郷に入れば、郷の人となれ

アイオワ州のアメリカ先住民族社会に住むメスクアキー族の少年たちを調査した人類学者は、彼らは近くの英米人の町にいるときとメスクアキー社会にいるときとでは行動が違うと報告しているそうです。メスクアキー族の仲間集団は、その人類学者はギャングと呼んだのですが、彼らは町にいるときには英国系アメリカ人の行動様式に、自分たちの社会にいるときには先住民族の行動様式に切り換えていたそうです。これらの少年たちとミケーレのような古典的なコード・スイッチャーとの違いは、メスクアキーの少年たちはそれら二つの文化を共有する仲間たちがいたという点だったそうです。

郷に入れば郷に従う。子どもたちにとってはそれ以上なのです。郷に入れば、郷の人となれ、です。親がイギリス人だろうと、中国人だろうと、メスクアキーだろうと、ローマに入ればローマ人になれ、となります。家の外の文化と中の文化とが異なるとき、勝利の女神が徴笑むのは家の外の文化の方なのだとハリスは言うのです。

ハリスは、ある世代から次の世代への文化の伝わり方を決定づけるのは、親の育児態度でも、子どもが親を模倣.することでもないという結論に達したと言います。これで残る可能性は二つ。子どもたちが社会の大人全員を模倣する、もしくは、子どもたちが他の子どもたちを模倣する、の二つです。これら二つの可能性のどちらが正しいかを識別するためには、子どもたちの文化がその社会の大人たちの文化とは異なるケースを探さなくてはなりません。かかるケースは確かに存在するとハリスは確信を持ちます。

「言語とはある特定の部族に属することを示す会員証だと痛感しています」というのはASL( American Language、通称「アメスラン」)の教師であり、通訳でもあるスーザン・シャランだそうです。ASLとはアメリカの聾者たちが使用する言葉であり、彼らが彼らの文化に属することを示す会員証の役割を担っているものでもあるそうです。シャラーは、聾者文化の集団性、いわゆる「〈われわれ〉対〈彼ら〉」意識になじむのに多少時間がかかったと振り返っているそうです。

「Deaf〔聾〕の文化に浸りきっている人々にとっては、いまさら聴力を身につけることを願うなんて、理解にあまる余計ごとなのであった。はじめ聾者にあったころ、わたしはそうしたことをまるで理解していなかったと思う。聾についての無知ゆえに、わたしはひところ、手話のジョークがほとんど理解できなかった。アメスランを英語に翻訳しても、ジョークの理解には役立たない。わたしはあい変わらす聾者を、たんに耳の不自由な人たちとみなしていたが、ジョークの聞かせどころは、つねに文化的相違に関連していたのである。誰かが聴者の男性との結婚について冗談を言ったときに、わたしはようやくこの問題についておぼろげながら理解しはじめた。」(中村妙子訳『言葉のない世界に生きた男』晶文社)

この態度はなんら特殊でないとハリスは言います。これはあらゆる少数集団、実際に集団性が顕著な集団であれば必ず見られる特徴なのだと言うのです。聾者の文化が他と異なるのは、それが親たちから子どもたちへと伝えられないからだと言います。聾の子どもたちの親の大半は正常な聴力をもっており、聾の世界については何も知りません。また両親ともに聾者である家庭に生まれる子どもの大半は正常な聴力をもち、彼らは聴者の世界の一員として迎え入れられます。

それにもかかわらず、聾者たちは確固たる文化を保持しているのです。それは聴者の文化に負けず劣らず耐久性に優れていますが、いくつかの点ではそれとは異なると言います。彼らには独自の行動規範、信念、そして姿勢があるというのです。

郷に入れば、郷の人となれ” への9件のコメント

  1. いいですねぇ、「郷に入れば、郷の人となれ」。そう、従うのではなく、なりきる。そして、模倣は親じゃないでしょう。いつでも、同級生だったり、先輩だったり、上司だったり、後輩だったり、部下だったり、模倣の対象は親じゃなかったですね。「子どもたちが他の子どもたちを模倣する」。親を真似ようと思っても結局、真似られなかったような。今、NHK第69回紅白歌合戦を見ながらコメントしていますが、歌手の皆さんのたいていは、親の真似して歌を歌っているわけではないでしょう。おそらく、模倣の対象は、憧れのアーティストたちだってしょう。そして模倣して「確固たる文化」の列に加わって、私たち視聴者を楽しませてくれている。「あらゆる少数集団、実際に集団性が顕著な集団であれば必ず見られる特徴」。この部分も響いてくるフレーズですね。「耐久性に優れています」。確固たる文化には確かに耐久性があります。私が今関わっている文化は確固なものであり、耐久性を保持しています。そして、私たちのアイデンティティを形成します。見守る保育藤森メソッドです。皆さん、良い年を。

  2. 「郷に入れば、郷の人となれ」人の社会性はシンプルに考えるとそういうことなのかもしれません。模倣というものは子どもたちのまわりにあるものすべてがその対象になるように思います。私はその対象は親もありうるように思いますが、それを社会に順応する形にすることをヒトは行っているように感じます。そして、その模倣の根本はやはり興味・関心・好奇心であるように思います。結局のところは子どもたちがどのように環境に働きかけ、こういった心情を持てるかということが大切なように思います。「できること」を多くすることよりも「たくさんの興味を持てること、やり込める環境」こそが大切なことのように感じます。そして、そういったことができるような柔軟性のある社会こそがグローバルな社会ではより求められてくるのだと思います。「彼らには独自の行動規範、信念、そして姿勢がある」とあるように、これからの社会はもっとこういったものを持つ必要があるのかもしれません。自分もそうでありたいと思います。
    今年も宣言を守れず、年末に大量の投稿をし、申し訳ありませんでした。とはいえ、今年もたくさんの学びをありがとうございました。
    来年もどうぞよろしくお願いいたします。
    皆さまよいお年を!!

  3. 「郷に入れば、郷の人となれ」文化というものについて接触も殆どないような家庭に育ってきたと思っていましたが、家庭の影響でなく、その外で今在るものが形成されていったのだと理解することができました。友だち、先生、地域の方々が教え、伝えて下さったもので自身の文化というものが成立している、という事実は、これからの保育環境を考える上でとても大切な視点であると思います。大人が一方的に子どもに教えることではないこと、家庭の外に在る環境、文化に子どもは自然と馴染んでいくものであり、その理由はいよいよ解明されました。子どもを知ることは人類を知ることであるということが、改めて理解できるように思えます。
    年末年始、顔を合わせられない日も臥竜塾ブログにくれば皆様に会えるような、そんな場所になっているような気がします。本年もどうぞよろしくお願い致します。

  4. 「郷に入れば郷に従う」。県外に出ていた私が生まれ故郷に帰った時のことを思い出してしまう言葉です。地元で生活するようになったばかりの頃は地域の細かい風習などに疎く、「どうして?」と疑問を抱きつつも従わざるをえませんでした。そうしないと地域の中で生きていけないというのは少し言い過ぎではありますが、地域のコミュニティに馴染むために必死だったことが思い起こされ、それに近いものが子集団、子ども社会の関係性の中にあるように思えます。
    文化にしても何にしても外の環境から受ける影響は大きいいものであり、家の外である園としての役割というものをしっかりとしていく必要があると切に感じています。そして、それを常に意識し、より深めていけるように今後も努めていきたいと思いますので、今年もどうぞよろしくお願いします。

  5. 子どもたちには外の環境というものがことさら重要であるということを感じました。〝郷に入れば、郷の人となれ〟というのはそこそこで子どもは考え、模倣し、そこでの生き方や活躍の仕方などを学んでいくということだと思います。自分たちもそうだったように子どもたちもそのように学んでいくことを考えると、それは今も昔と変わらない不変なものであるのではないかと思いました。そして、子どもたちにとっての外の世界である幼児施設が、子どもにとってどれだけ重要な場所であるのか、ということも同時に思います。改めて環境の大切さを感じました。

  6. 人の社会というのを象徴するような言葉ですね。「郷に入れば、郷の人となれ」というのは。「ハリスは、ある世代から次の世代への文化の伝わり方を決定づけるのは、親の育児態度でも、子どもが親を模倣.することでもないという結論に達した」という部分や、「勝利の女神が徴笑むのは家の外の文化の方なのだ」とあるように外の環境というのが大切かが伺えます。さらにはその環境に子どもたちが興味や好奇心を持って関わることが将来の人間を作っていくようなイメージを持っています。それが人的環境、物的環境であるのですね。

  7. 郷に入れば、郷の人となれという言葉には、文化がそこにあればその文化に対応する力を持ち合わせている、そうなることがごく自然であること、だからこそ、集団的文化が継承されていくのかなとも思いました。
    また、聾者たちの話を考えると、確かに、子どもが耳が不自由だからといって、親が耳が不自由であるとは限りません。そうすると、社会的文化も実際に感じるものは変わってきます。それは、”彼らには独自の行動規範、信念、そして姿勢がある”という言葉からも読み取れ、同じ文化でも例えば、耳が不自由であるならば、違う捉え方になる、とすると、文化は親から継承されにくいものであることも納得できます。

  8. 「郷に入れば、郷の人となれ」ある集団に属する場合、その集団の文化や決まり事に従うのでなはなく、その文化の人になりきる事で学んできたということでしょうか。とても納得できます。自分自身を振り返って見ても、確かに親の模倣というよりは友達だったり、社会の大人を真似してきたかもしれません。聾者文化について書かれていますが、確かに聴者にとってはそもそもが違うので、いくら同じ地域に住んでいたとしても文化を理解するのは難しい事でしょうね。確固たる文化を保持しているからこそ、耐久性がある。これも重要な言葉ですね。聾者文化に限らず、今まで伝わってきているのは、確固たる理念があるから残ってきているはずです。保育に置き換えてみて同様で、見守る保育には確固たる理念があるからこそ、子ども達自身が年下に伝承しているの気がします。

  9. 「郷に入れば、郷の人となれ」やはりこの言葉が胸にささります。そして、子どもというのはこの姿勢がとても得意なのではないかと思えてきます。その場の雰囲気、ルールみたないものを感じ取り、自分の行動様式を場に合わせているように思えます。逆に、大人の方が苦手なのかもしれませんね。プライドであったり、自分が経験してきたものという様々なものがあることで、郷に従うということがすんなりできないように思います。そうしないことで、摩擦を生んでしまうというのに、なんとも大人とは面倒な生き物だなと思えてしまいます笑。やはり、子どもの姿から私たちは学んでいかなければいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です