遊び仲間

チベットの寺院で育てられたダジャ・メストンは自分自身を「チベット人の心が宿る白い肉体」と表現したそうです。この矛盾を解消できる外科医はいないとハリスは言います。ダジャは身長が高すぎる、肌の色が白すぎるといった理由で仲間たちから拒絶されていました。だからといって、彼が仲間たちのような男の子として自分をカテゴリー化することができなかったわけでもありません。チベット人として社会化を果たすことが妨げられたわけでもありません。同じようにジョアンやジェイムズのような子どもたちも、自分を拒絶する集団の一員として自らをカテゴリーすることはできるのです。自分がその一員であることを実感するために、同じ社会的カテゴリーに属するメンバーたちに好かれる必要はないとハリスは言います。また彼らを好きになる必要もまったくないと言うのです。

以前、ハリスが紹介した発達心理学者エレノア・マコビーは、二歳半から三歳までの初対面の子どもたちを二人ずつに分け、オモチャの散らばった実験室に入れたときの様子を観察したそうです。その後どうなったかは、その一組が男女の組なのか、それとも男同士、女同士の組なのかによって異なったそうです。男同士、女同士で組んだときには男の子も女の子も同じように友好的でしたが、女の子と男の子を組ませると、そのバランスは不穏にも崩れてしまったそうです。女の子は、同じ女の子と組むときのようにはパートナーとは遊ばず、傍観者に徹することが多かったそうです。マコビーの報告によると、「男の子と組ませた場合、女の子は端に立ち、男の子にオモチャを独占させてあげることも多いのです」と言っているそうです。まさに、三歳になるかならないかの幼い子どもたちがです。

他者と遊ぶには協調性が要求されます。協調性とは、時として他者が望むことを行なうことを意味するとハリスは言います。協調性への誘いは、提案や要求といった形をとることがあるとも言います。研究によると、幼い女の子たちでは、成長するに従って遊び仲間への提案が増えつづけ、その遊び仲間が女の子であれば、その提案を従順に受け入れてもらえる可能性はますます高まります。ところが、その同じ時期に男の子たちは、提案を受け入れることに対してますます従順ではなくなります。特に女の子たちからの提案であればなおさらだと言います。他の男の子たちにはまだ耳を貸すことがあるのは、おそらくそうしたコミュニケーションが丁寧な依頼という形ではなく、要求という形をとるからなのだろうとハリスは推測します。こうした現象は実際に起きていると言います。しかも平均的な男の子と女の子の間で、体格的にも体力的にもほとんど差のない年齢から起きているのです。

幼い女の子たちが幼い男の子たちを避けるようになるのも、こうした理由からかもしれないとハリスは考えています。自分の提案に耳を傾けようともしない人や、「貸して」とも言わずにオモチャを引ったくってしまうような子どもと遊んでもおもしろくないでしょう。ところが、まもなくすると男の子たちもまた、女の子を避けるようにもなります。おそらく人形のおむつを換えるようなつまらない遊びをする人よりも、オモチャのトラックをブルルルルといわせるようなおもしろい遊びを好む人たちと遊んだ方が楽しいのでしょう。もしくは、こうしてお互いに避けるようになるのは、〈女の子〉と〈男の子〉という二つの対照的なカテゴリーへの分類とそれにより誘発される〈われわれ〉対〈彼ら〉感情による結果なのかもしれないとハリスは言います。

遊び仲間” への10件のコメント

  1. 心身の成長は男の子より女の子の方が早いとよく聞きますが、そんなに幼い頃から差が出始めるのかと驚きました。言われてみれば男の子は黙々と一人で集中して遊び、女の子は友達とコミュニケーションをとりながら遊ぶことが多いような気がします。語彙力や表現力も女の子の方がゆたかで、全員の話を聞く意識をもたないとつい女の子の話ばかり聞いてしまいます。ただ、男の子がコミュニケーションを得意としないことがもしかりに生物学的なことによるものではなく、男の子は黙々と遊ぶものだ、という社会性のもと行われているとしたらそれはとても興味深い話になってきますね。

  2. 「おそらくそうしたコミュニケーションが丁寧な依頼という形ではなく、要求という形をとるから」まるで夫婦間によく見られるような現象に思え、思わず笑ってしまいました。それ程に子どもたち同士のやりとりというのは開けっぴろげで、遠慮のないものなのだろうと再解釈する思いです。そうしたやりとりの中で、「時として他者が望むことを行なう」ことは大人でも難しく、むしろ大人だから難しいのかもわかりませんが、子どもが、特に男女間における子ども同士が協調性に欠いた行動に出てしまうのはとてもよくわかります。性におけるカテゴリー化されたものがそうさせるのか、「それにより誘発される〈われわれ〉対〈彼ら〉感情による結果」がそうさせるのか、そのどちらにしても、子どもたちは日々の中の目に見えない部分でそうして静かに社会化を果たしていっているということを知り、改めてこの仕事の面白みを感じる思いです。

  3. マコビー博士の実験結果「三歳になるかならないかの幼い子どもたち」、確かにこの頃から自らが所属するカテゴリーがわかっている。確かに驚きです。自らが所属するカテゴリー内存在を認識できるなら遊びも楽しい、しかし、さもなければ、「そのバランスは不穏にも崩れてしま」う。何と敏感なことでしょう。そして結果として「端に立ち、男の子にオモチャを独占させてあげる」何とけなげなことでしょう。所属感ということの大事さを認識した次第です。8,9歳頃までの子どもたちは性差をカテゴリーとして認識している。性差という認識を持たず、カテゴリーという意識でそうなっている。そして「〈女の子〉と〈男の子〉という二つの対照的なカテゴリーへの分類とそれにより誘発される〈われわれ〉対〈彼ら〉感情による結果なのかも」という控えめなハリス女史。我々大人が抱くような性差ではないカテゴリー内存在。結果として「〈われわれ〉対〈彼ら〉感情」に帰着する。子どもたちは徒党を組んで存在することがわかります。独りぼっちでは生きられない子どもたち。コメントは飛躍しますが、小学生のイジメは「独りぼっち」になれない分辛辣なものを感じてしまいます。

  4. 「自分がその一員であることを実感するために、同じ社会的カテゴリーに属するメンバーたちに好かれる必要はなく、また彼らを好きになる必要もまったくない」ということについては納得できます。しかし、そのように割り切ったとしてもやはり人に理解してもらえない、受け入れてもらえない状況というのは非常に辛いはずです。そのような状況下においても社会科は果たされるようですが、できることなら辛さを感じることなくそれが成される方が良いことは間違いありません。心と体における矛盾は解消できないかもしれませんが、それを理解し受け入れる社会や環境というものはまだ作り出せる可能性があります。男女の性差といった一見当たり前のことのように認識している部分から掘り下げて考えることが、それらに対する理解へと繋がっていくような気がします。

  5. 〝コミュニケーションが丁寧な依頼という形ではなく、要求という形をとるから〟とありました。子どもらしいというか何というか、一見相手のことを考えていないような発言や行動がこのようなことからきているのかと、思えました。と同時にその提案や要求を受け入れるかどうかということにも性差があるんだなと読み進めながら感じたところです。〝他者が望むことを行なうこと〟が必要な協調性では確かに「われわれ」と「かれら」では差がでることは明らかですし、子どもの男女間ではそのような見えないせめぎ合いというようなことが日々行われていて、社会化されていっているんですね。

  6. よく「女性は男性よりも精神年齢が高い」と言われることがありますし、自分自身もそうだなと思うことが多いように思います。「〈女の子〉と〈男の子〉という二つの対照的なカテゴリーへの分類とそれにより誘発される〈われわれ〉対〈彼ら〉感情による結果」ということが小さい子どものころから起きているのですね。幼稚園での子どもたちを見ていても、乳児期などはそれほど男女の遊びにも差があるようには見えませんが、歳月が進むにつれて、遊びの変化は顕著に出てくるように思います。また、女性のほうが「協調性」があるということも見えてきたのでしょうか。その点、人類の生存戦略的に女性のほうがその能力をより必要とされた背景があるから遺伝子としてそのメカニズムがより強くあるからなのでしょうか。とりわけ、他者理解と自己理解を繰り替えしながら、自分というものをとらえることからコミュニケーションは始まっていくのですね。

  7. 「男同士、女同士で組んだときには男の子も女の子も同じように友好的でしたが、女の子と男の子を組ませると、そのバランスは不穏にも崩れてしまったそうです。」とあり、3歳前からそのような社会化を果たしていることに驚きますね。協調性という言葉が出てきましたが、やはり女の子の方が協調性があるような印象を受けています。だからこそ傍観者に徹することにも繋がるのですかね。男女の構造の違いから起きるパワーバランスというのと関係していることがよくわかります。女の子と男の子という対照的なカテゴリーの違いで友だち関係も幼い頃は変わってくることがよくわかります。

  8. 3歳前、すでにそういった意識が芽生え始めるのは女の子なのですね。傍観的に見るようになるというのも、様子が想像できます。そして、こういった姿から、実際の子どもたちの姿に当てはまってくるのが、園の昼の時間に何をするかを決めるときに、男の子は、たくさんの遊べるゾーンを開けようとしますが、女の子は、開けようとしません。その理由には、「男の子は片付けをしないから、大変になる」という理由で、開けたくないと主張していました。
    こういった姿からも所属するカテゴリーとして、われわれとかれらという分類分けをしていることによる言葉なのかなと思いました。

  9. ブログを読んでいて、自分の幼児期を見ているようでした。「コミュニケーションが丁寧な依頼という形ではなく、要求という形をとる」確かに現場で子どもたちを見ているとそういう風景を見るかもしれません。女の子の方が精神面でも男の子よりも成長が早い気がするのは、そう言った関係をいち早く察知し、カテゴリー化しているのからなのでしょう。それが男らしさ、女らしさというもののような気がします。面白いのが、そうは言っても時代によって変わってきている気がします。女性の社会進出によってそれまで圧倒的に男性の方が強いイメージから女性も劣らず強い存在になってきたということです。ただ、もしかしたらそれは今に始まったことではなく、もともとそうだったのかもしれませんね。男女が共に支えあって社会を形成していく、人類も両方いたから生き延びてこられたように・・・。

  10. 『自分の提案に耳を傾けようともしない人や、「貸して」とも言わずにオモチャを引ったくってしまうような子どもと遊んでもおもしろくないでしょう』とありました。そう思って考えると女の子の集団というのは割と同調するような言葉が多いように思います。もちろん、男の子同士でもそれはあるのですが、あの子がやっているから私もやるというような意識はどことなく女の子同士に強いような気がします。女の子を説得させるためには個別に伝えるよりも、集団に伝えたり、集団を納得させるような言い方をした方がなんだかすんなり聞いてもらえるような印象があります笑。そう考えると男の子というのはどちらかというと遊び場を共有することから集団ができてくるようなイメージでしょうか?そんなことを感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です