再分析

サロウェイの性格への出生順位による影響に関する考え方はあまりにもその論点をエルンストとアングストの大規模調査の再分析に頼っているにもかかわらず、《サイエンス》誌の書評でその再分析を繰り返すことができなかったと指摘されたことは重大な事態であると受けとめられたそうです。そこでハリスがふたたびその再分析を試みることにしたそうです。

「社会的地位およびきょうだい数を統制していない出生順位調査の結果を除外するとなると、196の統制ずみ調査がエルンストとアングストの調査に残ることになり、12万800名もの被験者がかかわっていたことになる」とサロウェイは『反逆者に生まれて』の中で述べています。これら196の研究のうち、72が彼の説である、第一子はそれ以降の子どもたちよりも従順て、因襲にこだわり、達成志向が強く、貴任感があり、人を敵対視しやすく、嫉妬深く、神経質で、独断的であるという説を支持するものです。彼の説に反する結果が見いだされたのは14調査、残る110は出生順位に基づく有意な違いが認められなかったものだそうです。これらの結果は『反逆者に生まれて』の表四にまとめられているそうです。サロウェイの統計計算によると、こうした結果が偶然現われる可能性は10億の二乗分の一だといいます。

ハリスはまずエルンストとアングストの出生順位と性格に関する章をくまなく調べ、サロウェイが見つけた196もの統制ずみ調査を見つけだすことからはじめたそうです。エルンストとアングストの提供した本文や表に二度目を通したそうですが、179しか発見できなかったそうです。サロウェイの説が間違いだとする調査が13、さらには差はないとする調査109はサロウェイとほぼ同数発見することができましたが、彼の説を立証する調査については彼の探し出した数よりも20少なかったのです。またいずれにも分類できないものも五つあったそうです。

エルンストとアングストの論文から抽出したデータをデータベースに入力し、著者名ごとに分類してみると謎はさらに深まったそうです。ハリスの発見できた179の調査のうち、いくつかは何度もエルンストとアングストの大規模調査に登場していたのです。ある調査が性格に関する複数の異なる設問に関連している場合、エルンストとアングストはその都度その調査に言及していますた。重複を避けるために、同じ資料に同じ著者名で掲載された結果、もしくは同じ被験者相手に行なわれた追跡調査による結果をひとまとめにすると、調査数は116と減少したのです。

ハリスがサロウェイの表四の下に記載された文章に気づいたのはそのときだったそうです。「報告されている結果はそれぞれが一つの調査研究から得られたものとする」と。フランク・サロウェイと意見を交換する中で、彼はハリスがもっと早くその文章の存在に気づかなかったこと、その意味をすぐ理解できなかったことを咎めましたが、《サイエンス》誌の批評家も同じようにこの“調査研究”の異例な使われ方に困惑したはずだとハリスは言います。サロウェイは次の版でその点をより明確にすることを約東してくれたそうです。要は、一つの調査から複数の結果を、実際にハリスがエルンストとアングストの章で見いだすことのできた結果数よりも多くの結果を、導き出すことができるということなのです。