生まれながら

以前、テリー・モフィットと彼女のティーンエイジャーの非行論について紹介しました。モフィットは犯罪行為を二つに大別しています。一つは、一つ目のニキビができたときにはじまり、最後のニキビ治療薬を使い終える頃には卒業するような行為としています。もう一つは一生つづく行為です。子どもの頃はそれなりにしっかりしていて成人後もそれなりに良民となるような人は、一時、これらのいずれでもない期間を過ごすことが多いようです。それは集団としての行為、つまり年齢集団間の戦いです。これらの子どもはたいてい心理的な問題をかかえているわけではありませんし、親に責任があるわけでもありません。それが彼らの社会化なのです。仲間たちによって社会化されているだけなのです。

一生つづくような犯罪行為は、前者に比べるとはるかにまれであると言います。それに携わることになるのはほんの一握りの人々です。しかもほとんどは男性です。カール・マケルヒニーは七歳にしてすでに殺人を犯しましたが、こうした人々の犯罪行為は幼い頃からその兆候を見せはじめ、電池仕掛けのウサギのように止まることを知らないのですが、ウサギのようなかわいらしさはまったくないとハリスは言います。犯罪者として一生を過ごすことになるであろう者は、前に挙げたような性格特性が強い場合が多いと言います。攻撃性、怖いもの知らず、人の気持ちを理解できない、興奮への欲求などです。このような人々は、どの社会にも、こうした性癖のために社会的に葬られたり、早死にを招いたりしがちな社会においても時折登場します。アラスカ北西部のイヌイットの一人は、人類学者に次のように話しているそうです。

「昔は、問題行動を繰り返しどうしてもそれをやめることのできない男がいた場合、誰かが彼を静かに氷の上から突き落としたものだ」

その男は《JAMA》の論説者がカール・マケルヒニーを評して言ったような「社会にとって危険な存在」だったのです。

生まれながらの悪人などいるのでしょうかだろうか。その問いに対してハリスは、「より好ましい言い方をすれば、ほとんどの社会における誠実な仕事のほとんどに順応できないような特徴をもって生まれてくる人物は存在する」といいます。しかし、そのような人物にどう対処すればよいのかはまだわかっていないと言います。私たちは彼らの儀牲になる危険性と常に直面しているのですが、彼らもまた犠牲者なのだと言います。人類の進化の過程で犠牲となった人々なのです。完璧な過程などないのです。進化とて例外ではないのです。進化の過程で私たちには巨大な頭が与えられましたが、時としてその頭が大きすぎて産道を通れない赤ちゃんがいます。はるか昔はそのような赤ちゃんは死ぬしかなく、その母親も同じ運命をたどりました。同じように進化により選び抜かれた他の特徴も時として限度を超えてしまい、取り柄となるどころか足手まといになってしまうことがあると言います。「生まれながらの犯罪者」がもつ特徴のほとんどすべては、多少その程度が低ければ、狩猟採集民族社会の男性にとって、または彼が所属する集団にとって有用なものばかりです。怖いもの知らず、興奮への欲求、そして衝動的な行動。これらの特徴はライバル集団にとっては恐るべき凶器となるのです。彼の攻撃性、強靭さ、そして無慈悲は、集団のメンパーを統率するのにも有用ですから、彼は狩猟採集民族の長の第一候補となったはずだというのです。