転居

経済的に不利を被っているスラム地域では、両親が揃っている家庭の子どものほうが、シングル・ペアレントの子どもよりも暮らしぶりがよいわけではありません。もっともこのような地域に住む家族の大半はシングル・マザーが世帯主です。というのも、パートナーのいる母親は、別の地域に住む経済力があるからです。成人した男性のいる家庭のほうが高収入を望めるということは、両親が揃っている家庭の子どもたちは、中流階級の文化をもつ地域に住むことが多く、その結果、中流階級の規範に順応する可能性が高いことになるのです。

継父のいる家族では高収人が望めるはずですが、そこで育つ子どもたちにその高収入がよい結果をもたらさないのはなぜだろうかとハリスは問います。答えは、これらの子どもたちは別の間題をかかえているからだと言うのです。それは転居回数が多すぎること。彼らはある地域から別の地域へと転居を繰り返します。その回数は他の家族構成をもつ子どもたちよりも多く、その都度彼らは仲間集団を失い、新たな集団とまた、いちからはじめなくてはならなくなるのです。転居するたびに新しい仲間集団の規範に順応しなおさなければならず、新たな社会的階級をその都度最下位からのぼりはじめなければならないのだと言うのです。

この転居による仲間集団との関係は、孤児院で、その後のことを考えて仲間集団を構成するのを避けたり、仲間集団での生活をおこなっても、その関係があまり深くならないように定期的にシャッフルしたことで、子どもたちに愛着障害が生じたり、施設から出た時に、社会の中で、人との関係で困難を生じた研究を思い出します。

転居は子どもにとってつらいことだとハリスは言います。転居を繰り返す子は、父親がいるいないにかかわらず、仲間から拒絶されやすいのです。彼らは同じ土地に根をはる子どもたちよりも行動的にも、学業的にも多くの間題をかかえることになると言うのです。マクラナハンとサンドファーは、父親のいない思春期の子どもたちの間で見られる高校中退、10代の出産、無気力さなどの増加のおよそ半数は転居にその理由を求めることができるとしているそうです。転居と家族収人の低さの両方が父親のいる子どもといない子どもとの差を生辞させているのだとハリスは言うのです。

これらの不利な条件はともに家族以外の場所で起こりうる事象によって説明することができるとハリスは言います。住む地域が変わることによって規範がころころと変わり、集団の規範に順応するのが難しくなり、それが子どもの仲間集団の身分を危うくさせ、社会化を妨げることになると言うのです。家族の収人は子どもが暮らす地域、地元の仲間集団に根づく規範を決めてしまいます。転居回数が多すぎること、低所得であることは、子どもが高校を中退したり、在学中に赤ちゃんを産んだりする危険性を高めることになると言うのです。

もっとも高校中退や十代の妊娠は仲間集団の影響を受けやすいものであることは既に知られていることです。しかし、ハリスは、あなたを納得させるには、もっと広範囲な話題をもち出さなくてはならないと言います。それは、離婚の影響だと言うのです。離婚が子どもたちの性格、精神衛生、さらには子どもたち自身の結婚生活の安定に及ぼす影響です。両親の離婚は本当に子どもたちにひどい仕打ちを与えてしまうのでしょうか。もしそうではないのなら、なぜ人々は皆そうだと思うのでしょうか。そんな疑問についてハリスは考えています。