心の中の集団性

ジュディス・ウォーラースタインのような臨床心理学者があれほどまでに確信をもって親の離婚は子どもにとってゆゆしい事態であると考えるのはなぜなのかハリス疑問に思います。それは社会心理学者ディヴッド・G・マイヤーズが指摘するように、実際ゆゆしい事態だからです。ただし、その理由はウォーラースタインが挙げたものでも、彼女が考えるようなものでもありません。

離婚はいくつかの点で子どもにとってゆゆしい事態となります。第一に、重い経済的代償を払うことだとハリスは言います。離婚した親の子どもたちは、普通、生活水準の急降下にさらされることになるからです。経済状態は彼らの住む場所をも左右しますが、どこに住むかは彼らに大きく影響するのです。つまり第二に新たな地域への転居を余儀なくされることです。中には何度も転居を繰り返すことになる子どももいます。第三に肉体的虐待を受ける可能性が高まることです。継父や継母と同居する子どもたちは、実の両親と生活する子どもたちよりも虐待を受ける可能性がはるかに高いそうです。そして第四に、離婚のために子どもが個人間で養った人間関係を断ってしまうことだと言います。

以前ハリスは、集団性と個人間の人間関係の違いについて述べていました。集団性が子どもたちの社会化を可能にするのです。私たちは粗雑な性格をもって生まれてくるのですが、それを暮らす文化によりふさわしいものとして形づくり、錬磨していかなければなりません。この作業は子ども時代にある集団、通常他の子どもたちによって形成される集団へと自分を順応させることの中で行なわれます。性格の長期的な改修作業や、生得的な社会的行動のパターンは、心の中の集団性の分野が司っているとハリスは言うのです。

個人間の人間関係を監督する分野は、性格に長期的な改修を施すことはありませんが、だからといってその分野が重要でないとは限らないのです。私たちが考え、思うとき、個人間の人間関係を司る分野は長期的な改修作業をうながす分野よりも身近で、より意識しやすいものとなります。個人間の人間関係は、その時々の気持ちや振る舞いを左右し、まるで屋根裏にしまいこんだ昔のラブレターの束のように、記憶として名残をとどめるとハリスは比喩しています。

個人間の人間関係は重要です。それは常に私たち人類にとって重要でありつづけてきました。だからこそ私たちは進化によって、個人的な人間関係を構築したい、そしてそれがそれなりにうまくいっていれば、それを持続させたいという欲求をいだくようになったのだとハリスは考えています。愛情や悲しみといった強い感情は力にもなります。スティーヴン・ピンカーは著書『心のはたらき』の中でその作用を説明しているそうです。

離婚とそれに先行する両親の確執は子どもを不幸にします。親子関係が破壊され、家庭生活が乱されるという不幸です。離婚が子どもたちに及ぼす影響を調べるときに臨床心理学者や発達心理学者が見ているのはその不幸なのです。離婚に関する研究では、子どもたちは家庭か、もしくは親と一緒に出かけた場所でインタビューを受けるのが普通だそうです。そしてさらに都合の悪いことに、研究者たちは子どもたちの行動を親の報告に頼っているのです。たとえ最良のとき、親が離婚騒動に巻きこまれていないときでさえ、子どもに関する親の報告は中立的な立場の観察者の報告とあまり一致しないようです。