アドバイザー

長年この話を信じ、よかれと思い、拙著である児童発達の教科書の読者たちにもそれを伝えてきました。だがいっぽうで子どもたちにはしてほしくないし実際にしないような他の多くの行動、たとえば好き勝手に出かけるなどの手本を提供したおぼえもありません。さらに、彼らにはしてほしいが実際にはしないようなこと、たとえばブロッコリを食べる習慣などの多くの行動に関する手本は提供していたはずなのですが。

子育てのスタイルは、育児アドバイザーの世代交代によってめまぐるしく変わることがあります。新興勢力は既成のものとは何か違ったことを発言しないとこの業界では生き残れません。ところが、アドバイザーたちはすべての人種民族から同じように支持されているわけではありません。アメリカのような国は多くのサブカルチャーをかかえ、子育てに対する考え方は部分的には、どのサブカルチャーに属するかに左右されます。アジア系アメリカ人やアフリカ系アメリカ人はヨーロッパ系アメリカ人のアドバイザーの発言にはさほど介意せず、ゆえに子どもに体罰をくわえることへの抵抗感が少ないようです。中流ヨーロッパ系アメリカ人は現在では体罰を慎み、その代わりにタイムアウトを好んで使うそうです。タイムアウトとは、部屋の隅などに子どもを何分か座らせておくお仕置きです。ハリスは、明るい栗毛色の髪をした幼い男の子が地元のスーパーマーケットで棚の間を走りまわっているところに遭遇したことがあるそうです。通路の長さの半分くらい遅れて追いかけていたのがその父親でしたが、「マシュー、タイムアウトが待ってるぞ!」と叫んでいたそうです。

黒人の親たちはこのようなしつけには冷ややかだそうです。彼らは「タイムアウトなんて、白人たちのためにあるようなものよ」とインタビューでは語っていたそうです。

白人はあまりに軽々しく物事を信じてしまうのかもしれないとハリスは言います。懲罰に関する研究、アドバイザーたちが助言の根拠とする研究のほとんどは、離婚した親をもつ子どもたちに関するジュディス・ウォーラースタインの研究同様、役立たずだと言うのです。役に立たない理由の一つは、研究者たちがサブカルチャーによって育児スタイルが違うことを考慮していないからだと言います。

マイノリティーである民族集団や低所得層の多い地域に住む親ほど子どもに体罰を与える回数が多いことは十分すぎるほど実証されているそうです。すべてではありませんが、これらの集団の中には、子どもたちの行動がより攻撃的で問題を起こす回数が多い集団もあるのです。こうしたサブカルチャーの違いは、研究者が求めている「もたらすであろう結果」と勘違いされてしまいがちだと言います。中流階級の白人の子どもたちは体罰を受けることも少なく、攻撃性も低い傾向にあるため、中流階級の白人地域の子どもたちと低所得の黒人地域の子どもたちとをいっしょくたにすると、体罰を受ける頻度と攻撃性との間に相関関係が認められることはほぼ間違いないのです。もっともその期待もあまりに多くのアジア系アメリカ人が被験者として含まれていると打ち砕かれてしまいます。なぜなら、これらの親は体罰を辞しませんが、子どもたちは攻撃的にならないからです。