親の離婚

離婚遺伝子を探しても無駄だとハリスは言います。探すならばあらゆる好ましくない結末を人生にもたらす危険性を高める特性を探した方がいいと言うのです。人との関係を難しくしてしまう特性、たとえば、攻撃性や他人の気持ちへの鈍感さなどや、愚かな決断を下す可能性を高める特性など衝動性や飽きやすさなどです。この特性のリストにどこかで見覚えはないだろうかとハリスは言います。そう、犯罪者に見られがちな特性のリストと似ているのです。子どもたちがファギンの学校の生徒としてふさわしくなるための特性は、同時に幸せな結婚生活を営む可能性を低下させてしまうと言うのです。子ども時代であれば、このような特性の持ち主は精神科医には「行動障害」と診断されてしまいます。その成人版は、「反社会性パーソナリティ障害」と呼ばれ、過去の研究により、それは遺伝することがわかっているそうです。

後に離婚することになる親をもつ子どもたちは、親が実際に別れる数年前から問題のある行動をとるようになります。このことから、子どもの問題行動の原因は離婚そのものではなく、離婚前に見られる家族内の確執だということがわかります。ところが、確執つづきの両親の子どもが問題をかかえやすいその原因は、親子が共有する家庭にあるのではなく、共有する遺伝子にあるのかもしれないとハリスは言います。ジョージア大学の研究者グループが行なった研究では、子どもの行動障害を予期させるのは、親の離婚ではなく、親の性格であることが明らかにされているそうです。反社会性パーソナリティ障害をもつ親の子どもは、行動障害をもつ可能性がさらに高いようです。

離婚、親の性格上の問題、そして子どもの問題行動は、すべてが複雑に入り組んでいるのです。それぞれがあらゆる方面に影響を及ぼすからです。性格的に問題のある人と生活するのは難しく、それゆえに離婚する可能性が高まるのです。その同じ人の子どもは遺伝的な理由から難しい子になりやすいそうです。そこには子どもから親への影響さえあるかもしれないと言うのです。難しい子どもは、婚姻関係にとって大きなひずみになりかねません。以前、ハリスはいかなる家庭もバラバラにしてしまうジョニーに関する笑い話を紹介していましたが、自分の子がジョニーのような子であれば、決して笑い事ではありません。子どもたちの中には、家族全員を逃げ出したい気分にさせてしまう子もいるのです。ジュディス・ウォーラースタインは、離婚する親をもつ子どもは深い罪悪感をいだいていることを指摘しているそうです。子どもたちは親の離婚の原因は自分にあると考えるのです。ウォーラースタインが考慮しないのは、その子どもの思惑の中にも一握りの真実がある場合もあるかもしれないという点だとハリスは指摘します。離婚は娘だけの家庭よりも息子のいる家庭に少ないそうです。息子の存在が親を喜ばせるのかもしれないし、それが父親の家出をためらわせているのかもしれません。しかし、もしその息子が親の満足のいくような子どもではなかったらどうなのでしょうか?もし彼が足手まとい以外の何者でもなければどうなのでしょうか?

もちろん離婚する人々のほとんどが、深刻な性格上の問題をかかえているわけでもなければ、離婚した親をもつ子どものほとんどが行動障害をもっているわけでもありません。離婚した親をもつ子どもも最終的には立派な人間へと成長します。そのことは、イギリの研究がそれを実証しているそうです。離婚した親をもち今や二三歳となった子どもたちが、鬱状態、不安、そして怒りに関する質問で「はい」と答える確率はわずかに高いだけだったそうです。

親の離婚” への10件のコメント

  1. 離婚というものを、大人の問題としてとらえていましたが、子どもが原因にもなるということを知りました。またその原因というものも、離婚以前からの日常の繰り返しの中にあり、本当に様々な要因が絡んでいるということを感じます。そして「離婚は娘だけの家庭よりも息子のいる家庭に少ない」という結果も不思議ですね。個人的には、殺伐とした雰囲気を息子の何気ない面白い行動が和らげるのかなとも思いました。女の子よりも、男の子の方が、明るさは何よりも強いという“ジョーカー”であるということを感じさせるからです。まさに“明るさはジョーカー”です。

  2. 人との関係を難しくしてしまう性格特性が離婚にも将来の犯罪にも関係している。これが遺伝するとなるとなかなかやっかいな話ですね。私の卒業研究では離婚、両親からの虐待、両親の喧嘩など、子供が悲壮感を覚える養育を受けた子供は他者尊重の精神が育まれにくくなるという結果を出しました。しかし、これは養育などが理由なのではなく遺伝が理由だったという話であれば、理想的な養育を求めたわたしの卒業研究はなんだったのだろうと思ってしまいます。せめてこれを緩和する養育が確立されることを願います。

  3. 親と子の関係を「離婚」という側面から捉えた今回のブログ内容もおもしろいですね。「離婚した親をもつ子どもも最終的には立派な人間へと成長します。」何だかハッピーエンドで良かったと思いました。親が離婚するとその子どもの将来をネガティブにみがちですが、それは大きな誤解であることがよくわかりました。「鬱状態、不安、そして怒り」もそうでない子どもたちに比べて少しだけ高い。まぁ、許容の範囲でしょうか。「離婚前に見られる家族内の確執」、これは確かに家中の雰囲気を台無しにすることでしょう。ムードビルディングはチームが存在するところでは第一に気にかけられるべきことでしょう。家族もチーム。ネガティブムードが漂っていると気持ちもすさみ、自分の感情をコントロールできなくなるのかもしれません。しかも「共有する遺伝子」による!あぁ、このことは自分の体験から何となく理解できてしまいます。性格は遺伝するか?そうだろうなと思いながら読みました。

  4. 「反社会性パーソナリティ障害をもつ親の子どもは、行動障害をもつ可能性がさらに高いようです。」性格の遺伝というものがあるという点、親と同じ血が流れている、ということも一理あるということでしょう。そう思うと、保護者理解というものが大切な理由もよくわかります。保護者の性格を知ることはそのままその子の性格を知ることに繋がる可能性があるからです。子どもたちを見守る目にまた一つ奥行きが生まれるようなこの度の内容です。

  5. 〝子どもたちは親の離婚の原因は自分にあると考える〟とありました。それだけでなく離婚というと、今までは大人の問題と捉えていたのですが、子どもも離婚の理由になりえたりして、要素として影響を与えているということになるのだということに気がつきました。そして、子どもに離婚の原因を背負わせたくはないなと、やっぱり離婚はしたくはないなと思いました。

  6. 「子どもたちは親の離婚の原因は自分にあると考えるのです。」悲しい言葉ですが、たびたび、離婚家庭において子どもたちが持つ印象として、このような感情を抱く子どもたちはいるでしょうね。離婚家庭において問題は家庭にあるのではなく、親の共有する遺伝子にあるのかもしれないとあります。そして、子どもの行動障害において予期されるのは、親の離婚ではなく、親の性格ともあります。親がいなくなることが問題なのではなく、親と子どもとの共有する遺伝子にあるのですね。そして、その両親との生活において子どもに影響がでるといった環境になってしまうということなのでしょうか。しかし、最後の文章ではだからといって離婚したからといって子どもたちのほとんどが行動障害でもなければ、しっかりと成長するということが言われています。その問題行動を持っている人とそうでない人とはどういった差があるのでしょうか。それは環境によるものによってでなくなるのでしょうか。だとしたら、幼稚園や保育園といったものはそれにどうアプローチできるのか考えさせられますね。

  7. 「反社会性パーソナリティ障害をもつ親の子どもは、行動障害をもつ可能性がさらに高いようです。」という部分が気になりました。こういった結果はやはり現場にいると少し頷けるような思いです。親の姿から子どもが行動に想像がつきます。逆を言えば我が子もそう思われてると思うとソワソワしてしまいますが、その知識を入れておくだけで納得できることは増えてくるかもしれません。だったら仕方ないといいますか、違う考えに転換できる材料であることがわかります。

  8. 「離婚、親の性格上の問題、そして子どもの問題行動は、すべてが複雑に入り組んでいるのです。それぞれがあらゆる方面に影響を及ぼすからです」ということをしっかり頭に入れていかなければいけませんね。全てが複雑に入り組んでいるということ、とても大切な考え方だと思います。また、「離婚した親をもつ子どものほとんどが行動障害をもっているわけでもありません」ともありました。わずかに可能性があるということであり、優位であると言えるのかもしれませんが、それが多くに当てはまるのではないということを頭に入れておかなければなりませんね。しかし、環境的な要因だと思っていたことが遺伝による影響を受けているのではないかという展開は意外でした。

  9. 親と子の関係性とその育ちにつてい色々と学んできましたが、家庭環境が子どもに与える影響はさほど無いことは理解できました。ただ、遺伝という繋がりは切っても切り離せない要因ですね。「その同じ人の子どもは遺伝的な理由から難しい子になりやすいそうです。」とあるように、親の姿をみて子どもが似るのではなく、遺伝という要素が子どもを親と同じような行動、思考をとらせているようです。私に知り合いに本人も含め3世代に渡って離婚をしている家系の人がいるのですが、それを思うと遺伝とは親の特性を中々に色濃く受け継ぐものであるということをより感じてしまいます。

  10. 離婚の問題を考えると、単純に大人だけの都合と考えていましたが、遺伝子であったり、子どもが原因であったりと、様々な要因が絡んでいて、私が思っていた以上に複雑だったことに驚いています。
    また親の離婚によって子どもには大きな影響を与えてしまいそうなイメージですが、立派な人間に成長するというのを聞いて安心すると同時に、なぜだろ?という疑問も浮かび上がりました。
    園に勤めていると様々な家庭環境があり、中には離婚をしてしまう保護者もいます。どうしても刷り込みで物事で見てしまいがちですが、こうした離婚のメカニズムを知ることによって、また違った視点で見ることができる気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です