離婚した親

離婚した親をもつ子どもたちに関する研究の中でも最も有名で、最も悲観的なとらえ方をしている研究は臨床心理学者ジュディス・ウォーラースタインによるものだそうです。ウォーラースタインの研究によると、中流階級の離婚した夫婦の子どもたちの間では、情緒障害の発生率がきわめて高いことがわかったと言うのです。彼女の著書は部数こそ多く売れましたが、科学的には益体もないとハリスは反論します。調査対象となった家族はすべてカウセリグを受け、離婚が決定的な家族ばかりだったのです。統制群となるような問題のない完璧な家族は調査対象には含まれていないため、彼女の患者の子どもたちを他と比較することができず、彼女の専門家としての先入観を除去することができないのです。ウォーラースタインがはじめての著書にとりかかる直前に行なわれた研究では、専門家がいかに簡単に自分の先入観に惑わされるかがわかるとハリスは言います。その調査では、研究者たちは学校の教師たちに八歳の男の子のビデオを見せ、そのうちの数名にその男の子の親は離婚していると告げました。この教師たちは、同じようにビデオを見ましたが男の子が問題のない家庭で暮らしていると思った他の教師たちと比べ、その男の子の適応性を低く評価したのです。

離婚した夫婦の子どもに関する研究でも、正しく統制された研究では、ウォーラースタインの描いていたのよりもかなり楽観的な結果を出しているそうです。イギリスで実施されたこの大規模な調査で対象となったのは、1958年のある一週間に生まれた子どもたちでした。もっとも実験が実施された当時、彼らは23歳になっていました。彼らには精神状態の健康度を測る質問に答えてもらいました。たとえば質問はこのようなものでした。「惨めな気分になったり、落ちこんだりしますか」「特に理由もないのに突然怖くなることがありますか」「人に嫌な思いをさせられたり、腹立たしい思いに駆られたりすることがありますか」このテストで「はい」の数が多いと高得点になるのですが、それは、心理的疲労度が高いことを示していることになります。

親の離婚は、テストの得点が任意の基準点を上まわる可能性を高めますが、その幅はさど大きくないそうです。この基準点を上まわったのは親が離婚した家庭の者の11パーセント、それに対して親が離婚していない家庭の者のうちでは8パーセントだったそうです。「はい」と答えた質問数の平均値でいえば、たった0.5問分の差にすぎなかったのです。

差は認められますが、わずかです。こうなることは、ハリスはこれまでそれとなくにおわせてきました。既に彼女が述べたとおり、ある特定の地域の中では父親の在不在はさほど大きな影響を及ぼしません。またこれも既にハリスが述べているのですが、転居と家族の低所得によって、父親のいる子どもといない子どもとの間のほとんどすべての違いの理由を説明することができると言うのです。

今日、離婚や父親不在が及ぼす影響に関する調査は通常、結果を乱しかねない多種多様な困子を統制する必要性を認識している研究者たちによって実施されているそうです。彼らはたとえば、社会経済的地位を統制します。離婚や父親不在は、社会の中でも所得や学歴の低い人々の間に多く、その点は考慮されなければなりません。研究者たちはまた人種や民族集団に関しても統制を図ります。なぜなら集団によって結婚にかかわる規範が異なるからだと言うのです。