統制と遺伝

研究者たちは、人種や民族集団に関しても統制を図ると言います。なぜなら集団によって結婚にかかわる規範が異なるからです。そんな彼らが統制しないのが遺伝だと言います。この種の研究ではそのための手段に欠けているからというのがその理由です。彼らは子どもの環境が及ぼす影響を調べるのに、以前ハリスが愚弄した方法を使っているそうです。犬舎で育てられたフォックスハウンドとマンションの一室で育てられたプードルを比較するあの方法です。研究者たちは一家族につき、子ども一人にしか注目しません。その子どもは、ほとんどの場合、親の実の子どもです。親は子どもに遺伝子を授けるだけでなく、その環境も与えるか、もしくは与えそこねるため、それぞれの影響を区別することができません。それらを区別するには、行動遣伝学的な方法に頼らざるをえませんし、また、養子や双子やきょうだいの研究が必要となります。

しかし、ハリスは安心していいと言います。多種多様な心理的特徴に関してそれは既に調査ずみです。しかも滞りなく行なわれたそうです。調査対象のほとんどはアメリカ人やヨーロッパ人で、圧倒的に中流階級の人が多いのですが、その中では、心理的特徴のほとんどすべてが同じパターンを示したのです。調査対象者の間に見られたばらつぎのおよそ半分は遺伝に原因があるのです。残り半分は環境によるものですが、それは同じ家庭で育つ二人の子どもたちが共有する環境の影響であるとは限らないようです。それどころか、同じ家庭で育つ二人の子どもたちが共有する環境など、彼らがどのような大人になるかを左右する重大な影響としてはほとんど除外されているようなものだとハリスは分析します。

調査対象の中には離婚によってばらばらになってしまった家族が多くありました。これらの調査に参加した被験者の多くは、離婚した母親、母親と継父、もしくはダン・クエールが認めそうにない他の取り合わせによって育てられていたに違いないというのです。ハリスは、ダンには悪いが、それが重大な影響を及ぼしたという証拠はどこにもないと言うのです。親の在不在や、たとえば頻繁に喧嘩することや短くても愛情あふれる手紙を交換することなど夫婦仲の良し悪しが、子どもたちに何か永続的な影響を及ぼしているのであれは、行動遺伝学のデータにそれを見ることができるはずですが、実際にはそれを見ることはできないのです。

さらに正確に言えば、もし親の存在もしくは不在が少しでも永続的な影響を子どもたちに及ぼしていれば、その影響もそれぞれの子どもによって異なるはずです。残念ながら、これは「親は別居の決断が子どもたちにもたらすであろう結果を知る必要がある」などと言う研究者の考え方をハリスは支持するものではないと言います。「もたらすであろう結果」とは何なのでしょうか。もしそれを明確にすることができないのであれば、親は一体何を知らなければならないのだろうかとハリスは問います。たとえば、もし別れて暮らすという親の決断によって一人の子の人見知りがひどくなり別の子の大胆さに拍車がかかるなら、もしくは一人はますます笑うようになり別の一人は笑わなくなるなら、もし全体的な規則性がないとしたらというようなことです。