父親の存在

優秀な狩猟採集民族とは異なり、生涯犯罪者は知能が平均を下まわっている場合が多いようです。ハリスはこのことに曙光を見いだしています。ハリスは、気質は理性によって克服できるとは考えられないかということを考えます。このような特性をもって生まれてきても、知能が平均を上まわっていれば、巧みに機転を利かせ、犯罪が自分の利益にならないことに気づき、自分の興奮への欲求を満たす他の方法を見いだすことができる、そう考えることはできないのかというのです。

狩猟採集民族および部族社会では、父親を失った子どもたちは生命を失う危険にさらされることになります。生命が数本の糸でかろうじて繋ぎ留められている場合、その糸が切られたら最後です。父親をなくした子どもたちが自然の死を遂げるのを待たない社会があるのです。進化心理学者デイヴィッド・バスは、こう話しているそうです。

「今日においても、パラグアイのアシュ・インディオでは、男性がクラブ・ファイトで命を落とした場合、残る村民たちは話し合いの末、たとえその子の母親は生きていても、その男性の子どもを殺す決断を下すことが往々にしてある。人類学者キム・ヒルが報告した事例では、13歳の男の子がその父親が棍棒試合で死去した後に殺された。全体的に見ても、父親をなくしたアシュ族の子どもたちでは父親が健在である子どもたちと比べて死亡する割合が10パーセント高い。このようにアシュ族は元来、苛酷な環境にさらされているのだ。」

伝統的な社会では、父親が子どもたちを人為的ともいえる「苛酷な環境」から守り、所属集団の中でも支配層に位置する男性は、階級が下位の者よりもより効率よく子どもたちを守ることができるのです。先進国においてでさえ、クラブ・ファイトはもとより殴り合いの喧嘩さえしたことのない父親の幼い男の子たちが「俺の父ちゃんなんか、お前の父ちゃんをやっつけることだってできるんだからな」と言いあっているのを耳にすることがあるそうです。「俺の父ちゃんなんか、お前の父ちゃんを訴えることだってできるんだからな」の方が現実的だとハリスは言いますが、子どもたちがそうは言わないのは、少なくともある程度年齢が高くなるまでは、彼らはお金ではなく、腕力のことを言っているからです。彼らが言いたいのはこうです。「俺のことをからかわないほうがいいぞ。もしからかったら父ちゃんが承知しないからな。それに俺の父ちゃんはお前の父ちゃんに殴られることなんてちっとも怖くないんだから」

チンパンジーの間では、父親ではなく、母親が救いの手を差し伸べるので、幼いチンパンジー同士で遊ぶときには支配的な立場にいる母親をもつ方が優位に立つ傾向があります。遊びが度を過ぎると、母親が子どもの遊び仲間に手をあげることになるのですが、その遊び仲間の母親からの報復を恐れたりはしないのです。

「俺の父ちゃんなんか、お前の父ちゃんをやつつけることだってできるんだからな」が今も現実味ある脅しとして通用する社会では、強い父親がいるのか弱い父親がいるのか、もしくは父親がいるのかいないのかは、間接的ではありますが仲間集団内の子どもの地位に大きく響くことになり、それはすなわち、集団社会化説に基づけば子どもの性格に長期的な影響を及ぼすことになるのです。ところが、私たちの社会のように親と仲間たちが子どもの暮らしの中でそれぞれが区分けされている社会では、親の地位はもはや盾にはなりえません。例外があるとすれば、親の支配力や傑出性があまりにも強く、それを仲間たちが否応なしに意識せざるをえない場合です。これは必ずしも好ましいことではないとハリスは言います。それが裏目に出ることも間々あるからです。その子どもに集団内で高位に就くのにふさわしい他の特徴が欠けている場合はなおさらだと言います。