知能への影響

今日の西洋社会では、もはや長子相続制は死に絶え、子どもたちがきょうだいと過ごすのは、ほぼ家庭内だけに限られるようになっているようです。家庭の外では、子どもたちは同年代の仲間とともに過ごすのです。家庭では兄の支配下におかれる弟も、仲間集団では優勢な地位に就く場合があります。きょうだい関係で育まれた行動様式は、移民の子どもにとっての親の言語と同様、玄関から出るときには家に置き去られてしまうのです。

おそらく長子相続制の時代には、出生順位による影響も実在していたのだとハリスは思っているようです。サロウェイの本に登場する歴史的データはそのように解釈できるのかもしれないと言います。性格に関する有効な測定値をを対象とした最近の研究では、出生順位による影響は認められていませんし、とるに足りないものであるとの結果が得られているのです。カー・ショーラーは自身の論文を「出生順位による影響―今ここには存在しない!」と題したそうですが、それは正しい判断だったとハリスは言うのです。

では知能への出生順位による影響はあるのでしょうか。IQにおいては第一子が優勢であるという主張が周期的に発表され、その都度注目を浴びてきました。しかしハリスはまだ納得できないと言います。もし第一子が実際により賢いのであれば、学業成績は第二子以降より良いはずですが、実際にはそうではありませんし、大学進学率が高いわけでもないのです。幸いにも、この特定の論争がどう決着しても、ハリスは、自分にとってはなんら得にも損にもならないと言うのです。ハリスの仮説は性格と社会的行動に関するもので、IQについては語っていません。性格が出生順位による影響を受けることはないのです。なぜなら家庭内で身につけた行動パターンは一度家からできると無効になるからです。対照的に、家庭内で身につけた事実情報および認知能力はどこにいっても役に立つのです。

ハリスは再度「性格と出生順位」について述べています。よほどその時にその議論がまことしやかに語られていることに対してハリスは憤り、順にきちんとその反対理論を説明していったのです。これは、その関係性についての是非論だけでなく、多く語られていることに対する再考の必要性と、言い伝えの危うさというものを教えてくれている気がします。育児論については、何度か新しい考えが提示されてきました。そして、それが、流行かのように広まったものもありました。しかも、それは新しい考え方でもあるにもかかわらず、昔からそうだった、ずっとそうだったという言い方で、あたかもそれが真理のような言い方をするものもあります。

そんな時に私に教えてくれたのは、著名な研究者の研究でもなければ、過去の偉大な研究者でもなく、子ども自身の姿でした。私は、ハリスと違って、過去の研究を再考するというよりも、子どもの姿をじっと眺めることにしたのです。そして、職員からの子どもの姿の報告を検討することにしたのです。そこでは、常識と言われているものにも、刷り込まれているものにも惑わされず、子どもの姿を観察することにしたのです。そして、そこで感じたことを、他の現場の園長、職員に話してみたのです。すると、実践をきちんとしていた人たちから共感されたのです。

ハリスも、様々な他人からの批判や否定に屈せず、新しい考え方を発表しました。それは、児童発達に関する仮説を検証したものでした。