人間行動

ラトラーズとイーグルズは以前の生活を脱ぎ捨ててキャンプに参加したわけではありませんでした。彼らは皆熱心に教会に通う家族の一員であったことから、両集団でも食事の前に祈りを捧げる習慣が自発的にはじまったのです。両集団はいがみあっていたにもかかわらず、ラトラーズがイーグルズに野球で勝った後には、「イーグルズの健闘に万歳三唱」をしました。敗者にエールを送るのはまさにオクラホマの学校の伝統だったのです。新しい集団が形成されるとき、メンバーたちはまずメンバー間の共通点を探り、大概はそれを生かしつづけます。

小説家に社会心理学者になれとは言わないまでも、彼らには人間行動のよい観察者になってもらいたいとハリスは言います。彼女は、ゴールディングは間違っていたと言うのです。それは、集団暴行など存在しないと言っているのではないと念を押しています。集団が個人を襲撃して、殺害することも時にはあるでしょう。しかし一般的に被害者は、彼らのうちの一人として設定されます。集団内では権力闘争やいじめが横行するかもしれませんが、こうした内輪もめは、敵となる可能性を秘めた別の集団が登場すると見られなくなるのです。ゴールディングの架空の島でも本来ならそのように展開したはずだと言うのです。グループ内ではそれぞれメラネンアの子どもたちのように平和で、グループ間ではラトラーズとイーグルズのような状況だったのではないかと言うのです。コールディングの小説に唯一欠けていたのは、窮地を救ってくれる指導員の存在だったのです。

言語学者・S・ハヤカワは「われわれが何かに名をつける時、われわれは分類している」と言っています。人やものを分類する、カテゴリー化する、分別する、仕分ける、言い方はいろいろありますが、これらはごく日常的な行為です。私たちの脳はそうするように創られているとハリスは言います。もの、動物、人をどう扱うか、それを個別に学ぶのでは効率が悪いので、カテゴリー化します。たとえば対象を「車」「牛」さらには「政治家」というようにカテゴリーに分類すれば、あるものに関して学んだことをそれと同じカテゴリーに属する他のものにも適用できます。後に政治家となった日系アメリカ人のハヤカワは、カテゴリー化にひそむ危険性を懸命に説きました。「牛1と牛2は違う」ように、「政治家1と政治家2は違う」のです。

ハヤカワは「ウォーフの仮説」と呼ばれている理論を信じていました。それは、「万事をカテゴリーに分けるあり方はまったく恣意的であり、カテゴリーに名前をつけることで物事を特定の方法で分類・整理できるようになる」というものです。ハリスは、この理論は真実を含んでいなくもないと言います。ヘンリー・タジフェルがブリストルの少年に、例の「過大評価」を知らせたとき、少年の頭の中でタジフェルの研究室に入る前には存在しなかった新しいカテゴリーが設定されたのです。

もっとも心理学の「法則」の多くがそうであるように、ウォーフの仮説もまた、いつでも誰にでも当てはまるものではなく、当てはまることが多いとさえも言えないとハリスは言います。