父親のいない子どもたち

父親がいるか、いないか。これによって先進国の社会で暮らす普通の子どもたちにはどのような違いが生じるのでしょうか。一般的に両親が揃っている場合のほうが子どもたちは幸せであり、それを否定しようとはハリスは思っていません。また子どもたちは両親がともに自分を大切に好意的に思ってくれている証拠があればより幸せであることも否定はしていません。しかし、今日幸せだからといって、それが将来訪れるであろう不幸への免疫を形成してくれるわけではなく、また窮状には後遺症がつきものだという自然界の法則もどこにも存在しないと言います。ここでハリスは、成長過程での出来事がどのような長期的影響をもたらすのかを説いているのです。長い目で見て父親のいる子どもたちは父親のいない子どもたちよりもより望ましい人間へと成長するのでしょうか。もしそうであるならば、それは父親の存在によるものなのでしょうか。

ほとんどの人はそう考えています。1992年、当時の副大統領ダン・クエールは、テレビ番組の架空のキャラクターである主人公マーフィー・ブラウンが未婚の母になったことを痛に非難したそうです。テレ番組の登場人物が避妊をしないで性交渉を行なうのは今にはじまったことではないので、クエールを悩ませたのはそのことではなかったはずだとハリスは考えています。父親不在のまま成長するであろうかわいそうだが無邪気な、しかも架空の子どもを思ってのことだったのではなかったのか。その二年後、社会学者サラ・マクラナハンとゲリー・サンドファーは、クエールの父性賛歌を支持する形で『シングル・ペアレントの子どもたち』という本を出版し、その冒頭ではイタリック体で次のように言い切っているそうです。

「生みの親が一人しかいない家庭で育った子どもたちは、生物学的な両親が揃っている家庭で育った子どもたちよりも概して好ましくない境遇にあり、それは親の人種や学歴、子どもの誕生時に結婚していたか否か、さらには同居する親が再婚しているか否かにはいっさい関係ない。」

好ましくない境遇とはどのようなものなのでしょうか。マクラナハンとサンドファーは三つの指標に基づいて判断しています。実の両親と同居しない青少年は高校を中退したり、働きもせず、学校にもいかないおとなになりやすく、女の子であれば十代で母親になる可能性がさらに高まると言うのです。もちろん、父親不在たけがこれらの問題の原因ではありませんが、マクラナハンとサンドファーはそれが重要な要因であると、つまり「親は別居の決断が子どもたちにもたらすであろう結果を知る必要がある」ほど重要であると考えているのです。

別れて生活するという決断が子どもたちにもたらしうる結果、あきらかにマクラナハンとサンドファーは親が別れて生活することが子どもの抱える問題の原因であると考えているそうです。少なくとも好ましくない境遇にある子どもたちのうち何人かは父親さえいれば高校を卒業し、仕事に就き、妊娠せずにすんでいたかもしれないと考えているのです。

ところが、マクラナハンとサンドファーの著書に掲載されているグラフや表には興味深い結果を見ることができるようです。重大な影響を及ぼすであろうと考えていたことが、そうではないと言うのです。