懲罰に関する研究

懲罰に関する多くの研究がかかえるもう一つの問題は、この研究法では、因果関係をはったきりさせることができないことだとハリスは言います。いかなる民族集団や社会階級においても、その中には他よりも攻撃的になり、他よりも体罰を受ける頻度が多い子どもたちがいます。もし攻撃的な子どもほど体罰を受ける頻度が高いのであれば、親の体罰が子どもの攻撃性の原因なのでしょうか、それとも子どもの行動がしゃくにさわるから親が何度も体罰を与えるのでしょうか。しかし、どちらであるかわからない場合がほとんどだとハリスは言います。

研究者たちが因果関係の問題に対処する一つの方法は、子どもたちを何年か追跡することです。《小児医療および思春期医療研究》の1997年8月号には、心理学者マレー・ストラウスとその同僚たちが実施したこの種の研究が掲載されているそうです。研究者たちは、子どもたちの反社会的行動の初期値を統制するために、一定期間で子どもたちの行動がどのように変わったのかを観察しました。子どもが6歳の段階で、母親が子どもに体罰を与える回数が平均以上ある場合、8歳になった子どもは、より難しい子になるのでしょうか。その通り、と研究者たちは結論づけました。2年に及ぶ研究期間中、体罰を受ける頻度が高かった子どもは、より難しく、より攻撃的になりました。「反社会的行動をやめさせようと親が体罰を施せば、結局そのもくろみとは正反対の結果を見ることになりかねない」と研究者たちは言い放ちました。

この研究は人々の知るところとなりました。AP通信がそれを取り上げ、全国の新聞、雑誌で報告されました。よく使われた見出しが「体罰が非行をうむ」でした。その抄録は《JAMA》にも掲載されました。ところが、AP通信も《JAMA》も別の研究、心理学者マージョリー・ガンノウとキャリー・マリナーが行ない《小児医療および思春期医療研究》の同月号に掲載されていたものについては触れなかったそうです。主旨は同し、その方法も類似していたが、結果が違っていたのだ。「子どもたちのほとんどに関しては、体罰が子どもに攻撃性を教えているという主張は根拠に欠けると思われる」というのがガンノウとマリナーの結論でした。黒人の子どもたちに関しては年齢に関係なく、そして研究に参加した幼い子どもたちに関しては人種に関係なく、体罰は実際に攻撃的行動の低下に一役買っていることを二人は発見したのです。

まったくもってこの種のことは心理学ではあまりに多いそうです。もろい原因、はかない結果。《小児医療および思期医療研究》はまるごとリサイクル用の収集箱に投げこんで忘れてしまおうとハリスは言います。

しかし、ここでちょっと待っていただきたいと言っています。収集箱からもう一度探し出し、研究者たちの使った方法をもっと詳しく見てみよう。そう確かに違う点があるようです。第一の研究では、研究者たちは子どもの行動をその母親から聞いたものをもとに査定しています。体罰を施しているその張本人です。研究者の質問に対する母親の答えは、子どもたちの家庭での振る舞い方に基づいています。第二の研究では、子どもたち自身から話を聞いています。研究者たちは学校で喧嘩をしたことは何回くらいあるかと尋ねています。家庭でたび重なる体罰を受けてきた子どもたちは、体罰を受けたことのない子どもたちと比べて、必ずしも喧嘩の回数が多いわけではありませんでした。