ジェンダー以外のカテゴリー

女の子の多くはかなり早い時期に、自分が男の子に対してあまり影響力がないことを悟ります。そのため男の子が女の子を避けはじめる前に、女の子の方が男の子を避けはじめるのです。女の子の方が言いたいことを聞いてくれるので、女の子は女の子と遊ぶことを選ぶことになります。男の子はいつも自分のやり方を押し通すのです。

こうして女の子は女の子で別の集団を形成し、やりたいことをやるようになります。思春期まではそれも順調につづきます。そのうち男女がふたたび求め合うようになるのですが、残念ながら、それを駆り立てる力についてはハリスは触れていません。思春期には、ジェンダー以外のカテゴリーが目立つようになります。運動系の集団、頭脳系の集団、非行集団、そしていずれにも当てはまらない集団というぐあいです。こうなると各集団には男女とも含まれるようになります。とはいえ、それらはすべて男の子の現準で動いています。男女が混在する集団では、話すのも笑わせるのも男性の方で、女性は聞き手や笑い手に徹する場合が多いようです。これは、私の園で実感するところです。それは、私の園には、男性職員が4割弱いて、いつも笑わせ、それにつられて「ばかばかしい!」といながらも女性もつられて笑いだすということが多く見られます。

女の子の自尊心は思春期の初めに急降下すると言われています。必ずしもそうではありませんし、そのようなケースがあっても新聞では大げさに取りあげますが実際の影響はたかが知れているとハリスは言います。それでも彼女は概してそれが真実であると考えていると言っています。女の子の中には自尊心が低下する子がいると言うのです。ハリスが賛成しないのは、その原囚が親や教師、もしくは「文化」という名の漠然とした力だとされていることであると言うのです。ハリスの個人的な見解では、これは思春期に入った女の子がおかれる状況に原困があるのではないだろうと言います。子どもの頃は女の子だけの集団を形成することで、男の子から支配されることを避けてきました。ところが、生物学的な時計が「13の時」の鐘を鳴らした途端に、母親の手から離れて以来常に支配を振りかざしてきた人々とのやりとりが恋しくなったと言うのです。その人々、すなわち男の子たちが自分とサイズ的にも同じか、わずかな期間ですが自分よりも小さかったときでさえ、さんざんな目にあわされたのに、今では彼らが急激に大きくなってきているのです。

男の子が支配している集団の中で、ティーンエイジの女の子がなんらかの地位に就くためには、男の子が重んじる何かに長けているか、器量がよくなくてはなりません。いずれの取り柄にも欠けていれば、彼女はまず無視されてしまうでしょう。努力すればどうにかなるというものではないのです。子どもの頃は女の子の集団でかなり高い地位にいたかもしれませんが、器量が悪ければそれは何の役にも立たないのです。

自分についてどう思うかを左右するものは二つあるとハリスは言います。その一つは地位であり、もう一つは気分です。所属集団での地位が低くてそれをどうにもできない場合、彼女の自尊心は低下します。自尊心は意気消沈しているときにも低下します。思春期の初め以降、女性が臨床的な意味で鬱状態になる可能性は男性の倍だそうです。鬱状態と自尊心の低さとの関連性はすでに十分立証されているそうです。

ジェンダー以外のカテゴリー” への10件のコメント

  1. 思い返すと小学生時代には女の子と遊んだ記憶はほとんどありませんが、中学生にはいってからはその記憶が鮮明に残っています。そしてそのほとんどを男の子の意見を主導に遊んでいたことも鮮明に残っています。13というタイミングは生殖機能の発達や男の子の身心の発達がめざましい時期ではありますが、それを本能的に感じ取っているのでしょうか。ただしかし、自分の自尊心を低める可能性があるにもかかわらず、もといた女の子の集団での高い地位を捨ててまで男の子との関わりを求めるというのはなかなか皮肉な話ですね。

  2. 先日、園の絵本ゾーンで年長さん女子数人に頼まれて絵本を読んでみました。『じゅげむ』。3人くらいだったでしょうか。笑ってくれる子、にこりともせずに話に聞き入る子、・・・。その集まりには年長さんの男の子はいません。完全ジェンダーグループかと思いきや、何と年中と年少の男の子がその輪に加わりました。ジェンダーフリーグループの成立。異学年の集まり。「また読んでまた読んで」とせがまれ、あの長ーい名前を何回発したことか。しかもスピードアップを要求されながら。結構しんどかったですね。さて、今回のブログを読みながら、中学の部活を思い出しました。部活は異学年構成。中1の私には3年男子グループは近寄りがたく、3年女子の先輩たちと楽しく関わらせてもらいましたね。部活中1の女子は2年3年の先輩男子と上手くやっていたような。「鬱状態と自尊心の低さ」を同級生の女子たちに見ることは私の場合はあまりなかったですね。おそらく、部活という異学年混合グループは「ジェンダー以外のカテゴリー」に属するのでしょう。いずれにせよ、男だけの集団、女だけの集団、というものをほとんど経験してこなかった私には「女の子の中には自尊心が低下する子がいる」ということに気づけませんでした。

  3. 「男女が混在する集団では、話すのも笑わせるのも男性の方で、女性は聞き手や笑い手に徹する場合が多いようです。」そういう意味でも男女の役割というものがあるとしたろ、男性は面白い人がモテるということも何となく頷けるような気がしてきました。
    女の子の自尊心について書かれていて、なるほどだから女性に現実主義的な考え方の人が多いのかと合点のいく思いがしてしまいます。良い悪いではなくそれもまた役割なのだと捉えることが、男性の器量と言えるのかもわかりません。

  4. 〝男女が混在する集団では、話すのも笑わせるのも男性の方で、女性は聞き手や笑い手に徹する場合が多い〟とありました。なるほどな、と現在の自分に当てはめてみても合点がいきます。思春期を過ぎた頃から面白い人というのはモテるんだなと思い、どうしたらそんな面白いことが言えるのか、面白い人を追いかけて、テレビなどで吸収していた日々があったことを思い返しました。
    一方で、その頃の女性は自尊心が低くなるということで、よく女性が男性のタイプを聞かれた時に「優しい人」という女性が多いように思いますが、この「優しい人」の意味は自尊心が低くなった時の「包括的なもの」を男性に求めているのかもしれないなと思いました。男性にもその辺の器量が必要であるんでしょうね。

  5. 「思春期まではそれも順調につづきます。」とあります。「思春期」というのが一つの期間の区切りのようにされていますが、それまで、違ったカテゴリー分けというものがあまり重視されなかったのはなぜなのでしょうか。何か意味があるのでしょうか。しかし、考えてみると、確かにその通りと思い浮かぶ出来事が多いのも事実です。「男女が混在する集団では、話すのも笑わせるのも男性の方で、女性は聞き手や笑い手に徹する場合が多い」というもの思い当たることが多くありますね。最近思うのですが、保育業界はどちらかというと「女性社会」でなりたっていますが、男性職員が入ってきたことで大きく雰囲気が変わってきました。まさに上記にあるような雰囲気が出てきたのです。それまではどこか先生同士の仲もギスギスしているというか、本音があまり出ないような様子が見て取れました。それが文化なのかどうかわかりませんが、現場に男性が「複数いる」「男性らしくいる環境がある」ということは集団においても必要であるということが分かります。それはカテゴリー分けのケースが増えたからなのかもしれませんね。

  6. 「男の子が支配している集団の中で、ティーンエイジの女の子がなんらかの地位に就くためには、男の子が重んじる何かに長けているか、器量がよくなくてはなりません」とあります。自分ではそのような認識はなくとも、社会をはじめとした様々な集団おいてはやはり男性が支配的立場にあるようですね。会社や組織、政治等においても要職に着くのは男性の方が多いのは確かです。だからこそ、女性の社会進出、地位の向上というものがこれほどまでに叫ばれているのだということを改めて感じました。ただ、それにおいては制度面や仕組みだけでは解決しない部分も含まれていることも感じ、思春期をはじめとした女性特有の内面的な部分の理解というものも必要だと思いました。

  7. 「女の子の多くはかなり早い時期に、自分が男の子に対してあまり影響力がないことを悟ります」という冒頭の文が何か男女を象徴しているかのように感じますが、読み進めていくうちにしっかりとした男女の関係が想像できてきます。その一つが「男女が混在する集団では、話すのも笑わせるのも男性の方で、女性は聞き手や笑い手に徹する場合が多いようです」というところですね。「女の子の自尊心」というのが出てきましたが、なかなか難しさを感じます。割と人生では女の子と関わることに特に特別な思いはなかったからかそういったことに気づかずにいたということですかね。

  8. 子どもたちの姿を見ていると、「男の子たちがうるさすぎる」とか「邪魔をしてくる」という苦情にもとれることを年長児の女の子がいいにきます。そういった姿から実際に遊んでいるグループを見ても、大体は、女の子と男の子に別れていますが、園庭での鬼ごっこのような遊びになれば、男女関係なく集まってくる姿があります。こうしたものは、どちらかといえば、男の子の遊びであるものに
    女の子が合わせて遊ぶことを考えられ、さらに、カテゴリーとして子どもという傾向が強いことを読み取れました。
    また、男の子が、お集まりなどで、急に面白いであろうことを言います。しかし、女の子には、あまり見られないなと改めて思いました。そういったところで、らしさ が出ていることを感じています。

  9. こうして男女の違いを読み進めていくと、自分が男性であるからか、少し安心した気持ちになります。思春期の時期に女の子の自尊心が低下し、さらには鬱状態になる可能性も男性の倍と書いてあります。ただ13歳というまだ子どもの時に女の子が精神的にもそういう状態であったということに驚いています。それに比べて男の子は単純明快、クラスを盛り上げ、笑いを提供していたと思うと、楽な生き物だなと思ってしまいました。しかし、だからこそ女の子は「13の時」にそういう男の子を求めるのかもしれません。恋愛感情とは別に、そういう雰囲気を作り出す男の子の存在が当時の女の子の精神的にも支えになるのでしょうか。

  10. 「女の子の方が言いたいことを聞いてくれるので、女の子は女の子と遊ぶことを選ぶことになります。男の子はいつも自分のやり方を押し通すのです」とありました。なるほど、そういった理由があって、女の子は女の子で集団を形成していくのですね。現実を見て、理論的な行動をしようとする女性の言葉を聞かない、ちょいワルな男子というのは様々な物語でも見られる姿かもしれません。「男女が混在する集団では、話すのも笑わせるのも男性の方で、女性は聞き手や笑い手に徹する場合が多いようです」とありました。これは非常に納得させられました。確かにそのような役をは男性ですね。それを受けてくれる女性という存在がいるからこそできることでもあるのかもしれませんね。それぞれに役割があるからこそ、どちらの存在も大切になってきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です