厄介な存在

なぜ親は子を虐待するのでしょうか。その理由の一つは精神病にあるのかもしれません。精神病には一部遺伝するものがあり、家族の、それも養子縁組による家族の中ではなく、生物学的につながりのある家族の中で、血筋に沿って流れていきます。

おそらく虐待する親のうち、精神的に病んでいる者は少数にすぎないと言います。ところが、それよりも多くの人々が今やすっかり聞き慣れてしまった性格的特徴を備えているようです。攻撃的、衝動的、怒りっぽい、飽きやすい、他人の気持ちに鈍感、自分の身のまわりの管理が苦手などです。そのような親たちは自分の子どもの管理にも手こずる場合が多いようです。運悪くそのような人のもとに子どもとして生まれてきてしまったら二重の災難に見舞われたようなものだとハリスは言います。惨めな家庭生活と、家庭外の世界で成功するチャンスを低減させてしまう遺伝的な授かりものなのですがう。シンデレラは惨めな家庭生活を送りましたが、彼女を虐待した継母からはいかなる遺伝子も受け継ぎませんでした。この昔話には、運よくよい遺伝子さえ受け継ぐことができれば、あなたは立派な人間になれる、逆境に打ち勝つことができるというメッセージが隠されていたのです。『オリヴァー・ツイスト』も同じメッセージを伝えています。小説に登場する悪党は結局、オリヴァーの邪悪な異母兄弟、邪悪な母親の息子だったのです。オリヴァーには別の母親がいたのです。彼女はオリヴァーのようにやさしい人だったのです。このような話はもはや政治的に正しくないとハリスは言います。なぜなら公平さに欠けるように思われるからだと言うのです。実際、公平ではないのです。

公平ではないのは、虐待が行なわれる家庭の中で、一人だけに被害が集中することです。もしこの子どもが虐待家庭から引き離され、里子に出されたとしても、その子がふたたび被害に遭う可能性はあるのです。ある決まった特徴、たとえばかわいくない顔や、難しい性格などは、虐待の被害に遭う危険性を高めてしまうと言うのです。また被害者にはある特定の特徴が欠けていることも考えられると言います。不思議なのはなぜ虐待される子どもがいるのかではなく、なぜ子どもたちのほとんどは虐待されずにすむかということだと言うのです。子どもとはまことに厄介な存在です。腹が立つことも多いのです。それにもかかわらず、ほとんどの親は自分の子どもを傷つけることはありませんし、ほとんどの子どもたちは被害に遭うことはないのです。自身が子ども時代に虐待されていた人間の子どもたちですら例外ではないのです。進化によって子どもたちには私たちに怒りを和らげる特徴や徴候が与えられているのです。それにより私たちは彼らを守ってあげたいという気持ちになり、自分の子どもたちに対しては愛情をいだくのです。中には、彼ら自身に責任はないものの、これらの防衛装置を持たない子どもたちや、持ってはいても正しく機能できないほど弱い状態で保持している子どもたちがいるのです。

さらに公平さに欠けるのは、家庭で被害に遭っている子どもたちは仲間の間でも敬遠されがちであることだとハリスは言います。どこへ行っても被害者になってしまう、そんな子どもたちがいるのです。もし彼らが立派な人間になることができなかったとしたら、その原因は家庭での経験に求めるべきか、それとも公園での経験に求めるべきでしょうか。心理学者はその答えを持っていませんし、そう問うこともありません。彼らはただ家庭がより重要であると仮定するだけだとハリスは言うのです。