集団性

社会心理学者へンリー・タジフェルは、こんな実験をしてみたそうです。お互いに面識のある14歳と15歳の生徒たちを二つのグループに分け、「視覚判断」テストをしました。その後、結果によって、二つに分けられたのですが、その振り分けは無作為に決められたものでした。ドット・テストの結果はなんら関係なかったのです。

このニセ情報を与えられた後が本当の実験でした。少年たちはそれぞれ独立した小部屋に座らされ、配布された「報酬表」を記人するよう指示されました。何人かのクラスメートに関して、本実験に参加した報酬としていくらが妥当かを判断するのです。クラスメートは番号と属するグループだけで表記されています。たとえば、自分は過大評価グループに属すると知らされた少年は、「61番、過大評価群」、「74番、過小評価群」にはそれぞれいくらが妥当か、複数の選択肢から選ぶことになります。そこで選択した数値は自分自身の報酬にはいっさい影響せず、そのことは手順の説明時にもはっきりと告げられていました。

少年たちには、どの同級生が自分と同じ群で、どの生徒が別の群なのかはわかりませんでした。自分が報酬金額を査定しようとしている相手が誰なのかわからないのです。それにもかかわらず、彼らは自分の属する群の他のメンバーの方により高い金額を指定したそうです。別の群のメンバーには低く見積もり、自分と同し群のメンバーには高く見積もる傾向が認められたそうです。

この実験はタジフェルの言う「集団性」がいかに簡単に生起するかを示しています。同じ集団のメンバーと以前から友好関係にある必要もなく、また別集団のメンバーと以前から葛藤関係にある必要もありませんでした。争奪しあう領地も必要ありません。容姿や行動に目に見えるような違いがある必要もありません。誰が自分と同じ集団に属しているのかを知る必要もありません。タジフェルは最後にこう締めくくっているそうです。「明らかに、差別的な行為を誘発するには、集団に分けるということだけで十分なのです」

研究者が介人する間もなく、人間は瞬時にいくつかのグループに分かれます。ラトラーズをロバーズ・ケイヴのキャンプ地に送迎するはずだったバスが、ある乗車地に遅れて到着しました。その乗車場所で30分近く待たされた4人は、バスが到着したときにはすでに集団性らしきものを養いつつあったそうです。バスの中でも隣同士に座り、キャン。フでも「俺たち南町チームは一緒でいいですか」と頼んできたそうです。南町チームと残りのメンパーたちは、ガラガラへビとの遭遇やテント設営に力を合わせなければならなかった経験を経て、ようやく数日後にまとまりを見せたそうです。

『蠅の王』で合唱団がはじめて登場した場面では、彼らはジャックを先頭に列を成して行進していましたが、皆「銀色のバジのついた四角い帽子」をかぶっていました。島に流れ着くことになった飛行機事故が発生するまで彼らが通っていたのはおそらく上流階級向けの全寮制の学校だったに違いありません。1950年代には、そのような学校に通うのはまさに鼻もちならない生徒ばかりでした。彼らは言葉の訛りや学校指定のネクタイや帽子などでお互いを認識し、地元の公立小学校に通う少年たちを見下していました。ところがゴールディングの架空の島では、階級別に少年たちが分かれることはありませんでした。同じ学校に通う者同士でさえ行動をともにしませんでした。島に漂着する以前の生活の痕跡はきれいに消え去り、同じ合唱団のメンバーも二度と声を合わせることはなかったのです。