家庭環境の影響

家庭はそこで育つ子どもたちに一体どのような作用を及ぼしているのでしょうか。このことを発見し、発見したことにより苦境に立たされることになったのが行動遺伝学者たちです。というのも彼らも他の皆と同様に、家庭環境が重要だと考えていたからです。そこで案出したのが、「家庭の中で大きな影響力をもっているのはそこに住む子ども同士の相違点である」という考え方です。きょうだい同士で共有するものはどのような大人になるかを左右するものではなく、少なくとも予見しうる影響はないことが証明されているとしたのです。そのため、きょうだい間で共有しないものから子育て神話を証明する責任が重くのしかかることになったのです。

これは聞こえほど無理難題ではないとハリスは言います。実際、親が子どもたち一人一人を同じように扱わなければいけない理由はありません。よき親なら子どもたち一人一人が独自性のある人間になってほしいと思うべきではないでしょうか。それぞれが最も得意とすることをしてほしいと望むべき子ではないでしょうか。これは親の姿勢をマルクス主義的にとらえた見解だと言います。「人はその能力に応じて働き、その必要に応じて受け取る」

実際、ある程度までではありますが、それは正しいとハリスは言います。確かに親は、少なくともいくぶんかは子どもたちそれぞれが違う人間になってほしいと望むべきです。一人目が活動的で話し好きであれば、次はおとなしい子を歓迎するでしょう。もし一人目がピアノ好きであれば、二人目ですが、だからといって二人目がチューバをはじめてくれれば大満足でしょう。しかし、だからといって二人目が懸賞金目当ての拳闘選手や麻薬売人になっても同じように喜べるわけではありません。わが家の二人目が大きくなるにつれ、ハリスは彼女の夫と「成績優秀者はすでに一人いるから、それを繰り返すことはない。二人目には何か別なことをさせよう」などと話し合ったわけではないと言います。逆に二人ともが学者になったとしても、そうした退屈さも悪くはなかっただろうと振り返ります。親がどんな子どもにももっていてもらいたいと望む特質がいくつかあると言います。やさしさ、良心、知性。これ以外の特質に関しては適度な範囲でばらつきがあっていいと親は思っていると言います。しかし、全員に望む特質に関しても、ばらついてもよい特質に関しても、言えることは一つ。家庭環境が長期的な影響を及ぼす証拠は何一つないということだと言うのです。

親は子どもによって扱い方を変えるし、子どもも一人一人違うものです。この二つの事実に関しては疑う余地もありません。しかし行動遺伝学者が子育て神話を支持しつづけるには、親の行動の違いが子どもたちの違いを引き起こしていること、もしくはそれに関与していること、それらが既存の違いに反応しているだけではないことを示さなければならないのです。しかし、いまだそれにはいたっていないようです。それどころか、親が子どもを扱うその方法は子どもたち自身の違いよりも実際には均質である、すなわちきょうだい二人の行動は親が彼ら一人一人を扱うその方法よりもかけ離れているという証拠が見つかっているそうです。