反社会的ライフスタイル

「子どもたちの自制心の養成に親はどれだけ重要か」という研究で、子どもの自制心を育てるのに、親は重要ではないということははっきりしましたが、では、何が重要なのかという検証で、まずは遺伝子が挙げられました。ではほかには何があるのでしょうか。ここまでの検証を読み進めていく中で、どのような見解が出されるのか私は少し心配しました。と言うのは、私は、自制心の養成には、他の子どもの存在が影響をしているのではないかと主張してきたからです。人類は、協同育児をされてくる中で、子ども集団において、他の子どもの存在を知り、その他者の意図を理解することによって、自制心の一部が培われてくるのだと思っています。この研究では、どのような結果がだされるのでしょうか?

ビーバーの研究グループの対象は、赤ちゃんではなく、もう少し年齢の上の子に対する研究ですが、出した結論は、子どもの行動を予測するものとして他を圧倒したのが、教室内の他の子どもたちの行動だったのです。皆が知っていることだとことわっていますが、問題のある家庭のティーンエイジャーはビーバー及びライトが言うところの「反社会的ライフスタイル」に陥りやすいのです。研究グループは三つ目の研究でこの関連性を検証したそうです。最初に結論から言うと、家族がいかに機能しているのか、すなわちティーンエイジャーのつきあい関係をきちんと把握しているのか、家庭に父親は健在か、両親(両親が揃っていればの話ですが)のしつけに関する考え方は一致しているのか、家の中がきちんと片付けられているか、それともごみ屋敷のようなのかは、ティーンエイジャーが反社会的ライフスタイルに関わるようになるのか否かには「ほとんど影響しない」という結果が出たそうです。「ところが」と研究者たちは続けています。「思春期の子どもたちが反社会的ライフスタイルに傾倒すると、家族の機能に悪影響を及ぼす」のです。すなわち、反社会的なティーンエイジャーと機能不全家族との間の相関関係は子どもから親への影響なのです。

最後の研究ではティーンエイジャーの反社会的仲間集団への帰属意識を検証したそうです。反社会的な仲間は子どもに悪影響を与えます。これを疑う人はいません。しかし犯罪学者および発達心理学者の多くは正しい子育てをすれば悪い仲間に引きずり込まれずに済むと信じていると言うのです。ライト、ビーバーそして同僚たちが最後の研究で検証したのがこの考えだそうです。この研究では双子を被験者とする発達遺伝学の方法論を導人し、思春期の子どもたちの反社会的仲間集団への帰属における遺伝的関与を測定したのです。このような仲間集団への帰属に関しては遺伝子が大きく関与していましたが、親の子育て習慣の影響は確認できなかったのです。親の姿勢、それが双子に共通するものであっても、それぞれに異なるものであっても、双子の仲間への帰属意識および反社会的行動への傾倒を説明するには至らなかったそうです。

ティーンエイジャーがどのような仲間集団に属することになるのか、そこに遺伝子はどのように影響するのか。あくまでも間接的な影響だろうとハリスは考えています。遺伝子はまず子どもの性格、知性、才能に影響を及ぼすはずです。知性豊かで誠実になる遺伝子素因をもっている子どもは、学業を重視する仲間集団に入る可能性が高いのです。一方で危険を好み、刺激を求める遺伝子素因がある子どもは親が好ましく思わない仲間集団の一員になる可能性が高いのです。「類は友を呼ぶというように、攻撃的なティーンエイジャーや、刺激的で危険をともなうことに惹かれる者たちは、自分の同類を見つけだします。そのような性格特性は部分的には遺伝的なものであるため、自分と同類の者を見つけようとする者はある意味で自分と同じような遺伝子をもつ人を探していることになる」のです。

反社会的ライフスタイル” への6件のコメント

  1. 類は友を呼ぶというのは、自ら他者を「呼ぶ」のではなく、むしろ自ら向かう、探すという遺伝子の影響による行動パターンであるということなのですね。自分でも、なんとなく自分と波長が合うであろう人物を探してしまうのは、自分の中にあるそのような気質や性格、才能、知性という遺伝子の赴くままの行動であり、そのような集団でこそ自分の居場所を確保しやすいということなのかなと面白いました。たとえ親がそれを望まなかったとしても、子ども自身で操作できることでもなく、親の影響もほとんどないというのも加わり、子育ては「なるようになる」でしかないのかなと感じました。

  2. 金持ち喧嘩せず、短気は損気、そのような言葉を親から教わったかどうか、それを本心から教えたところで、短気な子は短気であるし、また、その子はその子の人生の中でゆっくりとその子にとって必要な学びを得ていくのだろうと思います。その学びとは、人間関係の中にあるものだと思うと、仲間や集団、他者があって、その中で学んでいけるものだということがわかります。親から教わったことが活きる、というよりは、教わろうが教わらなかろうが、人間関係の中で学んでいく、ということでしょう。親は無力ですが、ゆっくりと学んでいく子どもの相談相手であったり、良き理解者であったり、励ましてくれる存在であったり、したいものだと思いました。

  3. 前回に引き続き、子どもが親に影響を与える、このことに改めて気づかされるのです。子どもが真面目にがんばっていると親はそのがんばりに寄り添おうと一生懸命になると思うのです。わが子が小学生の高学年から中高生と経るに従って、良い意味の自己主張をします。これが私たち親の刺激になり、ますますがんばろう、と思うのです。わが子が生まれた頃、この子のために自分の一生を使い尽くすと覚悟しました。以後、箱入り息子で育てましたが、親の心子知らず、という極めて当たり前の状況に遭遇します。そう、子は親のことなど意に介さず、わが道をひたすら歩むのです。親の私たちは反面教師。その逞しさが刺激的で、生きがいを息子から頂いているのです。さて、「類は友を呼ぶ」。まさにこれは本当で、引き寄せの法則によって惹きつけたり惹きつけられたりします。おかげさまで、私はよき人々に引き寄せられて日々を嬉しく過ごしています。私も良き人々を引き寄せられるよう精進したいと思うのです。

  4. 昔なにかで、恋人には本能的に五感で自分とは異なる遺伝子を持つ者を探し選ぶ、というのを目にした記憶がありますが、集団や仲間はその反対で自分と似た遺伝子を持つ者を選ぶのでしょうか。しかしそれはすなわちパートナー選びのライバルを増やすことにもなりうるのでしょうが、それ以上のメリットがあるということでしょうか。それとも反社会的な行動を好むものに限った話なのでしょうか。仲間選びというその子の一生を決める選択がどのように行われているのかとても気になります。

  5. 反社会的ライフスタイル

    〝反社会的なティーンエイジャーと機能不全家族との間の相関関係は子どもから親への影響なのです〟という部分に単純に驚きました。子どもの影響の大きさが理解できます。ということは、反対に子どもに反社会的なことから脱却して欲しいのならば、機能不全家族にならないように努めればいいのでしょうか。これから息子たちが突入していくであろう思春期への備えまでこの臥竜塾でさせていただいてます。

  6. 「思春期の子どもたちが反社会的ライフスタイルに傾倒すると、家族の機能に悪影響を及ぼす」まさに親が子どもに影響を及ぼすというより子どものほうが親に影響を及ぼすということがこの例を見ていてもよくわかります。そのため、親は「正しい子育てをすれば悪い仲間に引きずり込まれずにすむ」ということを信じたくなるのは自然だと思います。しかし、実際のところは遺伝子が大きく関わっているのですね。「性格特性は部分的には遺伝的なものであるため、自分と同類の者を見つけようとする者はある意味で自分と同じような遺伝子をもつ人を探していること」というのを見ると、何かそこに人間としての意味があるのでしょうか。必要とされている遺伝子だからこそ、今なお人の社会においても重要な意味としての遺伝子を残しているのでしょうか。それはいったいどういった意味があるのかとても気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です