ふたつのグループ

敵対した二つのグループを非競争的な状況で一緒にさせるという方法を取ろうとしたのですが、彼らの敵対心は全く解消されませんでした。最後の方法は、敵対した二つのグループを両者が協力しなければ克服できない共通の敵を、「上位目標」として設定することでした。実はしかし、そのような状況をつくり出すのは研究者の得意とするところだそうです。キャンプ内の水道設備が故障したことにし、いじくりまわした犯人は外部の者だと思うと少年たちに伝えました。水道設備全体を検査する必要があり、両グループの少年たち全員がかり出されました。また、食料を運ぶトラックが故障し、動かなくなってしまうという設定もありました。しかも上り坂なため、全員の力を合わせなければ引き上げることができません。研究者たちは少年たちを今までの慣れたキャンプ地、ラトラーズとイーグルズが戦いを繰り広げたそのキャンプ地から別の湖の近くのキャンプ地へと移動させました。最後には、第二段階での激しい交戦状態は危なげながらも休戦状態に移行しました。しかしもしラトラーズの一人が間違ってイーグルズの一人の足を踏んだり、もしくはイーグルズの一人がうっかりラトラーズのスポーツドリンクをこぼそうものなら、一触即発、両者はすぐに交戦状態へと舞い戻ってしまったことでしょう。

ロバーズ・ケイヴでの研究チームを率いていた社会心理学者ムザファー・シェリフにノーベル賞が授与されることはありませんでした。もっとも、心理学や社会学はノーベル賞の対象にはなりません。とはいえ、彼の研究は今もなお心理学や社会学の参考書に例証として掲載されつづけているそうです。この実験は繰り返されることはありませんでした。第一危険すぎますし、その必要もなかったからです。シェリフの研究は見事にその目的を果たし、説得力にも富んでいました。何人かの少年でグループを形成し、集団同一性を養えるだけの十分な時間を与えた上で、彼らが「われわれのもの」と認識している領地の支配を競う別の集団の存在を知らせると、必然的に集団間には敵対感情が生まれるようです。

とはいえ、後進の研究者たちに託された仕事もあります。もし時間が足りずに少年たちが集団同一性を養うことができなかったらどうなるでしょうか。争うべき領土がなければどうなるのでしょうか。オクラホマの南東部の大自然の中でシェリフたちは、石のつまったソックスは言うまでもなく、蛇、蚊、ウルシなどへの対処に追われましたが、その後の追跡調査は安全で快適な研究室内で行なわれたそうです。

社会心理学者へンリー・タジフェルの実験の被験者はイギリス、プリストルの学校から選抜された14歳と15歳の生徒たちでした。タジフェルの研究室で彼らは八人ずつのグループに分けられましたが、その前から彼らは皆互いに面識がありました。研究室では「視覚判断」テスト、すなわちスクリーン上に点の集合を点減させ、各集合ごとの点の数を当てるというテストが行なわれました。与えられた課題をこなした後、点の数を多く見積もる傾向のある人と少な目に見積もる人がいることが少年たちに告げられました。その後、もっともらしく彼らの結果表が「採点」され、少年たちは一人ずつ別室に呼ばれ、自分が過大評価グループと過小評価グループのどちらに属するのか個別的に知らされました。実際にはこの振り分けは無作為に決められ、半数が過大評価グループに、残り半数が過小評価グループに振り分けられました。ドット・テストの結果はなんら関係なかったのです。