友だち関係

子どもはみんな、友だちグループのなかで目立てるように、自分が得意なことをやろうとします。それはスポーツだったり、歌や踊りだったり、勉強だったりするかもしれませんが、そうした才能は遺伝の影響を強く受けていると言います。

しかしハリスは、こうしたことを言うからといってから遺伝決定論ではないと言います。子どもの成長には「友だち」が決定的な影響を与えると繰り返し強調しているのですから。

複雑系では、わずかな初期値のちがいが結果に大きく影響します。「プラジルで蝶が羽ばたくとテキサスで竜巻が起こる」のがバタフライ効果だそうですが、人格形成期の遺伝と環境の関係もそのひとつだというのです。

スポーツが得意でも、友だちグループのなかに自分よりずっと野球の上手い子がいれは、別の竸技(サッカーやテニス)が好きになるでしょう。たいして歌が上手くなくても、友だちにいつもほめられていれば、歌手を目指すようになるかもしれません。最初はわずかな遺伝的適性の差しかないとしても、友だち関係のなかでそのちがいが増幅され、ちょっとした偶然で子どもの人生の経路は大きく分かれていくというのです。

小さな子どものいる親は、「子育ては子どもの人格形成にほとんど影響を与えない」というハリスの集団社会化論を受け入れ難いかもしれないと橘は言います。しかし自分の子ども時代を振り返れば、親の説教より友だちとの約東のほうがずっと大事だったことを思い出すのではないだろうかと言います。

このことをわかりやすく示すために、ハリスは乳児期に離れ離れになった一卵性双生児の姉妹を例に挙げているのを橘は紹介しています。私は、この例もある意味で衝撃だったために、記憶に残っています。

2人の遺伝子はまったく同じですが、成年になったとき、1人はプロのピアニストになり、もう1人は音符すら読めなかったというものです。養母の1人は家でピアノ教室を開いている音楽教師で、もう一方の親は音楽とはまったく縁がなかったと聞くと、それは当たり前の話だと思うでしょうが、実は、子どもをピアニストに育てたのは音楽のことなどなにも知らない親で、音符すら読めないのはピアノ教師の娘だったのです。

2人は一卵性双生児で、1人がプロのピアニストになったのですら、どちらもきわめて高い音楽的才能を親から受け継いでいたことは間違いありません。家庭環境や子育てが子どもの将来を決めるのなら、なぜこんな奇妙なことが起きるのでしょうか。

ハリスによれば、子どもは自分のキャラ(役割)を子ども集団のなかで選択するというのです。音楽とはまったく縁のない環境で育った子どもは、なにかのきっかけ(幼稚園にあったオルガンをたまたま弾いたとか)で自分に他人とちがう才能があることに気づきます。彼女が子ども集団のなかで自分を目立たせようと思えば、無意識のうちにその利点を最大限に活かそうとするでしょう。音楽によって彼女はみんなから注目され、その報酬によってますます音楽が好きになります。

それに対して音楽教師の娘は、まわりにいるのは音楽関係者の子どもたちばかりだから、すこしくらいピアノがうまくても誰も驚いてくれません。メイクやファッションのほうがずっと目立てるのなら、音楽に興味をもつ理由などどこにもないというのです。

友だち関係” への8件のコメント

  1. 「子育ては子どもの人格形成にほとんど影響を与えない」という文から、教育基本法の「教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な~」の一文を思い出します。子育てとは異なる視点やアプローチが「教育」には必要であり、学びを共にする子ども集団が人格形成に及ぼす影響の大きさを同時連想させます。そして、生まれ育った子ども集団の傾向によって、将来の方向性や意思決定などに影響を与えるということが、「わずかな遺伝的適性の差しかないとしても、友だち関係のなかでそのちがいが増幅され、ちょっとした偶然で子どもの人生の経路は大きく分かれていく」と文から強く伝わってきました。

  2. どの分野がその子にとって得意分野となるのか、今回も紹介されている「一卵性双生児」の話によってよくわかってきます。自分自身のこと、あるいは身内の誰かのことなどを振り返って、その話に似たような例を私たちは寄せ集めることができるかもしれません。「音楽教師の娘は、まわりにいるのは音楽関係者の子どもたちばかりだから、すこしくらいピアノがうまくても誰も驚いてくれません。」「音楽によって彼女はみんなから注目され、その報酬によってますます音楽が好きになります。」人の能力の伸長は親兄弟ではない周囲の人々による注目と称賛がものを言ってくるのでしょう。翻って、それくらいできて当然でしょう、とか兄たちが優秀だからあなたが少しくらい良い成績をとっても大したことがない、とかあなたのお父さんは優秀な大学を出ているのだからあなたもお父さんのようになりなさい、などと言われた子はどうなるのでしょう。もっとも、学校の成績が悪くても、優秀な大学に入れなくても、真面目に自分の得意分野を見つけられたならやがて大成していくでしょう。とにかく、他者と比較することなく、自分に合っている径を歩んでいくに越したことはないなと思います。

  3. 〝最初はわずかな遺伝的適性の差しかないとしても、友だち関係のなかでそのちがいが増幅され、ちょっとした偶然で子どもの人生の経路は大きく分かれていく〟というのがその下に書かれてある一卵性双生児の姉妹の話で分かりやすく説明されていますね。
    きっかけが遺伝子であり、そのきっかけを増幅させるのが友だち関係だということなんでしょう。遺伝子にスイッチがあり、そのオンオフは環境によるということをテレビで見ましたが、それと同じようなことが書かれており、つながるものがありました。

  4. 私の両親は共に運動神経がとても良く何でもすぐにできたという話を良く聞かされていました。その影響を受けてか私もそれなりに運動は得意としながら学生生活を過ごしました。ただここで少し面白いのは、私の兄弟五人のうち、運動を得意とするのは私と次女の二人だけで残りの三人はどちらかというと運動が苦手で、体育の時間などで活躍することはほとんどなかったということです。まず間違いなく遺伝が影響しているであろう部分にも関わらず半数以上が親の特徴を受け継いでないというのは環境が影響を与えるという面白さか、はたまた私の両親が嘘つきなのか大変興味深いところです。

  5. 「自分の子ども時代を振り返れば、親の説教より友だちとの約束のほうがずっと大事だったことを思い出すのではないだろうか」親から虐待を受けた子が親になった時に虐待を繰り返す、という話は、もしかしたら子ども集団の中に属せなかったということがあるのかもしれないと思いました。親から長時間の説教を受け、または体罰を受けている間は家の中に時間的な拘束をも受けています。子ども集団の中で遊べるはずだった遊びが出来ずに幼少期を過ごしたとしたら、大人になった時に思い出せるのは仲間集団の中で学んだことではなく、親から身をもって受けたことばかりで、それをそのまま自分の子どもにしてしまう、ということはあり得るように思えました。子ども集団の中で遊ぶ機会を奪い、子どもに家にいるよう時間的な拘束を強いることも、もしかしたら体罰の一つと言えてしまうのかもわかりません。

  6. 最後の音楽教師の話は分かりやすいですね。確かに埋もれてしまうというのはよくありそうですし、かえってハードルが高くなるからこそ、やらなくなるというのはわかります。しかし、そのハードルは周りの子どもの環境にあるのですね。思えば、自分の子ども時代を考えても親の説教よりも友だちの約束のほうが印象に残っているように思います。「友だち関係のなかでそのちがいが増幅され、ちょっとした偶然で子どもの人生の経路は大きく分かれていく」というのを見ていると、子ども同士の環境の中で認められるということと、それによって意欲につながるということが大きい要因に思います。とするのであれば、意欲を引き出すのは「大人の持っていきかた」ではなく、子ども同士の環境の中でこそ、発揮されていくのでしょうね。

  7. 今回のブログからはまさに保育の意味を感じるような内容でした。子どもは環境との相互作用によって発達するということが私たちが大切にしていることですが、まさにその環境を用意することが保育において重要であるということを裏付けるような内容ですね。子どもたちは何かのきっかけで自分の得意なこと、興味のあることを見つけていきます。だからこそ私たちは様々な環境を用意しておかなければいけませんし、子どもの興味を引き出すような関わり方をしなければいけません。遺伝子によって得た個性をいかに伸ばしていくのかという今回の内容はとても刺激的な内容でした。そして、自分のスイッチを入れてくれる環境というのは物や空間だけではなく、人という周りの子どもたちの影響が非常にあるということですね。あらゆることがつながっておもしろいです。

  8. まさに子どもが過ごす環境によって興味を持つものはすごく変わるというのと、「子育ては子どもの人格形成にほとんど影響を与えない」という言葉の真理が理解できるブログだと思います。自分の子どもの頃を思い出しても友人の約束を優先していましたね。それだけ子ども集団というのは子ども達にとっては何よりも重要な存在であるか改めて感じました。さらに地方で育った私と東京で過ごしている我が子を見ていると興味を持つもの、遊びにしても全く違い、それこそ遺伝もそこまで影響しないというのも本当に感じます。それよりも保育園での友達の会話や遊び、そして生活している環境が本人の興味を引き出していると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です