だかです。また、研究には、より客観性を持ち、数量的にも豊富なデータが必要だとも言われます。しかし、それは、多くは科学的な研究の際であり、人の存在や生き方などに関するものは、哲学に近いものが必要になると思います。ですから、答えは一つとは限らず、また、仮説を立てることが必要になります。

ハリスは、様々な他人からの批判や否定に屈せず、新しい考え方を発表しました。それは、児童発達に関する仮説を検証したものでした。この児童発達において、特に三つの説を述べています。第一の説は子どもの既格形成に親は完全にあるいはほとんど無力ということです。子どもはその性格と行動が親と似ることはありますが、その理由は二つあるとハリスは言います。一つは親から遺伝子を受け継ぐため、もう一つが両者は通常同じ文化あるいはサブカルチャーに属するからだと言うのです。

第二の説は子どもたちが社会化を果たし、性格が形成されるのは、家庭の外での経験、すなわち仲間と共有する環境の中だということです。

第三の説は一般化に関することです。一般化とは、ある刺激に対して条件反射が形成されると類似した刺激に対しても同様の反応をもたらすことをいいます。心理学者たちは長年、人の行動パターンはそれに伴う感情とともに、ある社会的状況から別の社会的状況にいとも簡単に継承されるものだと信じてきたそうです。第三の説によればその思い込みは間違っているとハリスは言うのです。異なる社会的状況においてどこか似た行動をとるのは、その多くの場合、遺伝的要因によるものだと言うのです。遺伝子はどこまでもついてきますが、親きょうだい間で身につけた行動は親きょうだい間でだけ有効だと言うのです。子どもたちは過去の社会的状況で学んだ行動パターンを引きずりながら新しい状況に向かうわけではないと言うのです。現状に即した新しい行動パターンを身につける準備はしっかりできているのです。

ハリスの考えはこれまで何度も要約されてきましたが、この第三の説に言及されたことはほとんどなかったそうです。しかしハリスにとってはこの第三の説こそが、最も重要な仮説だと言うのです。メディアではハリスの考えは次の八文字に集約されているそうです。それは、「親は重要ではない」というものです。もちろん親は重要であることは間違いありません。それは、ハリスも強く主張するところです。しかし、どこで、どのように重要なのか。「どこで」への回答につながるのがこの第三の説だと言うのです。親が重要な場面というのは「家庭」です。そして「どのように」への回答が人との関係だと言うのです。人とのかかわりがあらゆる人間にとって重要なのだということを主張しているのです。